NIKKATSU COLLECTION 十階のモス... がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

NIKKATSU COLLECTION 十階のモスキート [DVD]

5つ星のうち 4.3 12件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,448
価格: ¥ 1,958 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 490 (20%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 1,958より 中古品の出品:3¥ 1,479より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ春のセール(2016年5月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • NIKKATSU COLLECTION 十階のモスキート [DVD]
  • +
  • NIKKATSU COLLECTION コミック雑誌なんかいらない! [DVD]
総額: ¥3,916
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 内田裕也, アン・ルイス, 小泉今日子
  • 監督: 崔洋一
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日 2009/07/17
  • 時間: 108 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 12件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0026OBVDS
  • EAN: 4907953024892
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 21,132位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

『月はどっちに出ている』などで知られる崔洋一監督のデビュー作。

離婚した現職警官が、慰謝料やら子どもの養育費やらでサラ金から金を借りるようになるが、やがてそれらの返済で首が回らなくなり、ついには郵便局強盗をしてしまう。
内田裕也が『水のないプール』に続き企画・主演、脚本を担当している実録犯罪映画。小泉今日子が、当時はやりの竹の子族の踊りに興ずる、主人公の不良娘役で映画初出演。

【キャスト】
内田裕也、アン・ルイス、小泉今日子

【スタッフ】
監督:崔洋一、脚本:内田裕也・崔洋一

"NIKKATSU COLLECTION” 2009年7月17日 全10タイトル同時発売!
「十階のモスキート」
「天使のはらわた 赤い眩暈」
「炎の肖像」
「リボルバー」
「コミック雑誌なんかいらない!」
「悪徳の栄え」
「神々の深き欲望」
「にっぽん昆虫記」
「徳川の女帝 大奥」
「蕾のルチア」

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『月はどっちに出ている』などで知られる崔洋一監督のデビュー作。妻に三行半を突きつけられ子供の慰謝料や養育費でサラ金から金を借りるようになった現職警官。やがてそれらの返済で首が回らなくなった警官は郵便局に押し入り強盗を働いてしまう。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 MOTTIE トップ1000レビュアー 投稿日 2014/3/5
Amazonで購入
前作『水のないプール』に続き内田裕也が企画・主演、脚本を担当している
1983年(昭和58年)の映画で、崔洋一監督のデビュー作。
内田演じる警官が、離婚した妻への慰謝料・養育費で首が回らず
取り返そうとギャンブルに足を突っ込み、借金地獄へと陥る。
挙句、白昼の郵便局に強盗に押し入り。。という実話をベースにした作品。

一見メチャクチャなようだが、「もしかしたら自分も」という、誰にでもあるきっかけや
落ちぶれていく様、現実社会の落とし穴が持つ暗闇が恐ろしい。
内田裕也の演技は決して役者のそれではないが、独特のオーラを放っている。
別れた妻を演じるのは吉行和子、また『水のないプール』に続き中村れい子も好演。
さらに横山やすし、ビートたけし、アン・ルイス、小泉今日子、安岡力也といった
珍しいキャストも見どころである。

出始めの「おもちゃ」みたいな巨大なパソコン、原宿の竹の子族、サラ金地獄など
当時の世相を見事にフィルムに収めている点でも見るべき価値はある。
スーパーに陳列された「中華三昧」ああ、こんな昔からあったんだな。
電話も「ジリリリ」という黒電話だが、最後のヤマ場で効果的に使われる。
前作ほどの衝撃は個人的になかったが、観る価値ありだと思う。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
TVのコメンテーターのみならず、今や日本映画監督協会理事長と、師匠筋の大島渚同様政治力にも長けた資質があると思わせる崔洋一。これは彼の記念すべき初監督作。内田裕也が共同脚本と主演を手掛けた作品でもある。
主人公は派出所の警察官。出世の見込みもなく、女房からは逃げられて、まるで将来への夢も希望も持てない運のない真面目な中年男が、孤独感と挫折感、鬱屈感を沈潜させながら、女、ギャンブル、酒に溺れた挙句、どうしようもなくサラ金地獄、そして破滅的に郵便局に押し入り、金を喰らう。
今では及びもつかない事だが、映画が製作された83年当時、日本映画は、70年代の政治の季節が暗澹たる結果に終わり、虚無感と閉塞感を持ちながらの、反権力、反社会的な、重い、暗い、激しい映画が主流だったと思うが、今作も、もがき苦しみながら堕ちていく男を通して、管理社会の弊害と、国家に対する暴力や性の解放を描いたようなテーマだったと記憶する。
でも、当時はまだまだ観念的な意味合いが強かった物語が、今日、その"事件性"だけで捉えると、決して絵空事とは思えない、むしろ、爆発の臨界点に達した時には、自己中心的な狂気が加わって、他者への攻撃に向けられる事が多い辺り、もはや現実が当時の虚構を追い越してしまった感が強い。
小泉今日子の映画デビュー作であり、アン・ルイス、ビートたけし、横山やすしも登場し、何より中村れい子の見事な脱ぎっぷりが観れる、これは数多い崔作品の中でも屈指の傑作。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ラスト近くのビール瓶だらけの部屋を錯乱しながら走り、コンピュータを十階の窓から投げ捨てるシーンをみるだけでも「買い」
まさに「レアなお宝作品」
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
1983年作品。破滅型の根っ子は誰にもあるのか、環境で出来るのか、今にも通じる映画です。私の興味はどうこの映画が終わるかでした。真っ当になるか、さらに破滅するか、どちらでも面白くない。けれどアナログな時代だったからか、自分で何とかしようとしている主人公だなと思う。競艇に走るのも、パソコン技術に行ってみるのも、女性との間に安心を持とうとするのも私には好感が持てます。問題なのは孤独なこと。孤独を遊べれば良かった……。ちょっとした真面目さが破滅に繋がるのかなぁと我が身にも自問してしまいます。今にも全く共通しますね。私は朝にこの有名な作品を見て、ぐったりしてしまいました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
若い人たちにはなんで禿げ頭の老人である内田裕也がいろいろテレビなどに出没するのかわからない人も多いかもしれない。
これをみると、昔一世を風靡した人だということがよくわかりますよ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 koji12 投稿日 2011/10/17
冒頭シーンから秋葉原をトボケてふらつくシーンで登場するのが主人公。これからの出来事をなぜか暗示するような感じ。しかしその内に秘めるモノはとてつもない無限大のパワー。元々は京都であった警察官の不祥事事件をモデルにしたらしい。ラストに郵便局に強盗に入るまでのプロセスがあるのだが、管理された警察官がここまでに至る経路は複雑な感じ。この作品を初めて観たのは中学の時、ATGの映画は殆どレンタルで見まくっていたな。サラリーマンである40歳になるいまでも観ますよ。今日の映画とは一線を画す好きな異色な映画だ
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック