Androidアプリストア Amazonファミリー Amazonポイント Cloud Drive Photos Officeがクーポンで最大30%OFF Amazon MasterCard summer_Bike ギターエフェクター ProcameraStore インポートブランド腕時計&ジュエリー Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 敬老の日ギフト ドラッグストア大感謝祭 リフォームストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート
通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
NHK、鉄ӗ... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付。多少の使用感あります。中古品につき、多少の傷等がある場合がありますが、ご容赦いただけたらと存じます。アマゾンセンターからの配送となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

NHK、鉄の沈黙はだれのために―番組改変事件10年目の告白 単行本 – 2010/7

11件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 516

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • NHK、鉄の沈黙はだれのために―番組改変事件10年目の告白
  • +
  • NHK番組改変事件―制作者9年目の証言
  • +
  • NHKと政治権力――番組改変事件当事者の証言 (岩波現代文庫)
総額: ¥4,579
ポイントの合計: 106pt (2%)
選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

事件から一〇年がたとうとしているいま、あらためて、NHKはだれのためにあるのかを問いたい。沈黙はなにも解決してくれない。毎日毎日人の道を説き、社会のありようを提言しつづける放送局が、ふだんの多弁とはうって変わって沈黙を守りつづけるのは、どう考えても不自然だ。いま、すべてが語られねばならない。番組はなぜあれほど無惨に書き変えられたのか。事件後になにがおこなわれ、なにがおこなわれなかったのか―。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

永田/浩三
1954年大阪生まれ。東北大学教育学部教育心理学科卒。1977年NHK入局。1981年、ラジオ・ドキュメンタリー『おじいちゃんハーモニカを吹いて…』で芸術祭賞・放送文化基金賞。ディレクターとして、『ぐるっと海道3万キロ』(アジア放送連合賞)、『日本その心とかたち』、NHK特集「どんなご縁で」(テレビ技術大賞)、『NHKスペシャル』の「又七の海」「社会主義の20世紀」などを担当。1991年からはプロデューサーとして『クローズアップ現代』『NHKスペシャル』を担当し、多くの番組を制作する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 286ページ
  • 出版社: 柏書房 (2010/07)
  • ISBN-10: 4760138412
  • ISBN-13: 978-4760138418
  • 発売日: 2010/07
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.4 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (11件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 377,784位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

22 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 高田昌幸 投稿日 2013/2/11
形式: 単行本
ジャーナリズムの世界を内側から描いた作品は数多ある。その中にあって、本書は類い希な良書だと思う。筆者の誠実で、理性的で、しかしどこか卑弱な性格も隠すことなく描かれている。大所高所からの、よくあるメディア批判ではなく、細かな日常的な出来事を積み重ねて描いているところが、また心に染みる。この本が出た直後、永田氏と酒席であれこれ話したが、その人柄が全ページに溢れている。そんな一冊である。

数年前、ETV特集「問われる戦時性暴力」の番組改編が大問題になったことを覚えているだろうか。番組の内容に自民党の政治家が介入し、NHK側がそれを受け容れて番組内容を変えたとして、当時大問題になった。著者の永田浩三さんはNHKの元プロデューサーで、当該番組も担当していた。

番組改編の指示、それ以降の実際の改変現場。それがどのような状態で行われたかが、本書には良く描かれている。永田氏をはじめ、多くのNHK職員は疑問を持ちながらも、改変指示に従い、「作業」は実にたんたんと進むのである。静かに、ルーティーンの仕事として。テレビの職業人だけあって、本書の記述全体は、良質の映像番組を見ているようだ。読みながら、頭の中に次々とその場面が映像として浮かんでくる。改編「作業」の場面はだからこそ、リアリティに溢れている。

この番組改編問題は、朝日新聞が報道し
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Gori トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/8/5
形式: 単行本
制作者の意図を無視して改変を余儀なくされたテレビ番組。
その背景には政権の圧力があったのか。それとも主因はNHK に蔓延する悪しき体質か。

本書は「問われる戦時性暴力」と題したNHKの番組が,改変させられたのではないかという問題で、
当該の番組に最も深く関わったプロデューサーが、自省と悔悟の念を持って記したノンフィクションである。
大変スリリングな展開と、率直な物言いは、読ませるし考えさせられる。

本書では、NHKや、民放キー局、テレビの現場で持ち上がる、様々な問題点が様々浮き彫りになる。
編集権は誰にあるのか。
強い個性のキャスター、司会者、コメンテーターの“単純化された”“わかりやすい”解説で視聴者はミスリードされてはいないか。
NHKの職員や、民放キー局の社員と、下請けプロダクションの人間にある甚だしい収入格差が何か問題を引き起こしてはいないか。
予算の承認権や、放送免許の認可権を持つ政治権力との関わりはどうあるべきなのか。

勇気を持って告発に臨んだ著者に敬意を評します。
『考えなければならない問題だ」と言って思考停止に陥らぬように自戒する日々です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
62 人中、45人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ほい 投稿日 2010/7/30
形式: 単行本
著者の永田浩三さんは、改変された番組(問われる戦時性暴力)のNHKのプロデューサーでした。上司の命令に従い、番組をずたずたにカットしてしまいました。後に朝日新聞の報道や長井デスクの記者会見に刺激され、裁判で知っている事実を語り、左遷され、早期退職しました。

政治家がNHKに圧力をかけ、NHKがトップレベルの判断で番組を改変したのは事実でしょう。しかし政治家は見え透いた嘘をつき、NHKは圧力など受けなかったと言い張り、NHKとマスコミ各社は朝日新聞を袋叩きにして、一件落着としてしまいました。

あの事件はいったいなんだったのか、理不尽な圧力を受けた時、人はどうふるまうべきか、権力者の無恥な行為がどれほど人を傷つけるのかなど、さまざまなことを考えさせられました。

この事件では、最終的には全ての大手マスコミが権力者に寄り添って隠蔽に加担しました。魚住昭氏が公表した朝日の取材記録も、皆で黙殺し、無化してしまいました。なんと不様なこと。この国はどこまでいんちきなのでしょう。

永田さんが勇気を振るってこの本を書いてくれたことを高く評価します。残念ながら永田さんはNHKのトップや政治家と直接話しをしていません。それは永田さんの上司たちでしたが、そろって口をつぐみ、一部の人は既に墓場へいってしまいました。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ぽるじはど トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/3/25
形式: 単行本
 01年の女性戦犯法廷を題材にした「問われる戦時性暴力」で、NHKは死に、05年の長井暁氏の内部告発と、NHKは正しく朝日新聞は間違っていると伝える「ニュース7」で、2度死ぬ。
 また89年のオウム真理教の放送前介入について、96年、「「NEWS23」内で、筑紫哲也氏は 「TBSは今日、死んだに等しいと思います。」と告げた。

 NHKは、この番組をBPOが米山リサ氏の真摯なコメントを大きく損ない、放送倫理違反を犯したとして、職員にも映像を公開せず、TBSは、2009年に各放送局が「弁護士一家殺害事件から20年」を特集する中でも、この件について報道を避けた。
 つまり、両者とも逃げているのだ。

 本書の番組改変事件では、05年に朝日新聞が「自民党の安倍晋三・官房副長官、中川昭一代議士らの介入があって放送直前に改変された」と報じたとおりの介入があった。
 その模様については、放送前4日間に松尾武・放送総局長、伊東律子・番組制作局長、野島直樹・総合企画室(国会担当)局長、吉岡民夫・教養番組部長が加わった異例の試写会が繰り返され、番組の削除や差し替えを強制され、放送予定の前日、松尾・野島氏が安倍氏らと面会後や、放送当日においても新たな改変命令が出て、放送時間が4分も短くなったまま放映された。

 
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック