この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

NGライフ 第9巻 (花とゆめCOMICS) コミック – 2009/6/19


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 110


キャンペーンおよび追加情報




登録情報

  • コミック: 155ページ
  • 出版社: 白泉社 (2009/6/19)
  • ISBN-10: 4592185897
  • ISBN-13: 978-4592185895
  • 発売日: 2009/6/19
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

10 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Wrlz 投稿日 2009/6/22
形式: コミック
ついに最終巻です…!
草凪みずほさん、初の長期連載で見事なフィナーレを読ませてくれました。ずっと雑誌で読んでいたのですが、単行本で改めて読んで感動。
前世の記憶を持つ人達も、なくした人達も、最初から覚えていない人達にとっても、彼等の「前世」にはきちんと意味があったのだと、全てに納得できた最終話でした。連載の過程で絵柄が少し変化してきた(だんだん上手くなってきた)のを除けばほぼ100点満点です。
シリクスの体を借りた敬大が初めて、麗奈の前世がティナであること、裕真のそばにいるのが自分の使命と言った麗奈が裕真と同じ顔で転生していた理由が分かったくだりの展開は見事でした。

ラブコメとして笑える展開を見せながら、長期連載を見越してきちんと根底にあるテーマ、そして登場人物一人一人の背景を掘り下げて描いています。最後は感動物。
琴宮は前世関係者ではありませんが、彼と敬大との友情はもう少し描いてほしかったかな。
全9巻と、価格的にもお手頃なので(全巻新刊で買っても4,000円かからない)、ぜひ読んでみて下さい。

帯の折り返しに、今夏から始まる草凪みずほさんの新連載『花冠のヨナ』(仮)の予告カットがありました。大河ファンタジーとのこと。「花とゆめ」の看板作品の一つになるといいですね。楽しみです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 九月 投稿日 2009/6/19
形式: コミック
前世のポンペイ最後の日の記憶をもつ敬大は
前世の妻・裕真(現世は男)と、
前世の親友・芹沢(現世は女)の恋と友情の間で悩む。
ラブパニックコメディ、感動の最終巻。

ポンペイ最後の日の敬大の記憶から始まるこの巻は
全体的にシリアスで、泣かされました。
1巻が始まったころは、どう決着つけるつもりなんだろうと思ったけど
見事に感動させられました。
まさかこの話で泣かされようとは、思ってもみませんでしたが。
よかったです。

天然たらしだった敬大の、最後のほうのたらしへの変身ぶりは笑いました。
面白かったですが、いつまでもヘタレでいてほしい気もします♪

番外編は、スミルナお姉さんのお話と、アグライヤとディロスのお話、
それからラブラブな敬大達のその後のお話です。
スミルナ姉さんの気持ちは、うすうすそうじゃないかと思っていましたが
現世の彼のことを考えると笑えます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 名無し 投稿日 2009/6/19
形式: コミック
最後まで楽しませてくれました。

前世のシリクスと現世の敬大が上手く共有できた事で
ややしんみりしてしまう部分を残しつつも、キレイに終わってくれたので
あ〜スッキリした!という、読後の爽快感を味わう事ができました。

絵柄は何となく古くさくて、あまり好きじゃなかったんですが
ストーリーが面白かったので、まんまと読み続け
今では大好きな作家さんの一人になりました。

スミルナの番外編、ディロスの番外編、敬大&芹沢の番外編も載っていて、盛り沢山な内容です。

キザ風味な敬ちゃん、カッコよかった…!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック