数量:1
Microsoft Windows 7 Home ... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 物SHOP
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 国内正規品です。 36bit 64bit両方のディスクがあります。プロダクトキーは一つです。 電話認証になるかもしれませんが使用可能です。 amazonから出荷しますので即日配達します。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 49,800
+ 関東への配送料無料
発売元: アルバセレクト
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Microsoft Windows 7 Home Premium 通常版 Service Pack 1 適用済み

プラットフォーム : Windows 7
5つ星のうち 4 81件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 42,260 通常配送無料 詳細
残り20点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、PS-Sが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
  • DVD-ROM
新品の出品:3¥ 42,260より 中古品の出品:3¥ 27,960より

この商品には新しいモデルがあります:


【6/30まで】最新Officeが5%以上OFF
4/22(金)~6/30(木)の間、対象のOffice 2016がクーポンで表示価格から3%OFF、参考価格から5%以上OFF。 今すぐチェック


キャンペーンおよび追加情報


動作環境

  • プラットフォーム: Windows 7
  • メディア: DVD-ROM
  • 商品の数量: 1

よく一緒に購入されている商品

  • Microsoft Windows 7 Home Premium 通常版 Service Pack 1 適用済み
  • +
  • Microsoft Office Personal 2013 [プロダクトキーのみ] [パッケージ] [Windows版](PC2台/1ライセンス)
総額: ¥66,848
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


製品概要・仕様

  • デジタルライフを実現する、ホームPCユーザーに適したエディション

動作環境:

  • [windows]
  • 対応OS: Windows 7
  • CPU: 1GHz以上 ※32ビット(x86)または64ビット(x64)プロセッサ
  • メモリ: 32bitは1GB以上、64bitは2GB以上
  • HDD: 32bitは16GB以上、64bitは20GB以上
  • メディア: DVD-ROM
  • Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以降のドライバーで稼働するDirectX 9対応グラフィクスデバイスが必要 ※解像度によっては、ビデオを再生するために追加メモリや高速グラフィックスハードウェアが必要になる場合がある。Windows Media Centerの一部の機能では、テレビチューナーと追加ハードウェアが必要になる場合がある。WindowsタッチおよびWindowsタブレットには、指定のハードウェアが必要。ホームグループには、ネットワークおよび接続先となるWindows 7インストール済みPCが1台以上必要。DVDまたはCDの作成には、互換性のある光ディスクドライブが必要。音楽やサウンドにはオーディオ出力が必要

登録情報

  • 商品パッケージの寸法: 13 x 13 x 1 cm
  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B004QZPZ3W
  • 発売日: 2011/7/15
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 81件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ソフトウェア - 1,083位 (ソフトウェアの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

商品紹介

ホームグループ機能を使ってホームネットワークを簡単に構築し、写真、ビデオ、音楽をPC間で共有することができる。また、Windows Media Centerで、テレビの視聴、録画などデジタルエンターテイメントを自在に楽しむことができるホームPCユーザーに適したエディション。 Windowsサーチで、PCの中に保存されているドキュメント、e-mail、楽曲まですばやく検索でき、タスクバーがさらに進化し作業効率がアップするだけでなく、タスクバーにプログラムを表示させることにより、ワンクリックで頻繁に利用するファイルを開くことが可能。パフォーマンス面では、スリープと再起動からすばやく起動するように設計され、指示に対する応答がより早くなった。64ビット版は、マルチタスク作業を始めとする高い処理能力の利点などを最大限得られることができる。ユーザーアカウント制御、保護者による制限、SmartScreenフィルターなどを搭載。そのほか、Windows Media Center、リモートメディアストリーミング、リモート再生、新しく採用されたライブラリ、DirectX 11テクノロジーによるリアルなゲーム体験の実現などが可能。Windowsタッチ機能によりタッチスクリーン搭載PCを使って簡単で直感的な操作を実現する。Service Pack 1には、Windows 7発売以降に提供された更新プログラムの累積が含まれている。

Amazonより

「PCが、さらにすばやく、さらに簡単に使えて、周辺機器が問題なく繋がり、インターネットをより高速で安全に使いたい」。多くのWindowsユーザーからいただいたご意見を取り入れたWindows 7登場。

Windows 7 Home Premium(ホーム プレミアム)
「最新のデジタルエンターテイメントを楽しみたいお客様におすすめ」
・デジタル3波対応のWindows Media Centerで、高画質な映像をPCで手軽に楽しめます。
・ホームネットワークを設定して、写真や動画、音楽、ファイル、プリンターを家庭内のPCで簡単に共有できるホームグループ機能搭載。・ご家庭利用向けのおすすめエディションです。


●Windows7 ~あなたとPCに、シンプルな毎日を~
Windows 7 では、多くのお客様からいただいたご意見を取り入れています。PC をわかりやすく簡単に使いたい。インターネットをより安全で高速に利用したい。今持っている周辺機器を引き続き使いたい。こうしたお客様の期待に応えるべく様々な改善を行った結果、Windows 7 では、PC が今までよりもわかりやすく、簡単に、そして快適に使用できるようになりました。


Windows 7 は、Windows XP や、Windows Vista よりも、日常の使い勝手をより快適にするために様々な見直しを行いました。

「起動・シャットダウンの高速化」
Windows Vista 以前の OS では、サービスを全て起動してからパソコンを利用していましたがWindows 7 では起動に必要な最低限のサービスを起動した段階で利用することが可能となっています。
結果、短時間で起動し利用したい時にすぐに利用できるように改善がなされています。



「ディスプレイメモリ消費量の改善」
Windows 7 は、Windows Vista と違い、ウィンドウの数にかかわらずメモリーの消費量は一定です。
インターネット利用時にウィンドウをたくさん開いても、メモリーを余計に消費することがありません。



「高い互換性実現への取り組み」
互換性情報サイトを通じた情報発信の他、互換モード、Windows XPモード(*)などの機能提供も含めて、 Windows7とアプリケーションや周辺機器との互換性に関する取り組みを行っています。
マイクロソフト「互換性情報サイト」
http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/compatibility/default.aspx
*Windows XP モードは、Windows 7 Professional、Ultimateのみでお使いいただけます。


●Windows 7 システム要件
【32ビット版】
CPU:1GHz以上
メモリ:1GB以上
ハード ディスク:16GBの空きスペース
グラフィック:Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働するDirectX(R)9対応グラフィックスデバイス

【64ビット版】
CPU:1GHz以上
メモリ:2GB以上
ハード ディスク:20GBの空きスペース
グラフィック:Windows Display Driver Model(WDDM)1.0以上のドライバーで稼働するDirectX(R)9対応グラフィックスデバイス

Windows XPモードなど、一部の機能を使用する場合の追加要件など、詳細は以下マイクロソフトホームページでご確認ください。
http://www.microsoft.com/japan/athome/umall/win7/system.aspx

Windows 7 アップグレード対象製品・方法
パッケージ製品、プレインストール製品、バンドル製品いずれも下記製品がアップグレード対象となります。


●:アップグレード(上書きインストール)、新規インストール(カスタム)選択可能
△:新規インストール(カスタム)のみ可能
WAU:Windows Anytime Upgrade対象
※1:Windows Vistaは、SP1およびSP2摘用済みが対象となります。
※2:オンラインでのキー販売のみとなります。
※3:32ビット版から64ビット版、64ビット版から32ビット版へは必ず新規インストール(カスタム)となります。


●Windows7 エディション別機能比較一覧
Windows 7 には、4 つのエディションが用意されています。Windows Vista と異なり、上位のエディションでは、下位のエディションの機能をすべて搭載しています。用途に合わせて、最適なエディションを選びましょう。詳細は以下マイクロソフトホームページでご確認ください。
http://www.microsoft.com/japan/athome/umall/win7/function/compare.aspx


●マイクロソフト製品購入前のご質問はこちら
<お電話でのお問い合わせ>マイクロソフトカスタマーインフォメーションセンター
TEL:0120-41-6755 ※携帯/PHSからもご利用いただけます。
受付時間:9:30-12:00、13:00-19:00(土日祝日、弊社指定休業日を除く)

<Webで確認する>(http://www.microsoft.com/japan/customer/info/)


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
Macユーザーです。Mac Proは、Microsoft Windows 7 Home Premiumを使用していましたが、MacBook Airを購入した時に、価格の安さに引かれて、Air用にMicrosoft Windows7 Home Premium 64bit 日本語 DSP版 (+ メモリ)を買い足しました。
ところが、DSP版の方は、VMware FusionのVMware toolsが正常にインストールできません。M/Sに聞いても曖昧な解答しか得られず(予想どおりですが)、仕方なく通常版を買い直しました。

結果的にVMware FusionのVMware toolsは正常にインストールでき、正常な動作をしています。
DSP版と通常版では、OSの内容が違うようです。少なくとも「VMware Fusion」で稼働させる事が前提なら、DSP版ではなく、通常版を買う必要があります。

「安物買いの銭失い」にならない様に、このレビューが役立てば良いと思います!!
コメント 223人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Windows XPの中古PCに新規インストールの形で入れました。
やたらメモリやCPUパワーを食うと噂でしたが、
結論から言うと、私の環境では当てはまりませんでした。

Pentium4とメモリ2GBの貧弱な環境で試したところ、
起動後の空きメモリは1.2〜1.4GBあり、XP SP3と
比べても大差ないレベルのメモリ消費量でした。
全体的な動作もXPに比べて軽くなっており、
重たい作業のシーンで、全く画面が反応しないという
状況が確実に減っています。

動画再生を頻繁にする人にもメリットは大きいです。
動画再生中にウインドウを動かすと、XPでは激しい音切れや
ひどいときには動画の乱れなどが発生していましたが、
7ではそういった現象は見られず、どんなにウインドウを
激しく動かそうが、一切コマ落ち・音切れが発生しません。
GPUのパワーが生かされているなと思ったシーンでした。

今回私が購入した理由は、中古PCに付属のCDで
リカバリすることができなくなったということもあるのですが、
低スペックマシンで7は使い物になるか、
という実験的な意味合いも兼ねていました。
結果としては満足のいくものだったと思います。
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
マイクロソフトがどこまで覇権を持ち続けられるか疑問がある中、新品WINパソコンは買う気がしないし、XPのサポート切れで困り果てて、古いパソコンを大胆にWIN8にバージョンアップをした。
動作はしたことはしましたが、動作が遅い上に、使いにくい(私が慣れてないのとタッチパネルでないからかもしれません)、最後の決め手が、今まで持っていたほとんどのソフトが使えなくなりました。
ここで、考え込んで、WIN7ならもう少し何とかなるだろうと思う次第となりました。プロフェッショナル版は値段が高い上にXPが使える便利機能もダメになるなら、ホームプレミアムで十分と言う結論になりました。
バージョンアップ版の方が多少安かったけれど、既にWIN8にバージョンアップしてしまっただけに、戻れるかどうか心配で通常版の購入としました。
結果はやはりWIN8から7に戻れず初期化から全てやる羽目になりましたので、選択は正解だったと思います。
XPを買った当時、VISTAがあまりひどかったし、7もなかなか互換ソフトが出なかったりしたので、結局、最近まで全てXPのまま今がありますが、いまさら、7をインストールする結果になるとは思いませんでした。
マイクロソフトには泣かされますね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Hikari 投稿日 2012/2/20
Amazonで購入
Macbook pro mid2009のbootcampで使うために購入しました。メインはOS Xを使用していてwindowsしか対応していないソフトで使うだけなので快適に動いていますが、もう少し値段が安くてもいいと思います。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
2012年秋に購入した結構高機能のWindowsPCを使ってましたが、何しろ遅いのでMacでWindows7を動かしてます。立ち上げ時、シャットダウン共にストレス無しで使えます。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。マイクロソフト オフィス