The Lost Paramount Tapes
 
イメージを拡大
 

The Lost Paramount Tapes

1997/1/1 | フォーマット: MP3

¥ 1,500
曲名
収録時間
人気度  
30
1
3:32
30
2
3:55
30
3
5:13
30
4
2:45
30
5
5:45
30
6
6:18
30
7
2:33
30
8
3:13
30
9
2:14
30
10
5:36
30
11
3:55

この商品を買った人はこんな商品も買っています


登録情報

  • オリジナル盤発売日: 1997/1/1
  • レーベル: Djm Records
  • 著作権: 1997 DJM Records
  • 収録時間: 44:59
  • ジャンル:
  • ASIN: B0044I8ZGK
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: アルバム - 99,702位 (アルバムのベストセラーを見る)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 gojoh 投稿日 2005/4/30
形式: CD
初期作品集であるGONZOを除けば、これだけしっかりとバックバンドが楽しめるのはこのアルバムくらいかもしれない。
クレジットにはJohn Boudreaux(drums)、Jessie Hill(tambourines, vocals)、Richard "Didimus" Washington(percussions)、David Lastie(sax)、Alvin "Shine" Robinson(guitar)、Dave Johnson(electric bass)とある。まさにバンドだ。実に聞きやすい、たぶん、このアルバムからBookerにはいるのが一番なのだろう。しかし10枚目のBookerとして聞いた私としてはライブでその場の思いつきや雰囲気で変調していた曲たちって元はこういう曲なのね、という新鮮な驚きでした。
しかしどれもカッコイイ。バンドがつくことで変幻自在の変態さは薄まってはいるもののその分FUNK度/ソウル度が高くなっており、世に言うニューオリンズファンクの名盤となっている。特に哀愁のラテンナンバーTico Ticoや彼の代名詞ともなっているJunco Partner(#2の方)、そして厚いバッキングが最高にファンキーなAfrican Gamboなどが超オススメ。つくづく不世出で早逝したのが悔やまれる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 blueskey 投稿日 2005/1/17
形式: CD Amazonで購入
僕は"ピアノメイン=好き”というのではないのですが、これはいいです。james-bookerの初めて買ったCDですがこれが大当たり!バックはドクタージョン&ナイトトリッパー1973年の録音です。ボーカルは「ウプパドゥ」のジェシーヒルで最高にフニャラフニャラボーカルをきめてます。james-bookerのここぞとばかりのソロには完膚なきまでにやられました。TICO-TICOのすさまじいばかりの演奏は他では(他のCDはほとんどソロピアノですから)味わえませんよ。ぜひ購入を!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。