¥ 3,888
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Linuxシステムプログラミング 大型本 – 2008/4/16


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 3,888
¥ 3,888 ¥ 2,243


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

Linuxシステムプログラミング + Linuxプログラミングインタフェース + Linuxデバイスドライバ 第3版
合計価格: ¥ 18,036

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書には、Linuxの概要、カーネル、Cライブラリ、Cコンパイラなどプログラミングの基礎知識から、ファイルI/O、バッファサイズ管理、メモリマッピング、最適化技術、システムコール、メモリ管理まで、プログラマの観点から実践的なトピックが多く盛り込まれている。Linuxカーネル動作についても、その内部実装よりもプログラマがソースコードを書くために必須の知識が凝縮。カーネル2.6対応。

著者について

Robert Love(ロバート・ラブ):フロリダ大学で数学の学士号を、さらにコンピュータサイエンスの修士号を取得。昔からのLinuxユーザであり、ハッカー。LinuxカーネルとGNOMEデスクトップコミュニティで活躍中。カーネルイベント層の開発に寄与。またGNOMEのさまざまなツールの開発にも貢献している。著書に『Linux Kernel Development』(Novell Press)『Linuxクイックリファレンス』(オライリー・ジャパン)がある。またLinuxジャーナルの編集者として、さまざまな記事を執筆している。

登録情報

  • 大型本: 396ページ
  • 出版社: オライリージャパン (2008/4/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4873113628
  • ISBN-13: 978-4873113623
  • 発売日: 2008/4/16
  • 商品パッケージの寸法: 23.4 x 18.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 433,377位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

12 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 つる 投稿日 2009/11/25
形式: 大型本
Linuxでプログラミングを行うための基本的な事項について説明してあります。
GNU Cライブラリ、GNU Cコンパイラ(gcc)でのプログラミングを対象にしています。
システムプログラミングのために、最低限抑えておかなければならないノウハウ、テクニックが身に付きます。
紹介されているサンプルのソースコードはCで書かれており、Cについて理解していることが前提となります。
ファイルI/Oから始まり、プロセス管理、メモリ管理、シグナル、時間など、UNIXプログラマーなら是非とも身に付けておきたいノウハウが満載です。
シグナルの章を読んで、シグナルハンドラ内から呼び出すことが出来る関数はリエントラントなものに限定されるということに、初めて気付きました。実務にてビジネスアプリを実装するときにシグナルハンドラを実装することはほとんどないと思いますが、覚えておいて損はないでしょう。

付録のC言語のGCC拡張にて紹介されているテクニックは、是非実務で使いたいです。

この本のノウハウを身に付ければ、きっと実務に役に立つと思います。
是非、買って読むことをお勧めします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

関連商品を探す


フィードバック