数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

LIVE’73 Live, Original recording remastered


参考価格: ¥ 2,376
価格: ¥ 1,885 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 491 (21%)
9点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【最大55%OFF】ミュージック 冬のセール (2015/1/5まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大55%OFF!国内盤バーゲン【輸入盤】どれでも3点で10%OFF【NOT NOW MUSIC 輸入盤セール】【ALL991円】売れ筋輸入盤ミュージックブルーレイ&DVDセール 最大70%OFF (2015/1/29まで)| ※マーケットプレイスの商品はセール対象外となります。


Amazon アーティストストア

すべてのミュージック、フルストリーミング用楽曲、写真、動画、バイオグラフィー、ディスカッションなど
.

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

LIVE’73 + よしだたくろう・オン・ステージ!! ともだち + 元気です。
合計価格: ¥ 5,034

選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2006/4/5)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Live, Original recording remastered
  • レーベル: Sony Music Direct
  • 収録時間: 45 分
  • ASIN: B000E1NY7Q
  • EAN: 4571191056849
  • 他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (38件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 音楽 - 29,635位 (音楽のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


 
1. 春だったね ’73
2. マーク II ’73
3. 君去りし後
4. 君が好き
5. 都万の秋
6. むなしさだけがあった
7. 落陽
8. 雨が空から降れば
9. こうき心 ’73
10. 野の仏
11. 晩餐
12. ひらひら
13. 望みを捨てろ

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

1973年11月26~7日のライヴを収録したもので、翌月12月に発表された。ブラス、ストリングスを含む大所帯の編成によるもので、フォークの枠を飛び越えたサウンドを聴かせる。

Album Details

Limited Edition Japanese pressing of this album comes housed in a miniature LP sleeve. 2008.

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

12 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 bottleofredwine 投稿日 2013/1/27
形式: CD
春だったね/せんこう花火/マーク'II/ともだち/こうき心/都万の秋/君が好き/子供よ/新しい朝/広島商大応援歌/早大校歌(by 猫)/馬(ワンコーラスのみ)/むなしさだけがあった/金曜日の朝/晩餐/野の仏/聖しこの夜/襟裳岬/ビートルズが教えてくれた/ある雨の日の情景/雨が空から降れば/落葉/旅の宿/ひらひら/望みを捨てろ
現場にいました。アルバムでは新曲が多いせいか突っ走った緊張感のようなものが目立ちますが、実際は拓郎のいつもどおりのこなれたMCも多いなごやかなコンサートでした。完全盤のリリースは望むべくもないでしょうが。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
28 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ossan-taka 投稿日 2004/9/7
形式: CD
1973年中野サンプラザで収録。収録13曲中9曲が当時の新曲だった。第1曲「春だったね73」のドライブ感は絶品。それが最終曲まで続く。バックも、高中正義(E.G)、松任谷正隆(Org)、田中清司(Dr)など一流のメンバーにブラスセッションという大編成。このアルバムのスリルとドライブ感は他の同世代ミュージシャンの追随を許さない。30年経った今も、ベスト・ロックアルバムだと思う。
近作ライブ「豊かなる一日」も、このアルバムの影響を踏襲している。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
20 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 あたしはカモね 投稿日 2008/3/6
形式: CD
 今さら青筋立てて大声でがなるようなことでもないとは思いますが、たくろうのライブ盤のベストワンです!
同感のファンはきっと星の数ほどいるにちがいなく、その多くの人たちが再編集版を待ち焦がれているのではないでしょうか?
寡聞にして、当時このライブにおいて他にどんな曲が演奏されたのか知らないのですが、
たくろうが一番脂がのっていた(と私は思ってます)この時期の曲で、かつあの凄まじいノリ
のライブであればどれもこれも感涙のデキであったろうことは想像に難くありません。
ソニーの方(なのか他の会社なのか知りませんが)、どうぞ未収録曲も網羅した完全版の
発売をまじめに検討してください!です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
15 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ナカ 投稿日 2007/7/25
形式: CD
出だしから飛び上がり物です、そのまま最後まで切れません。すばらしい名盤です、ボーカルは拓郎がどうしてもこれでいくってゴリ押しなので、きっとこれでヨシとしましょう。
これがまた、ものすごいメンバーが揃ってますよ、そしていい音で録れてます、拓郎も色々な事があってかピリピリ尖ってます、たくさんの偶然がひとつになった時、こんなアルバムが世に残る奇跡に感謝です。
金曜日の朝とか未収録、完全盤を期待したいですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
18 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 川口謙正 投稿日 2005/3/17
形式: CD
すんばらしいアルバムだと思います。リズム&ブルース、ソウルと
いってもよいでしょう。拓郎自身の気迫、全体の緊張感、音の厚さ、
時代にのってる男の勢い、バンドアレンジのセンスの良さ・・・。
かっこいいとはこういうことなのか!いちばんグッとくるのは詩の
素晴らしさです。このライブ会場に居合わせたオーディエンスが心底
うらやましいです。どらえもんにお願いしてこの現場にタイムスリップ
させて欲しいくらい・・・。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
21 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 雪見大福 投稿日 2004/5/22
形式: CD
このアルバム聴いてると最近の洋邦問わずアレンジ「だけ」がすんばらしく言葉が言葉として。。。日本語が日本語として機能してない「音」は何なんだ!と思ってしまいます。
近田春夫氏もおっしゃってますが「音」は磨けても「言葉」はその人の、もともと持ったセンスだ という名言はまさにその通り。
私は「音」を聴くとき、殆どアレンジを無視して聴きます。作成した時代がもろに出ますから、意味がないと思う訳です。
「音」はその人のパワーで魅せるのだと思います。アレンジが古い/新しい で聴くものではありません。
これは洋邦問わず言えることだと思います。その点、最近の「音」は各人の持っているパワーが落ちてるんじゃないのかなあと思う昨今なのです。
はなっから「春だったね」でとばしまくり、何故かライブ盤にしか入っていない「望みを捨てろ」で終わるこのライブアルバム。
「望みを捨てろ」はタイトルとは逆にいつも落ち込んでいるとき聴いてなぜか元気になるという名曲中の名曲です。
拓郎は80年代の「ひまわり」も「MUCH BETTER」も大好きですが、60年後半~70年代の爆発的な威力はなんなんだと思います。
最近の拓郎の声は昔以上に深く渋くなっていますね。
拓郎はフォークとしてくくられているけれど、日本の最高のソウルシンガーだと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック