Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Keane:  The Autobiography
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

Keane: The Autobiography [ペーパーバック]

Roy Keane
5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。


この商品には新版があります:
Keane: The Autobiography Keane: The Autobiography 5つ星のうち 5.0 (2)
現在在庫切れです。

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています


商品の説明

内容紹介

A publishing phenomenon in hardcover, Roy Keane's autobiography was the biggest selling sports book of the year. Now in paperback it includes a new chapter covering Keane's vindication by the FAI report, and the punishment meted out by the FA and Mick McCarthy's resignation. Brilliantly reviewed, Roy Keane's riveting, brutally honest autobiography has the potential to be one of the year's biggest paperback bestsellers."

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、2002年ワールドカップ・コリア=ジャパン開幕直前、代表監督との確執から失意の帰路に赴くサイパン空港の孤独なシーンから始まる。アイルランド南岸の港町、コークに生まれた“小さな火の玉小僧”がプレミアリーグの頂点を極め、世界に名だたるファイターとしての確固たるステータスを築くまでの過程を濃密に語りつくすファン待望の自叙伝。 --このテキストは、 ハードカバー 版に関連付けられています。

登録情報

  • ペーパーバック: 304ページ
  • 出版社: Penguin Global; New Ed版 (2004/9/1)
  • 言語: 英語, 英語, 英語
  • ISBN-10: 0141009810
  • ISBN-13: 978-0141009810
  • 発売日: 2004/9/1
  • 商品パッケージの寸法: 11.1 x 2.3 x 18.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 洋書 - 74,778位 (洋書のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
書き出し
I was born on 10 August 1971, the fourth of five children, at 88 Ballinderry Park, in Mayfield, a northern suburb of Cork city. 最初のページを読む
その他の機能
頻出単語一覧
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 抜粋 | 索引 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
18 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 真実の言葉 2003/11/29
投稿者 ib_pata トップ1000レビュアー VINE メンバー
形式:ハードカバー|Amazonで購入
 ロイ・キーンはの最近の写真で、ナニが一番、印象に残っているかというと、アタシの場合は、2002日韓W杯の直前合宿から強制送還された後、自宅に帰ったキーノが、ゴールデン・レトリバーと一緒に散歩している写真でした。にらみつけるような目。なにもそんな怖い目をして犬と散歩しなくてもいいのに、と思ったのですが、この本を読んで納得。
 キーノの家族はWカップからの強制送還騒動によって家を一歩も出ることができなくなり、愛犬トリッグスは二日間も散歩に連れて行ってもらえてなかったのです。で、キーノが家に帰って、まず何をしたのかといえば、愛犬を散歩に連れていくことでした。
 「恥じることは何もなかった。私の生活は今まで通りにまた始まるのだ」(p.31)というのは、いかにもアイリッシュっぽくてよかったのですが、彼は、本当の犬好きだったということも事実らしいのです。そして、愛犬を散歩に連れているところを写真に撮られようが、撮られまいが、それは知ったことではなかったと。
 キーノは体が小さく、15歳で高校入学試験のような試験に落ち、同時にプロにもなれずに「気の遠くななるような無気力の日々をあともなくさまよった」(p.47)のですが、そのんな日々でもかかさなかったのが愛犬との散歩だそうです。
 「私が一番魅力的に感じた犬の習性は、飼い主がマンチェスター・ユナイテッドの
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 キーンの真実 2005/4/23
投稿者 taizo16
形式:ハードカバー
現役のフットボーラーで誰が好きと言われたとき、私は躊躇なく”ロイ キーンと答えた。
友人の元サッカープレイヤーが”ひゃーしぶいね。キーンと答える人なかなかいないよ”と言った。
なぜ好きか?
彼より良い守備をするプレーヤーはいくらでもいる。
彼より良いパスを出すプレーヤーもいくらでもいる。
でも彼より勝利にこだわる根性があるプレーヤーはどこにもいないから、好きなのだ。
味方を鼓舞して、激励し、みんなを引っ張っていく。相手に対してはプレッシャーをかけ、削ることも厭わない。
だから、どこでもプレーする。ゴール前にも飛び出すし、ディフェンスラインの後にいることもある。
カントナとは異なる、マンチェスターユナイテッドのカリスマである。
その彼の自伝を読んだ。
意外だったのは彼は落ちこぼれの学生で、必死の思いでフットボーラーになったということ。
フィールド以外では、結構暴れん坊だということ。
例の日本でもW杯での離脱についても詳しく語られている。
アイルランドナショナルチームは準備があまりにも不足していた。
マンUでは考えられないことだった。
乾いた文体は東本さんの訳がそうさせているのか、原文がそうなのかわからないが、キーンのイメージに良く合うと思う。
ファギーの”監督日記”と一緒に読むとより楽しいと思う。
このレビューは参考になりましたか?
Amazon.com で最も参考になったカスタマーレビュー (beta)
Amazon.com: 5つ星のうち 3.9  27 件のカスタマーレビュー
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 Good Book but needs MORE..... 2005/3/19
投稿者 A. S. Black - (Amazon.com)
形式:ハードカバー
I enjoyed the insight from an obviously first hand perspective into the greatest club team in the world and the Irish national side. I would of liked more anecdotes from Keane about his relationships with other players -- teammates as well as adversaries. To the casual football fan this is a good read, but I expected more from Keane.
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 Dark 2014/6/22
投稿者 brasho - (Amazon.com)
形式:ペーパーバック
I was inspired to read this after watching the documentary 'Keane and Vieira: Best of Enemies'. I was amazed at his obvious hatred for Alex Ferguson, his manager through so many triumphs. I wanted to see if he'd always felt that way. Through the book he only has good things to say about Ferguson which was covering a decade from the early 90s through to 2002. When you watch the documentary this all seems to be forgotten. Incredible how one can wipe so many memories gained over a long period. I imagine this probably has to do with his eventual parting with Man U and perhaps a desire to work there in some capacity which has probably been blocked by Ferguson??
I really enjoyed the first half of the book and flew through it. Fairly repetitive about his love of a drink and frustrations with needing to supply tickets to family and friends and disdain with the set up he faced at international level with Ireland which in the end could well be contrived to justify what eventually transpired at the 2002 World Cup. Written in a pretty basic style but interesting nonetheless. It then just got darker and darker as he got older, sustained injuries and became embroiled in controversy eg. brooding desire to get square with Alfie Haaland which he eventually does with tragic consequences, fight with Mick McCarthy leading to walkout / sacking from the Irish national squad.
I was left just feeling sorry for him. Reading the book has markedly changed my view of him for the worse. Despite having recoiled at many of his actions on the field over the years, I was drawn to his honesty as this is a quality I admire and is rare in people in the public eye. I now just hope he can find a way to transform his life and learn to let go. He seems to hold on to so much. A bit of meditation could go a long way to help him learn to find some peace in this life.
6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 an awesome book to read 2004/11/2
キッズレビュー - (Amazon.com)
形式:ペーパーバック
It is about an Irish soccer player finding his way to glory.

I like how he got to where he is now. I'd recommend this book to anyone who is a soccer fanatic!
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 Number 16 2014/3/13
投稿者 Dave - (Amazon.com)
形式:ペーパーバック
Keane's book reads the way he played, fast, furious, uncompromising. His language paints the highs and lows with the same frank, matter-of-fact commitment he has to everything he says, does, and expects of others. The most fierce footballer in world has ever seen with the most hard-boiled autobiography around.
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 Direct, like Keano plays! 2005/8/24
投稿者 ROBERT KINGSLEY - (Amazon.com)
形式:ペーパーバック|Amazonで購入
This book is a candid look inside Roy Keane's thoughts. He freely shares what he thinks about the game, opposing players, teamates, and many other subjects.

Keane has been criticized for writing this book because he is blunt in his assesments of people and situations. However, this is the strength of the book, because if Keane had watered it down to be "PC," then the reader wouldn't hear what Keane really thinks.

Nobody will agree with all of Keane's thoughts, that is a given, but it is interesting to see his development as a player and person. This book provides the football fan with a glimpse into the mind of a superstar, and whether you like Roy Keane or not, it is a very good read that is enjoyable and insightful.
これらのレビューは参考になりましたか?   ご意見はクチコミでお聞かせください。
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック