¥ 637
通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Kanon ~彼女たちの見解~ (VA文庫 8) 文庫 – 2011/3/31


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 100


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

Kanon ~彼女たちの見解~ (VA文庫 8) + Kanon 少女の檻 (VA文庫 5) + Kanon 笑顔の向こう側 (VA文庫 4)
合計価格: ¥ 1,851

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

穏やかで優しい先輩であり、名家のお嬢様。学園の誰からも尊敬される佐祐理だが、幼いあの日からずっと、その心は動きを止めてしまっていた…。そんな佐祐理にとって、舞との出会いで始まった幸せな日々は、かけがえのないものだ。人からは誤解されやすい舞だが、佐祐理の大切な親友になってくれた。不器用な舞と、突然ふたりの輪に加わった祐一の交流も、どこかほほえましくて、佐祐理にとっても嬉しいことばかりだった。級友たちの間では、どうしても浮いてしまっている舞。その舞をごく自然に受け入れてくれた祐一とならと、佐祐理は三人で舞踏会へ参加するための準備を始めるが…。佐祐理と舞の、もうひとつの物語。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

清水/マリコ
1月28日生まれ。美少女ゲームノベライズのほか、オリジナルのライトノベルも書いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 248ページ
  • 出版社: パラダイム (2011/3/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4894906287
  • ISBN-13: 978-4894906280
  • 発売日: 2011/3/31
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 326,241位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 るるるるるるるるるる 投稿日 2011/12/10
形式: 文庫
VA文庫のラインナップから当初から入っており
10年ぶりのKANON新作となる倉田佐祐理編でしたが
一向にでず、もうこの企画消えたのかなー?って思ってましたが、出ました。

一応書いて置きますが、これはKANONのストーリー自体を理解してないと意味のない本です。
本作、だけでは、訳分からないと思いますので・・・・・・・。
佐祐理視点で話が展開しますが、全体的に舞編的感じがしました。
残念ながらエロシーンはありませんでした。w
他作品と同じく、他のキャラクターが、ちょこちょこ登場しますが
大きくからむのはもちろん、川澄舞です。
一応?佐祐理と主人公がラブになる展開になってますが、あまりディープに進みません。

こうやって思い出すと、KANONはキャラクターが立っているなーなどと感じます。
舞編だったと思いますが、
他の(どうでもいい)友達を全て失ったが佐祐理は舞と友達になって幸せだった。
みたいな話が印象的でした。
きっと清水先生はオリジナルで作るくらいですから佐祐理が好きだったんでしょうねー。

あと、おまけの4コマがついています。イラストも多めです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 木納明日香 投稿日 2011/6/7
形式: 文庫
今回の文庫に際して、ユーザーが待ち望んでいた倉田佐由理編が発刊されました。一部のユーザーにしか伝わらないなコメントを書けば『大変、「うぐぅ」な出来栄え』です。
文庫版が発刊されるに当たり、著者である清水マリコさんの考えた新たなイベントなどが盛り込まれ、元々のゲームとは違う部分が多々ありますが、チープな同人誌・同人ゲームに見られるkanonと言う名前の劣悪な作品とはならず、寧ろkanonを最大限正しく解釈した作品になっていると私は思います。
その上で、今回の倉田佐由理編は私の解釈と一致していると言う点もありますが、最もクオリティの高い作品となりました。
後々、ゲームと文庫本の関係を知らずに両方に触れた方は、先に文庫本が存在し、それをゲームにしたと勘違いするのではないでしょうか。
いくら書いてもこの感動は言い尽くせないので、kanonを愛している方は元より、少しでも興味がある方は、ぜひ読んで見て下さい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック