中古品
¥ 257
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態説明】帯あり。状態良いです。中古品になります。帯がある場合は必ず明記しております。多少の傷みや小口の汚れや日焼けはご容赦下さい。状態が悪い場合は明記するようにしております。コンディションはアマゾンのガイドラインに沿っております。【配送】クリスタルパックで包装済み。お急ぎ便対応可能。Amazon専用在庫。Amazon様が梱包・発送します。【支払方法】コンビニ支払い・代引き・その他Amazon様の各種サービスがご利用可能になります。【商品保証】Amazonの規約に基づき、商品の状態に見落としや情報記載に不備があり、購入商品にご不満を持たれた場合には、商品購入後30日以内でしたら、規約に準じ、返品・返金の保証をご用意します。評価の前に当店までご連絡よろしくお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Kanon 雪の少女 (パラダイムノベルス 58) (PARADIGM NOVELS 58) 新書 – 1999/10/23


すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 607 ¥ 1
新書, 1999/10/23
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

両親の仕事の都合で、祐一は北国の街へと引っ越すことになった。転勤族の父親のせいもあって、転校にはなれていた祐一も、この街だけは勝手が違う…。幼いころは毎年のように訪れていたはずなのに、なぜか当時の記憶が祐一には残っていない。にもかかわらず「あの街には行きたくない」という理由のない感情が、祐一の中にわきあがってくるのだ。そんな街で、親戚の家に居候することになった祐一は、7年ぶりにいとこの少女と再会し、新たな生活を始めるが…。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

登録情報

  • 新書: 228ページ
  • 出版社: パラダイム (1999/10/23)
  • ISBN-10: 4894900580
  • ISBN-13: 978-4894900585
  • 発売日: 1999/10/23
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 954,748位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 GZ 投稿日 2003/10/25
形式: 新書
Kanonノベルス第一弾。「雪の少女」いとこの水瀬名雪がヒロインの物語です。
ゲームをやってストーリーはわかっていたのですが、まぁ、なんというかやっぱりいいなぁ、って思いました。詳しく書けないのが辛いです。
ゲームをやったとき、(決壊寸前だったけど)泣かなかったんですけど、これ読んでたら泣いちゃいました。さすが。
それに祐一がかっこいい(恥ずかしい)ことしてます。エピローグのネタなんですけども、これゲームでは気づきませんでした。と、何のことか気になった人は読んでみてください。もちろん原作やった人にもお薦めします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 べジータの子 投稿日 2004/5/2
形式: 新書
どんなに辛いことをされても、それでも祐一を好きでいた名雪の物語。それまではどうでもよかったアイテムの目覚まし時計ごしの告白。いいですね。もちろん★5つ
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 高山の山さん 投稿日 2009/7/1
形式: 文庫
ゲーム&TVアニメとして人気作品となった「kanon」の小説本。
これはTVアニメに即したものとなっていて、名雪サイドから書かれている。あゆや香里も登場する。しかし真琴や舞が出てこないのは少々物足りない気はするものの、この本の続編として「栞編」「舞編」「真琴編」「あゆ編」とリリースされる予定だそうだから、そちらを楽しみに待ちたい。
でもセリフを読んでいると自然と彼等の声が脳内で聞こえるのはアニメの見過ぎだろうか?(苦笑)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ベンハムの独楽 投稿日 2009/10/19
形式: 文庫
私は大のkanon好きですが、最初はノベルがきっかけでした。それ以後、修学旅行で守口市駅や国立昭和記念公園に「巡礼」をいたしました。みなさんのご想像の通り、本当に感動しました。TVアニメでは京都アニメーションのクオリティに圧倒された方も多いと思いますが、ノベル版にはノベルにしかない良さがあります。やはり、自分のペースで読むことができ、感情移入をゆっくり行えるところが良いと思います。
ちなみに、名雪編のノベル版の結末は、TVアニメのとは異なり、はるかにノベル版の方が素晴らしいです。他のヒロインのノベルでも、あゆの位置づけや役割がより切なく、感動します。TVアニメをご覧になりkanonにはまった方には是非とも読んで頂きたいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

関連商品を探す


フィードバック