KORG アナ ... がカートに入りました
数量:1

こちらもどうぞ
カートに入れる
¥ 11,900
+ 関東への配送料無料
発売元: chuya-online
カートに入れる
¥ 11,036
+ ¥ 864 関東への配送料
発売元: 株式会社ウエスト
カートに入れる
¥ 12,000
通常配送無料 詳細
発売元: マークスミュージック
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

KORG アナログベースシンセサイザー volca bass ヴォルカベース


参考価格: ¥ 19,440
価格: ¥ 12,117 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 7,323 (38%)
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:22¥ 11,036より 中古品の出品:2¥ 28,600より
  • 圧倒的存在感のアナログ・ベース・サウンド。様々なベース・サウンドを作り上げる3つのオシレーター。
  • 明るくヌケの良いコルグ伝統のアナログ・フィルター。VCF、VCA、LFO、EGを1つずつ備えるシンプルな構成。
  • ELECTRIBE譲りのステップ・シーケンサー。アシッド・サウンドに欠かせないSLIDE機能。ステップの抜き差しで新たなベースラインを生むACTIVE STEP機能。
  • SYNC端子、MIDI IN端子搭載により、複数台・DAWとの同期プレイが可能。
  • どこでも使えるコンパクト・サイズ、電池駆動、内蔵スピーカー。
もっと見る


KORGブランドストア
世界的デジタル楽器ブランド、『KORG』のブランドストアがオープン!70%OFF以上のお買い得情報も。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

KORG アナログベースシンセサイザー volca bass ヴォルカベース + KORG アナログリズムマシン volca beats ヴォルカビーツ + KORG アナログループシンセサイザー volca keys ヴォルカキーズ
合計価格: ¥ 36,324

選択された商品をまとめて購入


キャンペーンおよび追加情報


商品の情報

詳細情報
電池:6 AA 電池(付属)
メーカー型番VOLCABASS
鍵盤数 16
  
登録情報
ASINB00CAKQCHS
Amazon ベストセラー商品ランキング 楽器 - 674位 (ベストセラーを見る)
発送重量821 g
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2013/4/10
  
ご意見ご要望
 

商品の説明

圧倒的存在感のアナログ・ベース・サウンド。

■様々なベース・サウンドを作り上げる3つのオシレーター。

アナログならではの太く、うねりのある音色を実現する3つのオシレーターは、1パートでのユニゾンから3パートでのコードまで、多彩な使い方で様々なベース・サウンドを作り出すことが可能。 オシレーターを1つずつ個別にシーケンスを組めば、3つのフレーズが絡み合う複雑なパターンを作れる。2+1で使う場合、1組のオシレーターは音程を低く、もう1組は音程を高く設定することで、ベースラインとメロディを同時に演奏できます。3つをセットで使う場合は、それぞれのピッチを少しだけずらすことで分厚いユニゾン・サウンドを実現し、またピッチを0、+3、+7と設定することでコードを鳴らすこともできる。

■明るくヌケの良いコルグ伝統のアナログ・フィルター。

volca bass専用にファイン・チューンを行ったアナログ・フィルターを搭載。Cutoffツマミでフィルターを開くとより明るく伸びのある音に、フィルターを閉じると甘く丸い音になり、Peakツマミでレゾナンスを上げると初めはキレイにピークが立ち、上げれば上げるほど気持ち良く歪む。アシッドに欠かせないレゾナンスの歪みは、ベース・サウンド専用にチューニングを行なっている。

■VCF、VCA、LFO、EGを1つずつ備えるシンプルな構成。

3つのVCOに加え、VCF、VCA、LFO、EGが1つずつと厳選したパラメーター構成は、求めている音を直感的に作り出すことができる。またシンセサイザーとしてスタンダードな構成でもあるため、シンセサイザーの原点である音作りの楽しさを学ぶ入門機としても最適。

volca bass
圧倒的存在感のアナログ・ベース・サウンド。
拡大表示
volca bass
ELECTRIBE直系のループ・シーケンサー。
拡大表示
ELECTRIBE直系のループ・シーケンサー。

■ELECTRIBE譲りのステップ・シーケンサー。

エディットのしやすさやパート抜き差しの即興性を重視したステップ・シーケンサーを装備。1小節間の発音タイミングを視覚的に確認しながら、16個のステップ・キーで直感的に打ち込んでいくことができる。3つのオシレーターそれぞれに全く異なるフレーズを打ち込むこともでき、またタッチ・パネル鍵盤の演奏によるリアルタイム・レコーディングも可能。 作成したシーケンス・パターンは最大8個まで本体に保存できる。

■アシッド・サウンドに欠かせないSLIDE機能。

アナログ・シンセサイザーのベース・サウンドで絶対に外せないのが、ピッチとフィルターの粘りが気持ち良いアシッド・ベース。volca bassではステップ間がつながったような効果が得られるスライド機能により、誰でも簡単にアシッド・サウンドを作り出すことが可能。スライドは各ステップ毎に設定できる。

■ステップの抜き差しで新たなベースラインを生むACTIVE STEP機能。

シーケンスの途中のステップを飛ばして再生することができるアクティブ・ステップ機能を搭載。ショート・ループのような効果から思いがけない変則的なリズムまで、まるでシーケンスそのものを演奏するようなダイナミックなパフォーマンスが可能。

使い勝手を拡げる便利な機能。

■アナログ・シンセの欠点を克服する自動チューニング機能。

アナログ・シンセサイザーの問題点は、ピッチが温度変化や経年変化によってずれてしまうことでしたが、volcaにはピッチを自動的に補正する自動チューニング機能を搭載。演奏途中のチューニングや、電源を入れてからピッチが安定するまで待つ必要はありません。

■SYNC端子、MIDI IN端子搭載により、複数台・DAWとの同期プレイが可能。

シンク端子を使えば複数台のvolcaやmonotribeとの同期再生が可能。iPhoneアプリ「SyncKontrol」でタップ・テンポ、スウィング設定、WISTによるiPolysixなどのiOS音楽アプリとのワイヤレス同期再生もできる。 MIDI IN端子は、他の機材との同期や、MIDIキーボードを使って演奏できるのはもちろん、DAWからノート・メッセージを送ることでvolcaをアナログ音源モジュールとして使うことができる。

仕様

【鍵盤部】

マルチタッチ鍵盤/ステップ・キー


【シンセサイザー】

■タイプ
アナログ音源

■構成
3VCO、1VCF、1VCA、1LFO、1EG

■VCO
Wave(ノコギリ波、矩形波)

■VCF
Cutoff、Peak、EG Int

■VCF Type
ローパスフィルター 12 db/oct

■VCA
EG on/off、Sustain on/off

■LFO
Rate、Int、Target(Amp、Pitch、Cutoff)、Wave(三角波、矩形波)

■EG
Attack、Decay / Release、Sustain


【シーケンサー】

■パート数
3

■ステップ数
16

■記録パターン数
8


【入出力】

■オーディオ出力
ヘッドホン(3.5mm ミニ・ジャック)

■シンク
シンク・イン(3.5mm ミニ・ジャック、最大入力レベル20V)、シンク・アウト(3.5mm ミニ・ジャック、出力レベル5V)

■MIDI
MIDI IN


【電源】

■電池寿命
約10時間(アルカリ乾電池使用時)

■電源
アルカリ/ニッケル水素 単3形乾電池 x 6本、またはACアダプターKA350(別売り)


【その他】

■付属品
動作確認用単3形アルカリ乾電池 x 6本

■別売りオプション
KA350(ACアダプター)

■外形寸法
193(W)x 115(D)x 46(H)mm(ツマミ高さ含む)

■質量
370g(電池含まず)

volca bass
SYNC端子、MIDI IN端子搭載により、複数台・DAWとの同期プレイが可能。
拡大表示
どこでも使えるコンパクト・サイズ、電池駆動、内蔵スピーカー。

コンパクト・サイズ、電池駆動、内蔵スピーカーにより、どこへでも気軽に持ち出し、いつでも演奏を楽しむことができる。



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

72 人中、71人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 mekanoize606 トップ500レビュアー 投稿日 2013/7/17
長さ: 4:16 分
シルバーのパネル、ノブ上部の斜めカット等、見た目は何となく名機TB-303
ですが音は違います、が当方は気にしてません。
(RolandのMC-09を気に入ってる程ですし)。

この値段であの独特なサウンドがそのまま出たら大変な事ですが、
それっぽい’’アシッドなフレーズが造れるマシン’’として十分楽しめる、
買って良かった1品で大満足です。

このマシンの最大の特徴はオシレーターを3つ搭載している部分で、
他の303クローン機とは違い、3レイヤーの分厚い音を出す事が可能な点
だと思います。

いじっていると時間があっと言う間に過ぎてしまうアシッドマシン、
AcidHouseが好きならオススメいたしますが、303のサウンドそのものを
期待している方は、店頭のデモ機等をじっくり視聴してから購入の判断を
された方が良いと思います。

もろあのサウンドが欲しい場合はXOXBOXの入手をするしかないですが。

どうせここまでやるならアクセントの機能も付けて欲しかったのと
記憶出来るフレーズの数が8ってのは少な過ぎる気がしますが
(せめて16に出来なかったのか、、)この価格帯では色々と
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Y 投稿日 2014/4/21
Amazonで購入
Volca keysと同様の3VCOのアナログシンセサイザー。表面的にはkeysと類似する点が多いのですが、実際は色々異なっていて、機能的にも音的にも、お互いに性格が違うもの、という仕様になってます。シンセとして弄れるパラメーターはkeysの方が多い、リングはなし、ディレイもなし。bassの方がVCOが独立してチューニング出来るし上下1オクターブまでとチューニング可変範囲が広い、VCO波形に矩形波も選べる、フィルターの効き方もちょっと違う感じだしMIDIからの発声範囲もなぜかbassの方が少しだけ上側に広い、など。
シーケンサー部もステップ入力可能、ポリフォニックでの入力は不可(再生は可)、FLUXはなし、など違う。キーボードはインラインのクロマチック配列なのでkeysと違ってリアルタイムでは弾きにくい、等など。

keysのデモビデオをupしたら、海外の方から、keysがあればbassが要らないね、というコメントを貰ったことがあるのだけど、色々異なっているのでどちらが良いとは言えないと思う。どちらがよいか聞かれても困る感じ。KORG的には両方買って楽しんで下さいという戦略なのだろうと思う。

私はacid とか、この楽器が主に使われている方面には疎いというか、さっぱり知識のない人間だけれども、そういう想定される使用ジャンルにとらわ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Nigel 投稿日 2014/8/20
Amazonで購入
Using it with battery or power suppy (i recommend getting the power suppy sold seperately) it is quite addictive. Great analog Bass sound and very portable. Thinking about also getting the Keys and Beats.
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。