KORG アナログキーボードシンセサイザー ボコー... がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 28,944
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 33,800
+ 関東への配送料無料
発売元: イケベ楽器店
カートに入れる
¥ 34,800
+ 関東への配送料無料
発売元: JEUGIA 楽器ONLINE SHOP
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

KORG アナログキーボードシンセサイザー ボコーダー microKORG MK-1 マイクロコルグ 37鍵

5つ星のうち 4.4 15件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 53,784
価格: ¥ 32,800 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 20,984 (39%)
ポイント: 656pt  (2%)  詳細はこちら
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、マークスミュージックが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:15¥ 28,944より 中古品の出品:2¥ 28,000より
ノーマルカラー
  • [付属品]ACアダプター、コンデンサー・マイクロフォン
  • [鍵盤部]ミニ鍵盤、37鍵、ベロシティ対応
  • [電源]DC9V、乾電池(単三型×6)
  • [外形寸法・質量]524(W)x232(D)x70(H)mm、2.2kg(電池および付属マイクロフォンを除く本体のみ質量)
個装箱で発送:
Amazon.co.jp が発送する場合、通常この商品は梱包ダンボールに入れず、発送ラベルを直接商品の外装パッケージに貼った状態でのお届けになります。

お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら

出品者のコメント: 【全国送料無料】店舗在庫あります!即納可能!!



よく一緒に購入されている商品

  • KORG アナログキーボードシンセサイザー ボコーダー microKORG MK-1 マイクロコルグ 37鍵
  • +
  • KORG/コルグ ソフトケース SC-MICRO-MSG メッセンジャーバッグ
総額: ¥35,700
ポイントの合計: 656pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

キャンペーンおよび追加情報

色: ノーマルカラー

商品の情報

色: ノーマルカラー
詳細情報
メーカー型番MICROKORG
カラー ノーマルカラー
鍵盤数 37
  
登録情報
ASINB0000WS0SC
おすすめ度 5つ星のうち 4.4 15件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング 楽器 - 3,281位 (ベストセラーを見る)
発送重量3.6 Kg
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2007/7/18
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

色:ノーマルカラー

商品の説明

コンパクトなボディに本格シンセサイザー、ボコーダーの機能を搭載。 音を作る、変化させる、そして奏でる…音の楽しさにこだわったシンセサイズのためのニュー・スタイル・ギア、microKORG登場。 シンセサイザーの醍醐味を満喫する—コンパクト・サイズのニュー・タイプ・シンセサイザー、microKORGなら、手に入れたその日から誰もが音作りのエキスパート。その音色一つ一つの完成度の高さ、音作りの自由度の高さ、そして個性溢れる魅力的なフォルムから生まれる圧倒的な存在感が、ビギナーからプロフェッショナルまでを限りないクリエイティブの世界へと誘います。<microKORGの主な特長>■アナログ・モデリング音源を採用した、本格シンセサイザー■コルグが誇る強烈な音圧を生み出すオシレーター部■鋭い切れ味を誇るフィルター部■存在感ある歪みサウンドを実現するアンプ部■絶妙な音色変化を与えるEG、LFO■さらなる高度な音作りを実現するバーチャル・パッチ■個性溢れる多彩なボコーダー機能■128種の即戦力プログラムを内蔵■サウンドを多彩に彩るエフェクター■自在な設定が可能なアルペジエイター■外部音声の入力、ソースの自在な加工が可能■MIDIコントローラーとしても活躍■簡単アクセスの操作体系■ポップで個性的なルックス、小型マイクロフォンも付属

Amazonより

10年以上売れ続けているコンパクト・シンセの決定版

ちいさなボディにシンセサイザーの楽しさを詰め込んだ、本格シンセサイザー。

description

アナログ・モデリング音源を採用

microKORGは、「音を作る」シンセサイザー本来の楽しさを追求した、個性溢れる、コンパクトにして本格的なシンセサイザー。
オシレーターをはじめ、フィルター、アンプ、モジュレーションやエフェクトなどシンセサイザーのパラメーターをノブを廻すことで、感覚的にエディットすることが可能、
演奏中にリアルタイムでサウンドを変化させるなど、ライブやレコーディングなど、幅広いシチュエーションで活躍する。

ポップで個性的なルックス、小型マイクロフォンも付属

microKORGはボディ・カラーにベージュ・ゴールドを採用、側板には木材を採用し、ポップな感覚とレトロな雰囲気を合わせもった魅力的なデザインが、強烈な存在感を放つ。
また気に入った角度に変形可能な小型コンデンサー・マイクロフォンを付属。本体はマイクをセットできるようデザインされているので、機能性も抜群だ。

description

個性溢れる多彩なボコーダー機能

microKORGは、AUDIO IN1にマイクを接続し、入力する音声でオシレーターの音を特徴付け、喋っているような効果を生む強力なボコーダーとして機能を搭載。

【カラーバリエーション】


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Y 投稿日 2014/10/9
色名: ノーマルカラー
発売開始から10年以上経つという超ロングセラーのアナログモデリングシンセ。
とにかく音が良い。パラメーターをノブで簡単に変えられる。
おまけにボコーダーまでついて、小型軽量で、乾電池でも動いて
長きに渡って生産され、多数の人が使っている、銘器と言って良いものがあります。
それが、今やこのお値段(随分値が下がりましたね)
迷ってるなら、今買わなきゃ何時買うのという感じ。

ミニ鍵盤採用という点は賛否がありますが、この大きさ故にどこにでも置いておける、
というメリットはあると思います。ガンガン、ガシガシ弾く人は、MIDIキーボード経由の方が良いとは思います。
私は購入して7年以上たちますが、この機種は、昔MIDI楽器を買い込んだものの何も成せず中断していた電子楽器の楽しさを再発見する切っ掛けになった機種、
KORGがこの機種を出さなかったら、二度と楽器を弄る事も無かったかもしれないという個人的な思いがあります。
もしかしたら、初心者の方が、とりあえずシンセサイザーがどういうものか、具体的に知る切っ掛けにするには良い機種かもしれませんね。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 G太郎 トップ500レビュアー 投稿日 2008/5/13
色名: ノーマルカラー
音作りのし易さに関してはノブ等のアサインの関係で、やはりサイズの大きい物にはかなわない、
付属のマイクが買った当日からヘナる、などなどケチのつけようはあるのだが
依然、もっとも頼りになる単体シンセであることには変わりない。
キーボードやマウス等との配置を考えるとPCデスクにはベストサイズ。
ボコーダーも含め出音は申し分なく一応ライブラリエディターもある。
アナログシンセ系の機種としては万能で、
一度オーダーに組込むと長い間定位置から外せなくなる。
息の長い名選手のような存在。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
色名: ノーマルカラー
発売時に購入したものは、鍵盤が故障してしまったため、再度購入しました。ちょうどそのころにR3が発売され、ライブで使う(標準鍵盤)ならこっちだなと思って買ったのですが、こっちも捨てがたい魅力があったので同時に買いました。枕元でもいじれる大きさが魅力です。これがいかなる楽器かは、もう語る必要はないでしょう。逆に廃盤になろうものなら困る人がいっぱい出ると思います。これとサンプラーとマルチのレコーダーがあれば、そこが即スタジオになります。もちろんパソコンベースでも入力ハードとして魅力的な機材です。JD-Xiが今後この機材の牙城に迫ると思われますが、きっとこれで音作りに慣れた人が大勢いると思うので、まだ大丈夫かな。日本の「オデッセイ」的な楽器だ・・と思ったら、KORGはオデッセイまで出してしまうのだけど、これだけKORGが挑戦的な機材を次々投入できるのはひょっとして全国の吹奏楽する人に行き渡っているチューナーと、このMicrokorgのお陰なんじゃないかな。とにかく、木枠のデザインがいいんだよね。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
色名: ノーマルカラー Amazonで購入
自分は、LIVE9に使いっぱなしですがこんな楽器はすごくいいと思います

次回作云々ずっとずっと使えるマシンだと正直に思います!MPCとも相性

良いですMIDIでつないで多少面倒でもいい感じです!入門機にオススメです!
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Bryan 投稿日 2014/1/22
色名: ブラック・レッド Amazonで購入
The only downside is the keys, they are small and the sensitivity isn't the greatest but the sound is awesome. Really big sound from such a small device and so many ways to customize those sounds. It's not a competition for the bigger, high quality, machines but that's not what it was made for. It's small, versatile, and fun.
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
色名: ノーマルカラー Amazonで購入
普段ソフトウェアのシンセサイザーで曲もどきを作ったりして遊んでるんですが,
ハードウェアのシンセも触ってみたくなって,
あと見た目に惹かれて購入しました(中古で買いました,出品者の方ありがとう)
普段はマウスでポチポチやって音色を作っていたので
つまみを実際に触って音を変えられることがまず新鮮で感動を覚えました
詳細なパラメータとは別に,本体右上の5つのつまみでAmp EGやフィルターのパラメータを動かせます
そして見た目や小ささのわりに(?)いい音が鳴りますし,
各種モジュレーションやエフェクトも意外と豊富なため音のバリエーションも広いです
ただLFOをかけられるパラメータがあらかじめ数種類に決まっていたり
2つのオシレーターごとに選べる波形が決まっているなど一定の限界はあります
とはいえ他のアナログ(モデリング)シンセでも大体そんなもんでしょう
純粋にシンセとして優秀ですし,触ってて楽しい楽器です
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す

色: ノーマルカラー