通常配送無料 詳細
10点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
JORGE JOESTAR がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 モモハナ屋
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に若干のスレ、キズ、破れ有り●中身は書き込みもなく綺麗な状態です●【すぐ発送できます】●【商品説明文と実際の商品の状態が違っていた場合は返金対応させて頂きますのでご安心ください】
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

JORGE JOESTAR 単行本 – 2012/9/19


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 420


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

JORGE JOESTAR + JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVEN + 恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-
合計価格: ¥ 4,968

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容紹介

VS JOJO第3弾! 舞城王太郎登場ッ!
JUMP j BOOKSがおくる豪華作家陣とJOJOの饗宴「VS JOJO」。第3弾は舞城王太郎が渾身で!全力で!!直球でJOJOに挑むッ!! 主人公はあの「ジョージ・ジョースター」だッ!!


内容(「BOOK」データベースより)

ジョナサン亡き後、カナリア諸島ラ・パルマ島でエリナと暮らす少年ジョージ・ジョースターは、リサリサと愛を誓い。成長してパイロットとなり世界大戦の空を駆る。その一方、日本では福井県西暁町のジョージ・ジョースターが運命とともに杜王町へ向かう…。超ドドド級スケールで描く「舞ジョジョ」ここに誕生。

登録情報

  • 単行本: 768ページ
  • 出版社: 集英社 (2012/9/19)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4087806502
  • ISBN-13: 978-4087806502
  • 発売日: 2012/9/19
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 4.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5  レビューをすべて見る (99件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 81,143位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

329 人中、292人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 まね氏 投稿日 2012/9/19
形式: 単行本 Amazonで購入
本作は、原作『ジョジョの奇妙な冒険』で語られることのなかったジョージ・ジョースター2世の冒険を描いたものです。
そのプロットは非常に複雑で、
第1部と第2部の間の時間軸と現代の杜王町を舞台に二人のジョージ・ジョースターが活躍します。
前者の時間軸では、おそらく正史(第1部と第2部の間)の設定に近いジョージ、
後者の時間軸では、作者オリジナルのパラレルワールドのジョージが登場します。
(壮絶なネタバレになりますが、前者の時間軸も厳密にはパラレルワールドのようですが・・・。)

まずはじめに、本作を読んで良かった点から評価させていただきます。(評価☆2を見ていただければ分かる通り、基本的には本書を評価していませんので悪しからず)
まず非常に面白かった点としては、ジョージ・ジョースターという原作でほとんど触れられることのなかったキャラクターに光を当てた点です。
原作のジョージ2世には、第2部主人公のジョセフの父であるということと、イギリス空軍に潜んでいた屍生人に殺害されたという描写くらいしかありません。
そんな彼にも、実はジョセフや承太郎に負けないほどの冒険があったのだという空想は、ジョジョファンなら誰しもわくわくするものでしょう。

とりわけ本作では、幼少期から数々の
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 浮船 投稿日 2014/3/21
形式: 単行本
『ジョジョの奇妙な冒険』として読まなければ、ですが。
そう、これは我々が知っている『ジョジョの奇妙な冒険』の世界線で起きた物語ではありません。主人公は我々が親しみ、共に笑い、共に涙した、あの星型のアザを持つ誇り高き血統の人々ではありません。たまったま別の世界線で暮らす名前が似通っちゃった赤の他人、『ジョージ・ジョースターの』奇妙な冒険なのです。
そこにはたまったま同じような経緯で同じような人生を過ごしたりしている人たちが大勢いて、たまったま名前も顔も思考も似通っちゃった人がたくさんでてくるだけです。そういう物語です。
似通っちゃったたくさんの人々は、それでも『運命』までは似通っていません。我々が慣れ親しんだ人々とは『別の運命』があり、我々が知らない『別の出会い』をし、『別の出来事』を体験し、『別の物語』を展開しています。その『別の物語』は実に奇妙で、ハートフルで、爽快だったりもやもやしたりスカッとしたりしなかったり、正に『人生』そのもの。
この本で描かれているのは、我々が知り尽くしている彼らによく似た『隣人』の、『彼らだけの人生、その軌跡の物語』です。名前や顔がたまったま似通ってしまっただけ。「『彼』はこうだったからこんなことしない!」「私たちの『彼』がこんなこと言うはずない!」なんて固定概念はとりあえず置いておいて、まずは楽しんでみませんか
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
89 人中、74人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kengi 投稿日 2012/9/29
形式: 単行本
私はこの本が出ることをずっと待ち望んでいた。
何故ならジョジョも好きだし、舞城氏の小説も好きだからだ。
そして、タイトルが「ジョージ・ジョースター」とあっては、原作では語られなかった物語が展開されるものだと思っていた。

でもそれは他のレビューでも多く語られている通り的外れで、最早原作云々の域を飛び出た創作物になっている。
ジョジョに出てくるキャラの名前だけを拝借して好き勝手に動かしていると云う感じ。もう頭から九十九十九が登場する時点で嫌な予感はしていたが……。因みに九十九十九は舞城氏のオリキャラではない。
原作に結びつける為の強引な過去話の挿入には鼻白む思いをした。

一小説としては大規模なエンタメ物として楽しめるものではあると思う。と云っても好き嫌いは分かれただろうが。
これがジョジョの小説としてでなく、普通に舞城氏の最新作としてなら評価もまた違ったと思う。
舞城氏の作品は物語がぶっ飛んでいるのが当たり前で、それが好きな愛読者には免疫が出来ているのだ。
今回ジョジョのノベライズとして初めて舞城作品に手を出した人には衝撃だったと思う。
冒涜、とは軽はずみに使う言葉ではないが、企画が企画であるし、そう解釈されても作者自身否めはしないだろう。

...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
35 人中、29人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 アマゾソ 投稿日 2012/12/29
形式: 単行本
発売日に買って3ヶ月以上かかって読み終えた時の感想がタイトルにある圧倒的な開放感だ。
この小説のタイトルを見てこの作品をジョナサンの息子であり、ジョセフの父親であるジョージ・ジョースターの原作では描かれなかったミッシングリンクを埋めるストーリーが展開されると期待されている方は読まないほうがいい。とにかくジョジョが好きでジョジョと名のつくものであれば無条件で肯定、または著者である舞城 王太郎の大ファンで彼の作品はすべて読みたいと考える方ならば楽しめるかも知れない。ただどちらでもない私にとっては読んでいて苦痛で仕方が無かった。途中何度読むのを止めて処分しようかと考えたか。
文体はライトノベルのような軽さであり、原作であるジョジョの重厚なストーリーに全くそぐわない。主人公のジョージはジョースターを名乗る資格がないほど情けない人物で原作のエピソードや、そこ描かれていた張り詰めた横顔から想像していたジョージとは似ても似つかないキャラクター設定だった。リサリサについてもジョナサンの最後の波紋を見て波紋が使えるようになったみたいなありえない設定。その他にも原作無視設定が目白押しで原作をじっくり読んだことがあるのか疑いたくなる場面が散在された。
荒木 飛呂彦先生の美麗な(リサリサは微妙だが)イラストの裏に同人誌以下のイラストを掲載する度胸だけは買う。ちなみにあのイラス
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック