¥ 2,535 + ¥ 350 関東への配送料
通常3~5週間以内に発送します。 販売元: Ergodebooks_Ships_From_USA

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,600MP3アルバムを購入

Innocent Man Original recording remastered, Import, Enhanced

5つ星のうち 4.6 28件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,535
通常3~5週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Ergodebooks_Ships_From_USA が販売、発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。
新品の出品:2¥ 2,534より 中古品の出品:3¥ 1より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の ビリー・ジョエル ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。


よく一緒に購入されている商品

  • Innocent Man
  • +
  • ニューヨーク52番街(期間生産限定盤)
  • +
  • グラス・ハウス(期間生産限定盤)
総額: ¥4,695
ポイントの合計: 216pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1998/10/22)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Enhanced, Original recording remastered, Import
  • レーベル: Sony
  • ASIN: B00000DCHG
  • EAN: 0007464693892
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  Mini-Disc  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 326,061位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
4:05
ライブラリで再生 購入: ¥ 205
 
2
30
5:18
ライブラリで再生 購入: ¥ 205
 
3
30
3:42
ライブラリで再生 購入: ¥ 205
 
4
30
4:18
ライブラリで再生 購入: ¥ 205
 
5
30
3:52
ライブラリで再生 購入: ¥ 205
 
6
30
3:17
ライブラリで再生 購入: ¥ 205
 
7
30
3:48
ライブラリで再生 購入: ¥ 205
 
8
30
3:31
ライブラリで再生 購入: ¥ 205
 
9
30
3:56
ライブラリで再生 購入: ¥ 205
 
10
30
4:39
ライブラリで再生 購入: ¥ 205
 

商品の説明

Amazonレビュー

   50、60年代のオールディーズやモータウンサウンドをベースに、ビリー・ジョエルらしいラブソングを展開した作品。アカペラコーラスグループ風の<3>では、低音から高音まですべてのパートをこなす器用さも披露している。
   <6>は当時つき合っていたスーパーモデル、クリスティ・ブリンスキーに捧げたものだ。のちに結婚し、アルバム『リヴァー・オブ・ドリームス』では、ジャケットデザインを彼女が手がけるなど、おしどり夫婦ぶりを見せた。が、その矢先に突然離婚し、間髪入れずにクリスティは富豪と再婚。この曲は封印したという話も聞くが…。(春野丸緒)


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
ビリー・ジョエルといえば、77年の名作『ストレンジャー』を最高傑作に推す人が多いと思う。もちろん異論はない。いいアルバムだ。

でも、敢えてここではこの『イノセント・マン』を推したい。個人的な思い入れ大。

自分が洋楽を聴き始めたばかりの中学時代、アメリカン・ポップスの素晴らしさを教えてくれたのはこのアルバムだと思う。JB調、モータウン調、サム・クック調、フォーシーズンズ調、ベートーベンのフレーズの引用、アカペラなど、その当時はまだ聴かぬ存在だった過去の偉大なミュージシャンへの指針になったともいえる。このアルバムに出会わなかったら、現在、これほどまでに音楽にのめりこむことはなかったと思う。

とにかく聴いていて楽しい。全てがまたビリーのオリジナルということがまた驚きだ。全曲お勧めしたいくらいなのだが、中でもお気に入りは'Leave a Tender Moment Alone'。この曲は自分の生涯にわたる最重要曲。Toots Thielmanの沁みるハーモニカをバックに、思うように振舞えないもどかしく切ない恋心が歌われる。この曲を聴くと今でも自分の中学時代がオーバーラップするし、ハーモニカの音は下校時に夕焼けに染まった遠方の山々の風景を思い起こさせる。

あまり客観的なレビューにならず申し訳ないが、それく
...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 uptail 投稿日 2011/6/6
形式: CD
「This Night」
「Keeping The Faith」
が◎。

リマスター→良好
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 レビューを見て、この作品の評価があんまり低いのでびっくり。音楽に何を求めているか、ビリー・ジョエルに何を期待しているか、というところでズレがあるようですね。僕にとっては、楽しいポップ・アルバムで、素直に名盤と思いますよ。いい曲がたくさん入ってますしね。このアルバムが売れたというのは、一般のリスナーの求めるイメージと曲との雰囲気が見事に一致した作品だったからだと思います。
 ま、こうした「楽しさ」だけが期待される人なのか?とか考え始めると、本人やビリー・ジョエルが心から好きな人は複雑な心境なのかもしれませんが。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
AN INNOCENT MAN   Billy Joel   (1983)

1.EASY MONEY   4:04
2.AN INNOCENT MAN   5:18
3.THE LONGEST TIME   3:43
4.THIS NIGHT   4:18
5.TELL HER ABOUT IT   3:53
6.UPTOWN GIRL   3:17
7.CARELESS TALK   3:49
8.CHRISTIE LEE   3:31
9.LEAVE A TENDER MOMENT ALONE   3:57
10.KEEPING THE FAITH   4:39

難しい作品で 入り過ぎた力をトコトン抜き 当時 ウキウキだったビリーの 若き頃 夢中になったであろう古き良きポップス & ロックへのオマージュ的作品。 この作品を聴くにあたり 小難しい理屈は捨てて欲しい。 オープニングの 【1】 のビリーのテンション高い 弾んだ声にはどんな批判も届かない (笑) いいじゃないですか これがすべてでは ないし こんな人間味溢れる感情豊かな作品もビリーの一部なのだから。 ファンなら 「しょーがないなァ」 くらいの気持ちで受け止めてあげましょう。 しかし 内容
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 今までにロックの名盤と言われるものは数知れずだが、こんなにも楽しくて、心がときめいてしまうアルバムに、かつて私は出会ったことがない。
アルバムの隅から隅まで、一貫して歓喜の雰囲気で満ちている。
「アップタウンガール」、「ロンゲストタイム」、「イノセントマン」などなど、聞いていて踊りだしたくなる曲が目白押し。
あなたがもし落ち込んだり、暗い気分になったら、ぜひこのアルバムを聞いてみましょう。
まずは、さあ、買いに行きましょう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
前作「ナイロンカーテン」の(世間で言う)「重さ」は一切消え去り、かといってこれまでのBilly Joel的な音楽を踏襲するわけでもありません。
自身の音楽的ルーツともいうべき「50年代ポップ」を、無理に「当世風」にするわけでもなく、ストレートにぶつけています。80年代を青春時代とする私たちには、むしろ新鮮な1枚でした。
どの曲も楽しく、HAPPYな雰囲気に溢れています。
全パートを実は彼一人で歌っている(!)アカペラナンバー「For the longest time」は、特にお気に入りの一曲です(video clipも愉快でした)。
その他も、ベートーベンの「悲愴」をベースに歌い上げる「This Night」、軽快な「Uptown Girl」などなど。
ただし、残念ながら私にとってのBillyは、このアルバムが最後でしたね。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック