Peter Infeld ペーター インフェルド ... がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,240
+ 関東への配送料無料
発売元: (株)StringsLab.com (ストリングスラボ) Since 2003
カートに入れる
¥ 2,300
+ 関東への配送料無料
発売元: SUB TRADING
カートに入れる
¥ 2,815
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Peter Infeld ペーター インフェルド ヴァイオリン弦 E線 4/4 クロムスチール/プラチナメッキ PI01PT

5つ星のうち 4 2件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,888
価格: ¥ 2,300 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,588 (41%)
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、リッチミュージックが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 2,240より
  • Thomastik-Infeld(トマスティック・インフェルト)社は、オーストリアのウイーンで、バイオリンの製作家と技術者の共同によって設立され世界的に圧倒的な支持を得ているブランドです。
  • トマスティークインフェルド社の前社長、故PETER INFELD氏の名を商品名に使った高級弦です。

 

お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら

出品者のコメント: 当SHOPでは国内外の正規代理店より仕入れている正規商品を適正価格にてAmazon.co.jpより365日24時間体制で全国のプレイヤー様のお手元へお届け致してまいります。



よく一緒に購入されている商品

  • Peter Infeld ペーター インフェルド ヴァイオリン弦 E線 4/4 クロムスチール/プラチナメッキ PI01PT
  • +
  • Peter Infeld ペーター インフェルド ヴァイオリン弦 A線 4/4 シンセティックコア/アルミ巻 PI02
  • +
  • Peter Infeld ペーター インフェルド ヴァイオリン弦 D線 4/4 シンセティックコア/シルヴァー巻 PI03A
総額: ¥7,095
選択された商品をまとめて購入

キャンペーンおよび追加情報


商品の情報

詳細情報
メーカー型番PI01PT
生産国 オーストリア
  
登録情報
ASINB003U2067M
おすすめ度 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング 楽器 - 13,506位 (ベストセラーを見る)
発送重量5 g
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2010/6/27
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

特に世界初プラチナメッキのE線は高い評価を得ています。


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
それまではオリーブのE線も使ったりしていましたが、
どの弦よりも倍音が豊かで、楽器のランクが上がった気がします。

ただテンションは強めで、音量も数段あがるので、
インパクトが強すぎて、驚くかもしれません。

そういった意味では好みが分かれる弦なのかもしれませんが、
個人的には今使っているオールドにこれ以上の弦は無いと考えています。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
硬くて張りのある音が出ます。E線はかなりの種類試しましたが、良く言えば試した中で最も輝かしい、他では得られない音になり、最初は喜びました。しかし悪く言えば、尖った感じになります。A,D、Gの音色も硬くなります。楽器全体をこうした傾向にふりたい方には良いと思います。

当然、PETER INFELDのA,D,Gの音も硬くなるのですが、A、D,GはこのE線と異なる特徴の弦だと思います。A,D,Gは同社のドミナントやインフェルド青に比べて張力が高く、芯がある豊かな音がしてパワーが増しますが、このE線以外と組み合わせると尖った感じではまったくありません。(主観ですがドミナントやインフェルド青独特のぺーぺーした感じがないので、同じ会社だからと、推測して避けている方はお試しあれ。豊かさとパワーを求てEVAのGoldなんかを使うよりわざとらしさがない。あくまでも私の好みで言ってます)。それまで使っていたEvaPirazziのA,D,Gも音量は出るのですが、PETER INFELDに比べると芯がなく不自然な音出しに聞こえたのでやめました。

結論としてはPETER INFELDはE線を除くセットで使用し、E線は他のものをさまざま試すと、PETER INFELDの尖らないで豊かでパワフルな良さを見いだせると思います。
E線をプラチナにしたセットで、セット全体を評価すべきでないことをお伝えしたいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告