Amazon Kindleでは、 HELLSING(1) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 535
通常配送無料 詳細
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

HELLSING 1 (ヤングキングコミックス) コミック – 1998/9


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 535
¥ 535 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

HELLSING 1 (ヤングキングコミックス) + HELLSING 2 (ヤングキングコミックス) + HELLSING 3 (ヤングキングコミックス)
合計価格: ¥ 1,605

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

登録情報

  • コミック: 204ページ
  • 出版社: 少年画報社 (1998/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4785918705
  • ISBN-13: 978-4785918705
  • 発売日: 1998/09
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (19件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5

最も参考になったカスタマーレビュー

110 人中、97人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 メメ 投稿日 2006/12/23
形式: コミック
巻の途中で投げ出さないこと。前半は、作画が安定してないどころか、破綻しまくり
(左腕が撃ち落とされたのに、地面には右腕が転がったり)だし、物語の基本設定は、
旧家で両親と死別して孤立したお姫様を、無敵のヒーローが守るという、笑っちゃう
ものだし、やることといえば、13mm口径のバカデカ銃で、銀の弾を撃って、吸血鬼を
やっつける! 作者、何も考えてないだろう? さらに婦警の顔が変だし、服はもっ
と変だ。これでは萌えない。
これが、第三勢力バチカンのアンデルセン神父が登場したところから、狂気がヒート
アップ、物語が疾走し始める。画面の魅力もうなぎのぼり。婦警の服も変わる。
さらに巻末の埋め草「クロスファイア」がいい。由美江がテロリストに向かってきっ
た啖呵。イカレっぷりと、調子のよさが、2巻で本格的に花開く、作者の言語感覚の
異能を示している。
1巻はプロトタイプ/プロローグに過ぎないのだから、すぐに2巻以降も読むべし。

2巻でヤン・バレンタインの登場。雑魚キャラ扱いなのに、こいつのセリフの魅力と
きたら半端じゃない。汚い、下卑たことしか吐かないのに、全部のセリフに、読む
者を引き込む力があふれている。「声に出して読みたい日本語」の裏を
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
25 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2001/11/24
形式: コミック
吸血鬼を題材とした漫画は有象無象数限りなくあるが、これほど
迫力ある画風と独特の台詞回しがを持ち、私の印象に強烈に残した
漫画は有りませんでした。何回も読み返したくなる・・・とても面白い漫画です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
32 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 雅貴 投稿日 2002/9/14
形式: コミック
画力だけでは、物語は進まない。
また、逆に物語がしっかりしていても、ある程度の画力が無ければ駄目だと、私は思う。
この物語は、キャラクターにも、その独特な言い廻しも味があると思う。
物語の展開は早く、テンポも良い。
凄まじい画力によって描かれた戦闘は一度見て圧倒されてしまった。
吸血鬼メインのマンガだったら、確かに山ほどある。
だが、このHELLSINGは、私が見てきた吸血鬼マンガとは一味も二味も違う。
とにかく読んで見て欲しい。
本当に凄いから。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ケン 投稿日 2007/8/1
形式: コミック
昔から本屋でよく見掛けて気になっていて、アマゾンのカスタマーレビューでかなり絶賛されまくってたので思い切ってスパッと大人買いしてしまった。

前半は何処かで見たような展開で、絵もヒロインの顔とかかなり崩れていたりして買うの失敗したかなあと思いながら後半に読み進めるとなんと凄い展開!絵も上手くなり、凄い目をひく戦闘!一気に嵌まってしまった。どうしてこんなグロテスクで濃い戦闘描写が描けるのか。あとは何といってもキャラ独特な台詞回し。いい!巻を進めるごと増していく面白さ。ある程度の漫画好きはこの漫画を買って後悔しないだろう。

でも少し残念なのがこの単行本、1年に1冊のペースでしか出ない。次巻が出るのが待ち遠しい!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 日室鏡華 投稿日 2006/2/25
形式: コミック
この作品は吸血鬼ハンター、妖怪ハンター物が好きだった流れで読み始めた

が、他の妖怪ハンター、吸血鬼ハンター物と比べると「狂気」の二文字で

塗り固められています。

妖怪ハンター物にはまるきっかけになった「孔雀王」でオカルト物には免疫の

ある自分ですら狂気の世界に引き込まれます。

絵に関してはベタを多用した絵は迫力がありますが絵自体は「ヘタウマ」の

領域と言ったところか。絵の感じも藤田和日郎氏に似てますし。

狂気の世界に浸りたい方にお薦めです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 だず 投稿日 2006/3/25
形式: コミック
狂っているキャラが狂ったセリフを言うのがとても面白いマンガですね。

敵も仲間も狂っている奴ばっかりで、絵の迫力と合わさって記憶に残る名台詞を連発してくれます。

絵が個性的だったりグロがあったりと好き嫌いがはっきり分かれるマンガですが、

独特の台詞回しなど他のマンガには無い要素が沢山あります。

絵も初期と比べると上手くなっているので、絵に抵抗の無い人は試しに読んで見るのもいいかもしれません。

ただ連載ペースがとても遅いのが欠点です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック