通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ☆ご覧頂きまして有難う御座います。アマゾン専用在庫に付き弊社都合のキャンセルはありません。【説明書付属】★ケースについて:細かいスレが御座いますが綺麗な状態です。簡易クリーニング&除菌済みです。★盤面について:綺麗な状態です。再生確認済みです。★付属品:綺麗な状態です。全体として非常に良いコンディションです。★送料無料【Amazon 倉庫より安心・安全発送!365 日・年中 無休で直送致します】★クリスタルパックで包装してあります。説明と製品の状態が違う場合は評価前にご連絡を頂ければ返金等対応させて頂きますので安心してお買い上げ下さい。
Amazon買取
最高買取価格

¥ 152
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,400
通常配送無料 詳細
発売元: ほんとDVD☆お急ぎ便もできます☆
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

HANA-BI [DVD]


参考価格: ¥ 5,400
価格: ¥ 4,500 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 900 (17%)
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、メディアショップ KONOMI が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 3,800より 中古品の出品:15¥ 1,620より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

おすすめ情報:DVD・ブルーレイ 冬のセール最大70%OFF(2015年1月29日まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1000円ブルーレイ 1枚1500円DVDどれでも3枚3090円ブルーレイ2枚3090円ジャニーズセール| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

HANA-BI [DVD] + ソナチネ [DVD]
合計価格: ¥ 7,109

選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ビートたけし, 岸本加世子, 大杉漣, 寺島進, 白竜
  • 監督: 北野武
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • DVD発売日: 1998/12/18
  • 時間: 118 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (41件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B00005EDRW
  • EAN: 4934569600295
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 88,303位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

Amazonレビュー

   北野 武監督98年公開の7作目。不治の病に侵された妻を気にかけながらも職務に追われる刑事が、同情した仲間の好意で張り込み捜査の合間を縫って見舞いにいく。だが、そのわずかな時間に発砲事件が発生、1人が殉職し、快く送り出してくれた部下も半身不随の身になってしまう。犯人を殺して警察を辞めた彼は、治療費や遺族へ渡す金を工面するためヤクザにまで借金を重ね、やがて首が回らない状況へと陥っていく…。
   あたかも夢の情景のような暗く青みがかった映像のなか、挿入される監督自作のシュールな絵の色彩が鮮烈である。同様に乾いた暴力シーンに対して、例えば置き忘れられた三輪車を主人公がそっと横にどける、といったささやかな行為の描写も目に焼きつく。北野作品には多い不器用な男の自己表現を、透徹した視線で描いた静かな傑作である。(武内 誠)

内容(「Oricon」データベースより)

第54回ベネチア国際映画祭金獅子賞を獲得し世界中の注目を浴びた、北野武監督による感動の人間ドラマ。ビートたけし、岸本加世子、大杉漣、寺島進ほか出演。

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 NAGATA トップ500レビュアー 投稿日 2013/7/10
形式: DVD
あまりにも、残酷すぎる。

この映画の暴力描写を残酷と呼べないことはない。だが、この映画の真の残酷さは、むしろそこに描かれている「運命の暴力」のほうだ。

主人公たちはそれぞれ、不幸に巻き込まれていく。しかし、それらは果たして回避できた不幸だったのだろうか。避けられる不幸に自分から突っ込んでいったのであれば、それは自業自得だ。しかし私には、この映画の孤独な主人公たちのたどった運命が、避けられない必然性に導かれたものだと感じられた。足掻けば足掻くほど自分の体が沈んでいく底なし沼に足を踏み入れてしまった哀れな動物を見ているようなツラさを、この映画を観ていて感じた。

とくに主人公・西の人生が負の螺旋を描きながら悲劇の終末へ向かっていく悲惨さは、筆舌に尽くし難い。西が行ったことが違法行為であること自体を否定的にとらえる人もいるだろう。しかし人は、自分の置かれた文脈の中で精一杯生きるしかないのではないか。深刻な病気の妻をかかえた西が、自分の知識や経験にもとづいて取ることのできた選択肢は非常に限られていたという点を、私たちは見落としてはならないと思う。

主人公たちだけではない。私たちは誰だって、運命の暴力に翻弄されながら生きている。この映画を観ていると、それをあらためて痛感させられる。

...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ナシュカ2 投稿日 2004/6/10
形式: DVD
この作品で世界の北野に。
これ以前の作品でも寡黙な主人公が大半だったが、口で説明しない分その行動がとんでもなく大きく見える。HANA-BIでも長くは生きられない奥さんと一緒に逃避行しているが、その追っ手を撃退する時の暴力は容赦がない。行動自体も銀行強盗、自殺などにその怖さがあると思う。すべとが自分の責任でこういう結果になってしまったと思い込んでしまっている主人公は、銀行強盗で作った金を迷惑をかけた人たちへ送り残りを自分と奥さんの旅費に回すが、それを知らないやくざ連中が残りの金を奪おうと追ってくる。もちろん強盗の一件で元同僚にも追われる。それでもすべとを奥さんとの時間に使おうと決めた主人公は止まらない。
この作品は奥さんへの愛情と同僚への友情が多くを占めているが、それは日常の北野武とも被ってみることができる。奥さんのことをいろいろ言うけど照れ隠しにしてるのは見ててわかる。本当は感謝の気持ちなど大切にしているのだろう。友情も島田洋七や、すこし変化させれば軍団への友情、愛情にも見える。武自身の人への接し方が良く解かるものだと思う。何かの本で一度世話になった人がどんなに落ちぶれても、もし金に困ってたりしているのを聞いたら何とかして金を届けると言っていたとおり、北野武は人への感謝を忘れない義理堅い男なのだと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
28 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 こたつ 投稿日 2007/6/17
形式: DVD
HANA-BIを観る度、「言葉」に一体何ができるのかを考えさせられる。

青を基調とした物悲しい映像の中、必要最小限に抑えられた言葉と、
ちょっとした表情の変化、絶妙な間を挟みながら進行していくストーリー。
だからこそ時折放たれる言葉は、贅肉をそぎ落とし、
鋭く尖ったナイフのように観る者の心に突き刺さる。

この映画が日本だけでなく、世界中で支持された事が嬉しい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
22 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ハンチング 投稿日 2006/8/21
形式: DVD
漫才を武器に毒という言葉のマシンガンで日本中を狂わせ続けたビートたけしと、言葉を使わずに世界を魅了した北野武。
パッケージを見た時に私が抱いたこの映画のイメージは暗くて長そうという批判的な感想だった。しかし、HANA−BIを見た時、セリフの排除はこの映画に心地よく、あっという間に時間は過ぎていった。
所々にギャグも差し込んでいて、玉袋筋太郎が出演していたのにはビートたけしの親心が垣間見れた。
皮肉にもこの映画は金獅子賞を受賞した北野武というイメージが強すぎて内容を誰も評価出来ていないような気がする。ビートたけしの死後に再評価なんて事がないように是非、多くの人に見て欲しい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
18 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 beans 投稿日 2002/9/16
形式: DVD
人間としてどう生きるか?激しく淡々と進むストーリーのなかに一人の刑事の生き方が描かれています。
刑事が選択した生き方は限りなく美しくせつないもの。。
日本の景色の映像美とたけし監督の描いた絵が随所に出てきます。
そこから演出される監督の徹底した美意識と人間として深い問題を投げかけてくるストーリーによって、たけし監督の世界観にどっぷり引き込まれました。かなしいけれど伝える力の強いお話です。岸本加代子演じる妻との言葉少ない演技からも作品にリアリティーを感じました。
メイキングでは、たけし監督独特の映画のつくり方が伺えます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック