通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 クーニーズ
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 専用BOXケース、ディスク5枚になります。ディスクに再生に問題ない薄キズございます。コンディションは良好です。商品はAmazonの倉庫で管理され、ご購入後Amazon配送センターから、発送されますのでご安心下さい。
Amazon買取
最高買取価格

¥ 3,213
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 15,350
通常配送無料 詳細
発売元: take off
カートに入れる
¥ 15,500
通常配送無料 詳細
発売元: ☆けんつか堂☆ (迅速発送)
カートに入れる
¥ 15,505
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

H2 ~君といた日々 DVD-BOX


参考価格: ¥ 21,492
価格: ¥ 15,450 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 6,042 (28%)
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、MIKAMI【年中無休営業】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

おすすめ情報:DVD・ブルーレイ 冬のセール最大70%OFF(2015年1月29日まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1000円ブルーレイ 1枚1500円DVDどれでも3枚3090円ブルーレイ2枚3090円ジャニーズセール| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

H2 ~君といた日々 DVD-BOX + ウォーターボーイズ DVD-BOX
合計価格: ¥ 34,923

選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 山田孝之, 石原さとみ, 田中幸太朗, 市川由衣, 石垣佑磨
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 5
  • 販売元: メディアファクトリー
  • DVD発売日: 2005/06/10
  • 時間: 560 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6  レビューをすべて見る (37件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B0007WG6C2
  • EAN: 4935228050420
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 59,461位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容紹介

週刊少年サンデーに長期間連載されていた、あだち充の超人気コミック「H2」を演出・堤 幸彦、出演・山田孝之、石原さとみでTVドラマ化。映像特典付き全5巻DVD-BOXで登場!
【特典内容】
初回限定生産のDVD-BOXには、「H2」オリジナルベースボールキャップを同梱。
※限定品につき、数に限りがございますので、ご注文はお早めに。

【映像特典】(予定)
・制作記者発表
・メイキング映像
・キャスト・インタビュー
・スタッフ・インタビュー

【ストーリー】
中学時代、エースピッチャーだった国見比呂(山田孝之)は、医師から「ガラスの肘」と診断され、野球を断念。あえて野球部のない私立千川高校に進み、サッカー部に入部する。しかし、あるきっかけで再び野球への情熱に火がつき、古賀春華(石原さとみ)がマネージャーをつとめる、野球同好会に入る。そして、奇しくも野球名門校、明和第一高校に進んだライバル・橘 英雄(田中幸太郎)と試合することになる。そんな二人を見守る英雄のガールフレンド・雨宮ひかり(市川由衣)。一方春華は野球一筋の比呂が次第に気になる存在になっていく…。甲子園に夢をかける高校生の情熱と恋のストーリー。
《原作》 あだち充 「H2」(小学館刊)
《脚本》 関えり香、山崎淳也
《プロデュース》 市山竜次
《演出》 堤 幸彦、今井夏木 ほか
《主題歌》 『over…』K (Sony Music Records)
《スタッフ》 山田孝之、石原さとみ、田中幸太朗、市川由衣、石垣佑磨、中尾明慶、田丸麻紀、柳沢慎吾、七瀬なつみ、的場浩司、杉本哲太

Amazonレビュー

   TVドラマ版『世界の中心で、愛をさけぶ』で純愛の切なさを堪能させてくれた堤幸彦(演出)と山田孝之(主演)のコンビが、あだち充のコミックを原作とした青春ドラマで再びタッグを組んだのが本作。中学時代にチームメイトだった豪腕投手・比呂と強打者・英雄が甲子園で戦うまでが、比呂の幼なじみで今は英雄のガールフレンドのひかりや、比呂が属する弱小野球同好会を引っ張るマネージャーの春華を交えた四角関係の中で描かれる。
   前半の数エピソードは出来不出来の差が大きいのがいささか残念なところだが、原作譲りの王道展開とトボケた味に堤作品ならではのお遊びが加わって、まずは楽しめる出来映え。後半になると、比呂とひかりの“幼なじみ以上恋人未満”な関係が物語の切なさをぐっと盛り上げて、目が離せなくなる。山田のほか、石原さとみ、田中幸太朗、市川由衣といったフレッシュな若手俳優陣の健闘が印象に残る一作だ。(安川正吾)

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

13 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 "めるる" 投稿日 2005/3/29
すごくいいドラマでした!!!
このドラマは、原作ファンの人にはあまりウケがよくないと聞きますが…
たしかに少し野球の試合シーンなどに微妙なところはあるものの、ストーリーはおもしろいし、あだち充の作品のよさもでているし、配役も適任だったと思います!主題歌の「over...」もすごく切なくて、このドラマにぴったりでした。
ドラマはまた原作とはちがったおもしろさや感動があったので、ぜひ見てみてください☆また、最終話は原作にはなかった比呂と春華の恋の結末や4人の将来が描かれていて、それもよかったです!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2005/3/26
原作の内容と違う部分もありますが、原作そのままではなく平成版H2ということで上々の作品だったと思います。高校生時代にしか味わえないような恋愛感覚を微妙に表現できていて自分もハラハラドキドキでした。また、かつて野球をやっていた人には、試合のシーンは気になる所であったと思います。プレーをしている選手の細かいホームのぎこちなさや試合のシーンがやや少なくて試合の臨場感がもっとあれば、もっと最高だったのでは・・・。いずれにせよ。この作品には懐かしさと何よりもいつも何にも前向きで元気にしてくれるところが多々あったので大好きです。DVD-BOXの特典映像も楽しみにしています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 エンピツ 投稿日 2008/2/3
あだち充作品の実写化ってとても難しいと思います。なんか、濃いから。私には竹本孝之、伊藤さやか主演の「日陽たり良好」が一番あだち充の世界に近いなぁって思ってました。で、この作品もリアルタイムの時は「コレハあだち充じゃない」と思ったんですが…。再放送を何度も見るうち「これはこれでいいなぁ」と思うように。主演の山田孝之も初めは暗いかな…と思ったけど、原作のヒロも顔以外はけして爽やかじゃない。これを今人気の爽やか俳優が明るくハキハキと演じると…きっと軽くなるんだろうなって。山田孝之だからあだち充特有の濃くて古くさい台詞やヒロの明るくも暗くもない、爽やかでもない微妙な雰囲気を旨く演じれたのかな〜と思います。ぜひ彼の表情に注目してください。他の俳優さん(特に田中幸太郎さんも英雄そのもの)も良い顔してたし、H2現代版としてとても良かったです。多分あだち充の世界観を忠実に映像化すると、あまりに濃すぎてたぶんひいてしまいますよね。あれくらいのデフォルメでちょうど良いです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 TAKE☆ONE☆BASE 投稿日 2005/8/12
●Hiro、Hideo、Hikari、Harukaの4Hが織り成す青春ストーリー!
●再生時に字幕を表示することができ、聞き取りにくいセリフにイライラしていた方もこれで解消!
●メイキング映像でNGシーンがかなり見れると思ったが、石原さとみが「国見君」と言うのを「山田君」と言ってしまったシーンのみだったのはちょっと残念!しかし、出演者の素の部分を見ることができる特典映像は必見あれ!
●漫画のアニメ化と違い、ドラマ化は相当難しかったと思う。「H2」の雑誌連載が終わってから約10年の歳月がかかったという点でも、ドラマ化は容易ではないことが分かる。また、いい配役が見つかるまで時期を検討していたのかもしれない。
●原作を全て脚本化するのは不可能なので、必要最低限の部分を抜粋して、それにドラマらしいコメディーな部分と原作で消化不良だった完結にオリジナルストーリーを加えた完成度の高い作品だ。
●春華が「比呂!」と叫ぶシーンはドラマ史上最高と言っても過言ではない名シーンだ!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 さや 投稿日 2005/4/8
あだち作品独特の雰囲気がうまく出ていると思います。
とにかく2人のヒーローがかっこいいです。
笑えるし、泣けるしいいですねー。
H4の恋模様がTHE青春!って感じできゅんきゅんします。
はじめは不安だったドラマ化も成功だったんじゃないんでしようか?
漫画原作ものとしては驚くほど原作に忠実です。
あっここ!ここ!って漫画と見比べながら毎回見てました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
23 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ソコツ トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2005/3/20
サンデー連載当初からの原作の愛読者としては、いろいろ言いたいこともあるけれど、全体としては、満足なドラマ化であった。野球そっちのけの恋愛につぐ恋愛、だんだん加速していく月日の推移、ふつうの投球なのに、見た感じ微妙に魔球、キネ役の彼の、「ヤンキー母校~」を思い出させてしまう演技、しぼむキャッチャー、多面さを上手く発揮する的場さんにくらべてきわだつ、かなり不自然なタマルさんの暴走ぶり、などなど。だが、メインの四人が予想外なまでに適役なのが、とてもうれしいところである。雑誌の「読者の声」などをみていたら、「がっかり!」的な意見も散見されたが、私としては初回から、おお、ぴったりではないか、と喜びもひとしおであった。男子ふたりは、タイプの違うカッコのつけ方と内に秘めた悩みを、それぞれ合格点で表現しきっているし、石原さとみは、はじめあのハスキー声に言い知れぬ不安を感じたが、回を追うごとに「大人」になっていくから、この女優は恐ろしい。もう一人、実は最も無理があるなあ、と思っていたのだが、さすがにずっと観ていると、これがこのドラマの「ひかり」なんだと、いまでは納得している。もうちょっと、ある種の神々しさが、ほしかったのだけど。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック