Groovy がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,156
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 1,880
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: CD・DVDのタジマヤ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,260MP3アルバムを購入

Groovy Original recording remastered, Import, CD

5つ星のうち 4.5 37件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,580 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、eお買い物ドットコムが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:24¥ 557より 中古品の出品:6¥ 936より

Amazon.co.jp歴代ジャズベストセラー
2001年から2013年の12年間で蓄積した販売データほか各種データをもとに、Amazon.co.jp独自の方法で集計した「Amazon.co.jp歴代ジャズベストセラー100」。 Amazon.co.jp歴代ジャズベストセラー ランキング


Amazon の レッド・ガーランド ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。


よく一緒に購入されている商品

  • Groovy
  • +
  • Red Garland's Piano (Reis)
総額: ¥2,576
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2008/7/1)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Original recording remastered, Import
  • レーベル: Prestige
  • 収録時間: 40 分
  • ASIN: B001AHIW98
  • EAN: 0888072306523
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 37件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 26,345位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
8:19
アルバムのみ
2
30
6:42
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
3
30
4:39
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
4
30
9:33
アルバムのみ
5
30
7:10
アルバムのみ
6
30
3:41
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 

商品の説明

Album Details

This 1957 release put Garland on the jazz pianist map as he joined Paul Chambers and Art Taylor for his third recording as a leader.


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
レッド・ガーランドの名義のアルバムですが、ポール・チェンバースのウォーキング・ベースが聴き所だと僕は思っています。JAZZのベースの良さが分かるでしょうし、音がせまってくるようでもう最高の演奏です!
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sakiki 投稿日 2005/10/2
形式: CD
レッドガーランドの軽快なピアノもよいが、サイドマンがそれに劣らずよい。1曲目のポールチェンバースの芯があり転がるようなベース、アートテーラーのオーソドックスだが的を得たバッキング、それらが三位一体となった演奏を聴いてください。音質もよいです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
タイトル通りに本当に爽快な一枚。前倒しでドンドン転がっていくグルーヴィーなピアノに、後乗りのベースとドラムスが追っかけごっこをする。この三者の微妙なタイミングのずれがスゥインギーなサウンドを作り出している。ベースのポール・チェンバースの音が良く聞こえてサイコーだ。彼のリーダー作ベースオントップより、こっちのプレイの方が好き。一見(一聴?)フィリージョージョンズと間違えそうな位、やくざな乗りのドラムスのアートテイラーのプレイもカッコイイ。少し控えめのフィリージョーという感じだ。アートテイラーはトレーンのジャイアントステップスでも、ワイルドなドラムスを叩きまくっているけどね。リズムセクションとピアノの絡みを勉強するのにも、これは最適の1枚と言えるでしょうね。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 メロディックなピアノの職人”レッド・ガーランド”の"GROOVY(いかす、かっこいい)"は”デユーク・エリントン”作曲の"C JAM BLUES(ハ調変奏曲、ジャムはジャム・セッションのジャム)"で始まるこのレコードもこのユニークな写真ジャッケットとともに何処のジャズ喫茶でもよくリクエストされていた名盤の一枚です。”レッド・ガーランド”は奏法のよく似た”オスカー・ピーターソン”とそのファンを二分していたのではないでしょうか。ピーターソンのピアノトリオのレコードは非常に多いのですが、ガーランドのはそれに比べて少ないのです。しかしガーランドは最盛期の”マイルス・ディビス”をはじめとする錚々たるメンバーのレコード中でしっかりとそのメロディックなソロを披露していますので、そちらのファンも多いと思います。”レッド・ガーランド”は南部テキサス州ダラス生まれで子供の時から音楽を学んでいたのですが、ボクシングにも打ち込んでいて19歳の兵役除隊後はプロのボクサーにもなりました。戦績は30勝1敗だそうです。その後東部のフィラデルフィアにてジャズマンとしてデビューし、ニューヨークから演奏しに来た”マイルス・ディビス”とそこで知りあいました。またその頃近所には彼より若い、無名の”ジョン・コルトレーン”が住んでおりました。その頃彼は髪を赤く染めていたのでレッドという呼び名になり、ニューヨークに進出した彼は...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 JAZZに余り興味がなかった頃、ジャケットとタイトルがカッコ良くって思わず衝動買いをしてしまったアルバム。でもこれが良かった!1曲目のCジャムブルース。これにはまってしまった。とことん熱くはなく、印象はむしろクールなんだけど、音がグルーヴして弾むような感じが妙に気に入ってしまってJAZZを本格的に聴くキッカケとなりました。正に"Groovy"。タイトルに偽りなしです。肩肘はらずにリラックスして聴けることも秀逸。今でも我が家のへヴィーローテーションの内の一つです。コテコテのJAZZファン以外にむしろお薦め1作。いつもそばに置いておきたい素敵なアルバムです。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
この作品を聴くたびに感じるのは、この盤にふさわしいプライベートな空間を今まで持ったことがないということだ。結局のところは「ジャズ喫茶の会話禁止スペースでチビチビと酒を飲みながら」がベストだっただろうか。多くの人が名盤と認める本作は、3人の優れたテクニックと一体感が伝わるピアノトリオの聖典ともいえる。俗に「カクテル・ピアノ」と評されるガーランドだが、この心地良さを他に求めるとそれほど多くはいないと思う。全6曲というのは少ないようでいて、その実は適度な余韻を残す演出と解釈したい。"C Jam Blues"、"Will You Still Be Mine"、"What Can I Say"、"Hey Now"は鍵盤の上を転がるような軽妙なサウンドで惹きつけ、"Gone Again"、"Willow Weep For Me"ではゆったりしたリズムとブルージーなメロディで魅了する。チェンバースのベースソロが饒舌に陥っていないところも好感が持てる。秋の夜長にはまさにうってつけの一枚だ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック