この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

German Requiem Import

5つ星のうち 5 1 件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:5¥ 4,795より 中古品の出品:13¥ 500より



キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。


登録情報

  • CD (1998/9/30)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: EMI Classics
  • ASIN: B00000GCA3
  • EAN: 0724356695528
  • 他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 598,109位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
10:00
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
2
30
14:32
アルバムのみ
3
30
9:52
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
4
30
5:48
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
5
30
6:54
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
6
30
11:46
アルバムのみ
7
30
10:14
アルバムのみ

商品の説明

Amazonレビュー

This account of the German Requiem really is one of the great recordings of the century. Even today, Otto Klemperer's monumental interpretation with the Philharmonia Orchestra and Chorus, recorded in 1961, remains unmatched among readings that emphasize the spirituality of the score. Sober and sustained, but not unduly slow, it places Brahms on the continuum of German sacred music going back through Beethoven to Handel, Bach, and Schütz. Drawing committed playing and singing from his forces, Klemperer opens the door to the beauties of the music without fuss or fanfare. Both soloists are exemplary: Schwarzkopf's expressive portamento now sounds a bit dated in style, but her singing is characterful, while Fischer-Dieskau is a paragon of restrained expressiveness. The singing of the Philharmonia Chorus is especially beautiful. EMI has done a superior job of remastering the original recording. Balances and tone quality are quite fine, and the spacious Kingsway Hall ambience conveys with lifelike immediacy. Compared with previous CD incarnations, there is new depth to the image and better resolution of detail--the weight of the organ can really be felt, as can the timpani strokes in "Denn alles fleisch es ist wie gras," and one finds greater presence and definition in the chorus and considerably more richness of tone in the orchestra. There is still some distortion in the climactic moments; for example, what sounds like tape saturation frizzes a couple of the big Beethovenian choral proclamations at the end of "Denn alles fleisch es ist wie gras." Such things are but a small blemish on what is an absolutely ravishing restoration of one of the most valuable recordings of the stereo era. --Ted Libbey

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 sasabon #1殿堂トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/3/13
形式: CD
ブラームスのドイツ・レクイエムは説明不要の名曲です。全7楽章、1時間以上かかる全曲を聴きとおすことはあまりありませんが、時間のあるときはしっかりと傾聴するに値する素晴らしい宗教曲です。

このクレンペラー盤は1961年の演奏ですが、半世紀経た現在でもこの演奏を第1に挙げたいと思うほどの優れた演奏です。LP時代に相当聞き倒したわけですが、その印象はCDになっても全く変わりません。フィルハーモニア合唱団の迫力ある合唱は胸を打ち、クレンペラーの真摯な性格そのままのケレン味のない王道とも言える演奏が展開されています。

中間部の第4楽章の美しい合唱を聴くにつれ、ゾクゾクとした感動が襲ってきます。ドイツ・レクイエムのクライマックスとも言える第6楽章のフーガの堂々たる構成と圧倒的な迫力。言葉がありません。合唱の迫力と引き換えにがなる傾向にあるのが現代の水準から見ると少し残念です。

バリトンのディートリッヒ・フィッシャー=ディースカゥは、収録時は36歳でした。とても上手いですし、若々しいストレートな表現が好みです。晩年はともすれば技巧に走りがちだったフィッシャー=ディースカゥですが、流石に20世紀随一と言われるバリトン歌手の全盛期の歌唱です。他の盤のソリストを圧倒する卓越した素晴らしい歌唱には、ただ拍手のみです。
ソプラノの
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック