数量:1
~【Amazon.co.jp限定】Wizardry... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆動作確認済み☆ケース・説明書・ソフトになります◇ケースに多少のスレと凹みがあります◇説明書の裏表紙にヨレがありますがきれいです◇ソフトきれいです◇アルコールクリーニング後クリスタルパック包装後、剥がせるタイプの管理シールを貼付◇通常配送料無料◇アマゾン専用商品にてアマゾン配送センターより安心・丁寧・迅速なご提供◇お急ぎ便(プライム)・代引・ コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払いもご利用できます。よろしくお願いします。
買取サービス
最高買取価格

¥ 1,240
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,900
+ ¥ 350 関東への配送料
発売元: おじゃま堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

~【Amazon.co.jp限定】Wizardry ~~忘却の遺産~~~

プラットフォーム : Nintendo DS
CEROレーティング: CEROレーティング審査中
5つ星のうち 2.6 68件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,378
価格: ¥ 4,250 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,128 (21%)
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、wino999が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 3,250より 中古品の出品:12¥ 2,150より

Amazon ゲーム買取サービス 現在の買取価格:¥ 1,240
「~【Amazon.co.jp限定】Wizardry ~~忘却の遺産~~~」を、アマゾンが最大¥ 1,240で買い取ります。 アマゾンで買ったもので無くても、買取申込可能。 1点からでも送料無料で自宅まで集荷にお伺いします。 Amazon ゲーム買取サービスについてもっと見る。
中古価格¥ 2,150
買取価格¥ 1,240
差額¥ 910


キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」はお付けしておりません。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。

  • 注記: 「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • Amazon.co.jp限定: ここでしか手に入らないAmazon.co.jp限定TVゲーム/Amazon.co.jp限定特典付TVゲーム を今すぐチェック


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • ~【Amazon.co.jp限定】Wizardry ~~忘却の遺産~~~
  • +
  • ~【Amazon.co.jp限定】Wizardry ~~生命の楔~~~
  • +
  • ウィザードリィ アスタリスク ~緋色の封印~
総額: ¥15,269
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B003EQ3GZI
  • 商品重量: 499 g
  • 発売日: 2010/7/29
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.6 68件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 14,508位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

商品紹介

2009年11月に発売されたDS用ソフト『ウィザードリィ ~生命の楔~』の続編。全部で3つのダンジョンが用意されており、ダンジョン内へのセーブポイント設置や高速移動の追加などでより遊びやすくなっている。前作での既存のキャラクターが廃止され、本作では最初からプレイヤー自身が作成したキャラクターでオリジナルパーティーを編成可能。タッチペンを使ってさまざまな仕掛けを解いていくリアルタイム制ダンジョンをはじめ、攻撃や呪文のエフェクトがカットされ、メッセージも早送りされる"FASTモード"、ターン中に使用される呪文とアクティブスキルの組み合わせによって発動できる"連携攻撃"、遭遇したモンスターや冒険の記録、マニュアルなどを確認できる"アチーブメント"など、ダンジョン探索の面白さを追求したさまざまなシステムが搭載されている。

http://dol.dengeki.com/

Amazonより

「Wizardry」は、1981年に生まれたRPGで、コンピュータRPGの始祖とされる、世界的な人気作です。
本作は、深いダンジョンに潜って迷宮探索を楽しむ3DダンジョンRPGです。ニンテンドーDSならではのしかけを取り入れつつ、「Wizardry」らしい世界観やシステムを踏襲した冒険をお楽しみください。

本作「Wizardry ~忘却の遺産~」は、「Wizardry」のブランド価値の維持やコンセプト、世界観の統一性を高めるWizardry Renaissanceプロジェクトの新作です。前作の「Wizardry ~生命の楔~」を踏襲しつつ、前作のユーザーの方々からのご意見を可能な限り反映させ、より「Wizardry」らしく、より快適に遊べる「Wizardry」となって新登場いたします。

Wizardry Renaissanceとは?
Wizardry Renaissanceは、現在の版権所有者である株式会社IPM主導で、Wizardry世界を新たに再構築し、ブランド価値を維持、高めようというプロジェクトです。
キャラクターメイキング
前作「Wizardry ~生命の楔~」で存在した固定のキャラクターは廃止され、最初からプレイヤー自身がメイキングしたキャラクターでオリジナルのパーティをつくり、冒険することができます。プレイヤーの自由度が広がるキャラクターメイクにより「Wizardry」ならではの冒険を楽しむことができます。
モンスター
モンスターデザインは、「Wizardry」シリーズでおなじみの末弥純氏をはじめとする豪華イラストレーター陣に加え、新規モンスターデザインに二見敬之氏も参戦!本作用に描き起こされた新しいモンスターも含め、190体以上のモンスターが冒険者たちを襲います。
ダンジョン
本作のメインとなるダンジョン探索。下画面にはダンジョンが3D表示され、上画面には踏破済みの箇所がオートマッピングされます。本作では複数のダンジョンが冒険者たちを待ち構えています。
ダンジョン内にセーブポイントが設置され、わざわざ街に戻らなくともゲームをセーブすること可能です。
また、高速移動が可能になり、ダンジョンの探索もより快適に。
戦闘
モンスターに遭遇すると、戦闘を行なうことになります。
戦闘は、前作「Wizardry ~生命の楔~」のシステムを踏襲しつつ、遊びやすさを向上させています。

●メッセージの自動送り
イベントや戦闘終了後などのメッセージをボタンを押し続けることで自動送りすることができます。

●FASTモード
戦闘中に「FASTモード」(早送り)に切り替えることができます。「FASTモード」中は、攻撃や呪文などのエフェクトがカットされ、メッセージも1ターン分が早送りされます。頻繁なボタン入力を必要としないため、軽快に戦闘を進めることができます。戦闘を慎重に進めたいときは、いつでも解除することができます。

●連携技を戦略的に使用可能に
戦闘中、1つのターンの間に使用される呪文とアクティブスキルの組み合わせによって、「連携攻撃」と呼ばれる強力な技が発動することがあります。予告演出が終了するまでの間にボタンを押すと、連携が発動します。予告演出はすぐに終了してしまうため、瞬時の判断が必要です。
リアルタイム制ダンジョン
ダンジョン内は、タッチペンを使い石像を動かすことで扉を開いたり、燃えさかる炎をタイミングを計って通過するなどの様々な仕掛けが用意されています。よりバリエーション豊かになった仕掛けや罠、謎解きが緊張感溢れるダンジョン探索を実現します。
アチーブメント
ダンジョンで遭遇したモンスターや、各種記録は、新要素"アチーブメント"でいつでも確認することができます。

●冒険の記録
ダンジョンの探索時間や、戦闘回数など、ゲームに関する様々な記録を確認できます。

●モンスター図鑑
これまでに倒したモンスターを一覧することができます。戦闘に勝利すると、随時図鑑に追加されていきます。モンスター図鑑はゲームエンディング後も、 未だ見たことの無いモンスターを探し出し、モンスターコレクションを楽しむことができます。

●TIPS
TIPSは、ゲーム内の簡易マニュアルです。ゲームを進めていくと、時折TIPSによる説明を受けることができます。これらをスキップすることも可能ですが、後から確認したくなった際に、ここで見ることができます。


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
…前作「生命の楔」と同じ舞台で、ストーリーに関連性があると言うのにこのような表題にしたのは
本作がいわば「生命の楔バージョン1.2」程度の出来に留まっているからです。

宣伝文句にもあるユーザーインタフェース・プレイアビリティの改善点等は、現在殆どのダンジョンRPGで
「最初から搭載されていて当然」レベルのもの。殊更に高く評価すべきことでもありません。
Bボタン押しっぱなしの高速移動にしても対応しているのは前進のみ。LRのカニ歩きと後退は通常速度のままです。
バトルログの「FASTモード」にしろ、エフェクトの有無はゲーム内でも変更可能なコンフィグに割り振って
あとは任意のボタン押しっぱなしで高速ログ送り可能にすれば良かっただけの話ではないでしょうか。
代わりに前作に存在していた通常攻撃のオートが消滅。当然コマンドリピートもありません。
ソフトリセットすらなし。レベルアップの際に上昇しにくいステータスの吟味にいちいち電源を切る始末。
顔グラフィックをオフにするとその欄がただ空白になるだけです。職業アイコンぐらい用意できなかったものでしょうか?

ダンジョンについては序盤は長い長いチュートリアル。そしてNPCが説明役。
前作を体験しているとリアルタイムトラッ
...続きを読む ›
コメント 213人中199人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
今作のモンスターの出現率はテストプレイで調整してないのでしょうか?
バグってことはないとは思うのですが。
ある階層では、2、3歩ですぐ敵が出現します。
盗賊の忍び足を使っても、全く効果ありません。正直、うんざりしました。
他の階層でも、異常と思えるくらい頻繁に敵が出現しました。
また、宝箱の空(ゴールドのみ)の率も前作より上がっている気がします。
せっかく戦ったのに、ゴールドのみとは・・・。
さらに、弱い敵でも平気でクリティカルヒット(首ではなく大ダメージ)出してきます。
素早さが上がっていても、敵の大半が攻撃してから全体魔法がやっとかかる始末。
ウィザードリィの名前がないダンジョン探索ゲームならいいかもしれませんが、
ウィザードリィの名前をつけている以上、がっかりさせられたということで
星1つとしました。
コメント 124人中116人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
Amazonで購入
システムもグラフィックも前作からほぼ変化なし。(舞台が同じなので基本的に新規除くNPCまでそのままです)
改善された点といえばフリーキャラになった点と教会での「結果込みの」蘇生前強制セーブ撤廃くらい。

あまりに悲しい出来ですね。
「きっと、前作よりはよくなってるよ!」と期待して買ってみたもののガッカリです。

同意見多数ですがエルミナージュ2のほうがあらゆる意味で面白くそしてウィザードリィです。買うならそちらの方を御一考くださいませ。
コメント 94人中85人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
普通のダンジョンRPGとして見ると凡作以下、ウィザードリィとして見るなら核爆弾級の地雷です
多分スタッフ達はウィザードリィをプレイしてこれを作ったのではなく、世界樹の迷宮や女神転生を参考にして作ったのではないでしょうか
プレイして最初に気づくのがテンポの悪さです。あらゆる場面で暗転、ウエイトが挿入され、ほんの一瞬だが画面が止まったりするのがこのゲームでは普通。まさに本家ウィザードリィのようなキビキビしたインターフェイスとは正反対の作り
戦闘はオートバトルが無いくせに、ボタン押しっぱなしにしてもコマンドの決定などが異常に遅いので、弱い敵との戦闘はまさに苦行

PS時代中期のRPGなら凡作ですが、DSでしかもウィザードリィというタイトルでこれは無い。焼却処分にしましょう
コメント 37人中34人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 N.YU 投稿日 2010/7/30
20数年前、FC版をプレイしていた時のドキドキ、ワクワクな気持ちはもう二度と味わえないのか…どうしてこうも裏切られてしまうのでしょう?開発者はいかにして安く開発し、儲けを出すかしか考えてないように思えてしょうがない。前作と同じ舞台とはいえ、音楽、グラフィックの使いまわしがあまりにも多くて手抜きもいいこと。通販限定とはいえ、昔からのファンを馬鹿にしてるね。開発者はここのレビューを見てるのでしょうか?ハードが進化した分、ソフトも進化が必要なのはわかるがこれは間違った進化だと思う。ウィズではなく、もっと違った名前を付けとけばここまで言われる事はなかっただろうに…
コメント 107人中96人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告

最近のカスタマーレビュー