Amazon Kindleでは、 GOSICKs ──ゴシックエス・春来たる死神── 角川文庫 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 637
通常配送無料 詳細
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
GOSICKs-ゴシ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

GOSICKs-ゴシックエス・春来たる死神ー (角川文庫) 文庫 – 2010/3/25


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

GOSICKs-ゴシックエス・春来たる死神ー (角川文庫) + GOSICKs II ゴシックエス・夏から遠ざかる列車 (角川文庫) + GOSICKs III ゴシックエス・秋の花の思い出 (角川文庫)
合計価格: ¥ 1,788

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

1924年、春。ヨーロッパの小国ソヴュールに、極東から留学してきた久城一弥は孤独である。不慣れな環境、言葉の壁、クラスメイトの間で囁かれる不吉な言い伝え“春やってくる旅人が死をもたらす”…そして噂どおり起きてしまった殺人事件。容疑者として絶対絶命の危機に陥った一弥に気まぐれな救いの手をさしのべたのは、図書館塔に篭もる謎の少女だった―。世界を変える出会いの瞬間を描く、名作ミステリ外伝短編集。

著者について

2000年デビュー。04年『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』が、ジャンルを超えて高い評価を受け、07年『赤朽葉家の伝説』で日本推理作家協会賞を受賞。08年『私の男』で第138回直木賞受賞。

登録情報

  • 文庫: 318ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/3/25)
  • ISBN-10: 4044281092
  • ISBN-13: 978-4044281090
  • 発売日: 2010/3/25
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 44,563位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

10 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 めのたん 投稿日 2010/8/19
形式: 文庫
偶然本屋でこの角川版を見かけて、タイトルと表紙に惹かれ購入しました。
自分としては「大当たり!」と言えるくらい楽しかったです。

謎解きももちろんですが、ヒロインのヴィクトリカが今まで読んできた
どの小説やマンガでも見かけなかったタイプの女の子だったので、そこも良かった。

他の巻のレビューでは、富士見ミステリー版から読まれてる方などもいらっしゃいます。

ですので、「表紙のイメージが違う」という指摘をされる方もいますが
私は、自分で読み進めていくうちに想像したいタイプなので、こちらから読めて良かったです。

先にビジュアルで見てしまうと、もうそのイメージでしか読めない気がするので…
アニメ化するようなので、そっちはそっちで楽しみたいです。

話は絶対に面白いので、角川版から読んで
あなたなりのヴィクトリカと久城一弥を作り上げていただくのも一興かと。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 caritas77 投稿日 2013/11/17
形式: 文庫
中南欧のある小国の話です。アルプス山脈の麓に寄宿制の学校があって、建物の図書館塔の屋上に奇怪な人物が住んでいました。

1909年生れ15歳の日本人留学生は、その人物と出会うことになります。15歳の少女ですが、授業に出ることもなく図書館に一日籠りっきりで、大量の本を読んでいます。

事件が幾つか起こります。そのたびごとに、件の少女が謎解きをします。

連作の導入部分だとのこと。面白くなるのではないでしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ミノー トップ1000レビュアー 投稿日 2010/11/17
形式: 文庫
 シリーズ5作目で初めて、主人公ふたりの出会いに時間軸が戻ります。つまり今巻の
『GOSICKs』の『プロローグ』⇒巻末の『序章』⇒『一〜五章』の順に読むと、
第1作冒頭に繋がる…という具合です。

 今巻は一冊にいくつもの事件が収められているのですが、
ちょっとトリックに無理があるというか、出来が不十分というか…

 まず『第一章 春やってくる旅人が学園に死をもたらす』では、
トリックが(昔日本で実際に起こった事件なので)簡単過ぎる上に、犯人の動機が不明。

 『第二章 階段の十三段目では不吉な事が起きる』では、
ihsuoyb直前のojuohsがokotooniadをuresarumenまではともかく、esaseagikてiatiとureakeri?
iketukoyriatにirum!(ネタバレしても構わない方は、ローマ字を逆から読んで下さい)
そしてやはり犯人の動機が想像の域を出ない。

 『第三章 廃倉庫にはミリィ・マールの幽霊がいる』、
『第四章 図書館のいちばん上には金色の妖精が棲んでいる』はヒントあり過ぎ。

 『第五章 午前三時に首なし貴婦人がやってくる』では、
私も油絵をやっ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
23 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 紅尿瓶のスットコチッペ  投稿日 2010/4/24
形式: 文庫
 あの綺麗な絵はどこいったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

 面白最高作者のあとがきはぁぁぁぁぁぁぁ

 どこにいったぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

 教えてくれヴィクトリカ
 俺たちはあと何回狛犬と新刊を待てばいい
 作者は何も言ってはくれない
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック