¥ 720
通常配送無料 詳細
通常2~3週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

GAME NOVELS キングダム ハーツII Vol.4 Anthem-MeetAgain/Axel Last Stand 単行本 – 2007/2/22


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 720
¥ 720 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

GAME NOVELS キングダム ハーツII Vol.4 Anthem-MeetAgain/Axel Last Stand + GAME NOVELS キングダム ハーツII Vol.3 Tears ofNobody + GAME NOVELS キングダム ハーツII Vol.2 The Destruction of Hollow Bastion
合計価格: ¥ 2,160

これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

【カイリや友だちを救うため、旅を続けるソラ。王様との再会を願うドナルドとグーフィー。「出会い」と「別れ」が紡がれる感動の最終巻。】

登録情報

  • 単行本: 216ページ
  • 出版社: スクウェア・エニックス (2007/2/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757519648
  • ISBN-13: 978-4757519640
  • 発売日: 2007/2/22
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.3  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 146,464位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ゴット 投稿日 2007/10/25
形式: 単行本
作品全体を通して、時系列がバラバラだったり、端折っている部分が多々ありました。
それもオリジナリティの一つだと思うのですが、原作(というかゲーム本編)の余韻そのままに読むと少し拍子抜けしちゃいます。
文章では表現しづらいとは思うのですが、バトルの描写が少なく、機関のメンバーの魅力が全くと言っていいほど見えないというか・・・
そこがちょっと残念でした。

でもその反面、ナミネやアクセルなどの本編では表現されなかった心理描写や行動などが書かれていて、見えなかった部分が補完できました。
特に、アクセルの件は涙が出ちゃいました。凄く良かったです。

なので半々ていうことで、3つで。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
30 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ヤヤ 投稿日 2007/2/27
形式: 単行本
ホロウバスティオン三周目から始まり、EDまで駆け足、すぱっと一息に。
ほんとうに急ぎ足なのです。めまぐるしく変わる場面、主格、心情。
読んでいるというより、ついてこないと置いてくぞ、とずるずる引っぱられる感覚でした。
やはり描写がひどく薄いのが残念でなりません。KH世界のあの空気は、何よりの魅力なのですから。
ディズニーの世界をもっと旅したい!と願ってしまいます。
もちろん限られた紙面だと重々わかってはいるのです。
けれどゲームとは一味違う表現をすることができる『小説』という媒体が勿体無いと、どうしても思ってしまいます。

悩んだり、苦しんだり、それでも自分の信じるものを曲げずにいた人達の葛藤を
ただ感じるだけ悩むだけで終わらせてほしくなかったのです。
主人公のソラはもちろん、リク、カイリ、ナミネ、ロクサス、アクセル、ディズ、ゼムナス、機関。
多くの想いが複雑に絡まり、より強きものだけが残る結果がもたらすものから逃げないでほしかった。
もっと詳しく、克明に書いていただきたかった。ゲームとまるきり同じに書くのは、勿体無い!
モノローグの多さと単調ともとれる書き方は、『小説』として最後まで受け入れることができませんでした。
本屋さんで大量に積まれた
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
27 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 寒天 投稿日 2007/3/11
形式: 単行本
思わず初めてレビューを書いてしまうくらい。

なぜこの人が著者に選ばれたのでしょうか?

ゲーム(アニメ?)のノベライズを専門的にやってる方らしいですが、

原作の魅力抜きでほめられる部分がありません。

この人が長けている(といっても他の部分に比べればの話)のは、

悩める心理描写程度で、世界をまったく描けていないのは致命的です。

読後に違和感、消化不良感が残り、すこしもすっきりしないのです。

巻を重ねれば良くなるかと我慢してきましたが、もういいです。

Disneyはこれを良しとしているのですか?

もっと実力のある人に書いてもらいたいです。

イラストが星5つ、小説はマイナス3つ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック