通常配送無料 詳細
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
GAME NOVELS Ӟ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★年中無休・代引対応・局留対応・返品保証★日本郵便のゆうメールにて埼玉県より毎日発送させていただきます。配送は平日のみ、追跡番号ございませんのでご了承ください。局留めご希望の場合は、お届け先ご住所を郵便局の住所にして頂き○○郵便局留めとご記入下さい。特に記述の無い場合、帯や初回特典等は付属しません。商品状態の詳細なお問合せはお受けできませんので、ご注文後納得いただけなければAmazonを通じて返品ください。恐れ入りますが併売商品もございますので在庫切れの際は速やかに返金をさせて頂きます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

GAME NOVELS キングダム ハーツII Vol.3 Tears ofNobody 新書 – 2006/9/29


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 720
¥ 720 ¥ 1

¥ 720 通常配送無料 詳細 4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

GAME NOVELS キングダム ハーツII Vol.3 Tears ofNobody + GAME NOVELS キングダム ハーツII Vol.4 Anthem-MeetAgain/Axel Last Stand + GAME NOVELS キングダム ハーツII Vol.2 The Destruction of Hollow Bastion
合計価格: ¥ 2,160
ポイントの合計:  51pt (2%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

レオン、シド、ユフィ、エアリス。かつてともに戦った仲間たちとホロウバスティオンで再会したソラ、ドナルド、グーフィー。彼らに導かれ、ソラたちは本物の賢者アンセムの存在を知った。そして彼に出会えれば世界の真実に近づけると王様はいう。それもつかの間、街には新たな危機が迫っていた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

金巻/ともこ
1975年6月16日生まれ。横浜市出身。ゲーム攻略から小説まで幅広く手がけるフリーライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 新書: 232ページ
  • 出版社: スクウェア・エニックス (2006/9/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757517920
  • ISBN-13: 978-4757517929
  • 発売日: 2006/9/29
  • 商品パッケージの寸法: 4.2 x 1.6 x 0.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 79,434位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
1
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

25 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ヤヤ 投稿日 2006/10/1
形式: 新書
ホロウバスティオン2周目から物語は始まります。
リク、ナミネ、アクセルの心情と行動を中心にソラ達の旅(ゲーム中のを簡潔にまとめたもの)、機関やディズ、ディズニーキャラ、FFゲストキャラの胸中が描かれています。
今回はメインキャラであるロクサスとカイリは登場しません。

作者様のスタンスなのか、相変わらずKHの売りである世界それぞれの空気の質感や情景は薄いのですが、わかりやすい書き方をして下さっているのだと割り切ってしまえばそれほど苦にはなりません。
ゲーム中で説明されなかった背景が明かされることを期待していた身としては、残念です。
ソラ達が眠っていたポッドは誰が作ったか(それらしい描写があると感じたのは私の勘違いでしょうか)。本体とノーバディが近付くとどうなるのか(次回配本で今度こそ明らかになってほしいです)などなど。
ゲームの小説ですからそこまで望むのは欲が深いとわかっていても、大好きな作品だからこそより深く知りたいということがたくさんあります。折角の『小説』という媒体が勿体無く思います。
そして肝心のキャラクターといえば。危惧していたことが現実になりました。
登場人物の心性を理解しやすいようにとの作者様の心遣いを好ましく思っていましたが、今度ばかりは仇となっています。多くの魅力的な登場人物
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック