Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
From Ostpolitik to Reunification: West German-Soviet Political Relations since 1974 (Cambridge Russian, Soviet and Post-Soviet Studies)
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

From Ostpolitik to Reunification: West German-Soviet Political Relations since 1974 (Cambridge Russian, Soviet and Post-Soviet Studies) [ハードカバー]

Avril Pittman

価格: ¥ 13,330 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
ハードカバー ¥ 13,330  
ペーパーバック ¥ 6,049  

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報

  • 本とまとめ買いで割引 対象商品最大5000円OFF「PCソフト」

  • 掲載画像とお届けする商品の表紙が異なる場合があります。ご了承ください。


商品の説明

内容説明

With the signing of the Moscow Treaty in 1970, West German-Soviet relations came to the forefront of world politics. Two decades later, the historic opening of the Berlin Wall and German reunification once again focused world attention on the Federal Republic's relations with the USSR. This book explores the development of this relationship from the perspective of West Germany. Dr Avril Pittman outlines the main events after the Second World War and then focuses on four issues central to this relationship in the 1970s and early 1980s. She explores family reunification and emigration rights for ethnic Germans living in the Soviet Union; the central role of Berlin and the reasons why the city persisted as a serious bilateral problem; the triangular relations between West Germany, the Soviet Union and East Germany; and the significance of the Soviet intervention in Afghanistan which led to a sharp deterioration in East-West relations.

Book Description

This book explores the development of relations between West Germany and the Soviet Union. Avril Pittman examines from a West German perspective four issues central to this relationship in the 1970s and early 1980s. She looks at the position of ethnic Germans living in the Soviet Union; the central role of Berlin; the triangular relationship among West Germany, the Soviet Union and East Germany; and the effects of the Soviet intervention in Afghanistan. In her concluding chapter, the author outlines the historic opening of the Berlin Wall and the reunification of Germany and assesses the extent to which they represent a continuity in West German-Soviet relations.

登録情報


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本の別エディションの内容をブラウズ・検索
書き出し
Allied wartime co-operation was born out of the need to defeat the Axis Powers, Anglo-Russian military co-operation beginning in June 1941 when Germany attacked the Soviet Union, and the United States becoming the Soviet Union's ally after the attack on Pearl Harbor. 最初のページを読む
その他の機能
頻出単語一覧
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック