Amazon Kindleでは、 Flags of Our Fathers をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 3,276
通常配送無料 詳細
通常2~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
Flags of Our Fathers がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Flags of Our Fathers (英語) ハードカバー – 2000/5/2


19個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 3,276
¥ 3,004 ¥ 397
カセット, Abridged, Audiobook
"もう一度試してください。"
¥ 5,789 ¥ 4,000


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています



商品の説明

内容紹介

In this unforgettable chronicle of perhaps the most famous moment in American military history, James Bradley has captured the glory, the triumph, the heartbreak, and the legacy of the six men who raised the flag at Iwo Jima. Here is the true story behind the immortal photograph that has come to symbolize the courage and indomitable will of America.

In February 1945, American Marines plunged into the surf at Iwo Jima—and into history. Through a hail of machine-gun and mortar fire that left the beaches strewn with comrades, they battled to the island's highest peak. And after climbing through a landscape of hell itself, they raised a flag.

Now the son of one of the flagraisers has written a powerful account of six very different young men who came together in a moment that will live forever.

To his family, John Bradley never spoke of the photograph or the war. But after his death at age seventy, his family discovered closed boxes of letters and photos. In Flags of Our Fathers, James Bradley draws on those documents to retrace the lives of his father and the men of Easy Company. Following these men's paths to Iwo Jima, James Bradley has written a classic story of the heroic battle for the Pacific's most crucial island—an island riddled with Japanese tunnels and 22,000 fanatic defenders who would fight to the last man.

But perhaps the most interesting part of the story is what happened after the victory. The men in the photo—three were killed during the battle—were proclaimed heroes and flown home, to become reluctant symbols. For two of them, the adulation was shattering. Only James Bradley's father truly survived, displaying no copy of the famous photograph in his home, telling his son only: "The real heroes of Iwo Jima were the guys who didn't come back."

Few books ever have captured the complexity and furor of war and its aftermath as well as Flags of Our Fathers. A penetrating, epic look at a generation at war, this is history told with keen insight, enormous honesty, and the passion of a son paying homage to his father. It is the story of the difference between truth and myth, the meaning of being a hero, and the essence of the human experience of war.

レビュー

"The best battle book I ever read. These stories, from the time the six men who raised the flag at Iwo Jima enlisted, their training, and the landing and subsequent struggle, fill me with awe."—Stephen Ambrose

登録情報

  • ハードカバー: 384ページ
  • 出版社: Bantam (2000/5/2)
  • 言語: 英語, 英語, 英語
  • ISBN-10: 0553111337
  • ISBN-13: 978-0553111330
  • 発売日: 2000/5/2
  • 商品パッケージの寸法: 16 x 2.7 x 23.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 洋書 - 820,362位 (洋書のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
書き出し
IN THE SPRING OF 1998, six boys called to me from half a century ago on a distant mountain and I went there. 最初のページを読む
その他の機能
頻出単語一覧
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 テニスヤロウ 投稿日 2006/10/31
形式: マスマーケット
私は、この本を読んであらためて戦争の恐ろしさ、生き残った兵士への戦争体験の影響について考えさせられました。日本軍、米海兵隊の戦い様の生々しさと、とても若い兵士達の無念さが伝わった着ました。作者の父親が硫黄島の戦いについてマスコミに語りたくなかった気持ちも良くわかります。あまり難しい英語で書かれていたなので是非英語の原文で読んでいただきたいと思います。映画を見るのがとても楽しみです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 戦争映画小僧 投稿日 2007/2/10
形式: マスマーケット
 私は映画を見てから本書を読みました。順序としても、その方がよかったかなと思います。クリント・イーストウッドもうまく映画化したのではないでしょうか。
 3つの手紙というのは、映画のHP上にある「クリント・イーストウッドからの手紙」、本書の中の後半にある「孫娘から著者の父親(おじいちゃん)への手紙」及び「著者から父親への手紙」を指します。作者が言いたかったのは、この3つの手紙に凝縮されていることではなかったかと推測します。
 6(7)名のflagraiserのうち、3名のみが生還するわけですが、1名は酒で命を落とし、1名は妻の名誉欲のため犠牲になり、著者の父親のみが葬儀屋を経営し真っ当な人生を送ります。しかし、決して硫黄島の戦いを口にすることはなかった。著者は機会をみて何回も父親に聞こうとするが…。ただ、著者の兄に対して父親は一度だけ真実を告白します。そこには衝撃的な事実が…。おそらく私もこのフレーズは忘れることはないでしょう。戦争という現実がこの会話に凝縮されています。
 著者は日本に留学し、日本びいきになり、友人を自宅に招きますが、父親は息子の友人として日本人を受け入れます。私が父親の立場でれば、そのようにできるだろうかと考えてしまいました。
 戦死した3(4)名の中には、米海軍の艦砲射撃により命を落とした人もいた事実も記されており、現実の
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
形式: マスマーケット Amazonで購入
 第二次世界大戦末期の硫黄島の戦いですり鉢山に星条旗を立てる瞬間をとらえた有名な写真がある。このノンフィクションは衛生兵として戦いに加わった作者の父と、ともに写真に写った兵士を中心に、その生い立ちや戦いの有様、生き残ったその後の人生を描いている。
 普通の若者たちが、訓練を受け、勇敢に戦ったこと、その戦いの悲惨さ、その後の苦しみを描いて感動的な作品となっている。
 残念なのは、日本の軍人の残酷さを描くために、南京事件に触れている部分です。最もひどい部分は、おおむね次のような記述です。
「妊婦たちは殺戮場へ連れて行かれ、日本人たちは、刀によって切り裂かれた母親たちの子宮から転がり出る胎児の性別を賭けの対象にした。他の場所では、酔った兵士たちが、笑いながら赤ん坊を投げあげて、それを他の兵士たちが銃剣で串刺しにした。犬たちは道端の死体を食べ過ぎて歩けなくなるほどだった。」
 南京事件の実態については明らかではないが、この記述は余りにも残酷で、私には信じ難い。作者は日本の誤った教育によるものだと書いているが、それにしてもこのノンフィクションがベストセラーであり、多くの米国人に「事実」として記憶されることについては残念でならない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック