Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Fidelio
 
その他のイメージを見る
 

Fidelio [Import]

John Vickers , Covent Garden Royal Opera House Orchestra , Hans Hotter , Joseph Ward , Ludwig van Beethoven CD
5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 3,984 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
~お買い得情報~【最大70%OFF】ミュージック 春のキャンペーン (4/28まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF!国内盤バーゲン【輸入盤】どれでも3点で10%OFF【NOT NOW MUSIC 輸入盤セール】【クラシック 輸入盤】 membran BOXシリーズ【ALL991円】売れ筋輸入盤ミュージックブルーレイ&DVDセール 最大70%OFF| ※マーケットプレイスの商品はセール対象外となります。

キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • 指揮: Otto Klemperer
  • 作曲: Ludwig van Beethoven
  • CD (2004/1/13)
  • SPARSコード: DDD
  • ディスク枚数: 2
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Testament UK
  • ASIN: B0000X81X0
  • EAN: 0749677132828
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 音楽 - 751,143位 (音楽のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

Amazonレビュー

This live-from-Covent Garden performance, taped in February of 1961, challenges Klemperer's 1962 studio recording on EMI, also with Vickers and Frick, but with otherwise different soloists, for the supreme position among recorded versions of Fidelio. As usual with Klemperer, tempi are broad, but there's no lack of tension, and his singers, all in superb voice (except for the somewhat wobbly bass Hans Hotter as Pizarro, who nonetheless is frightening and a major force in the role), are as involved in the message of the work as they are in their individual notes. Vickers is riveting, offering a sad, resigned, noble and, at the same time, heroic Florestan, and soprano Sena Jurinac is the picture of strength, compassion, and dignity as Leonore. Dobson and Morison are a fine pair of youngsters, and Gottlob Frick makes Rocco come vividly to life: a good man, doing a bad job. After an exciting performance of the Leonore Overture No. 3 (which should be skipped for maximum dramatic impact) between the dungeon scene and finale, the opera's last moments are as thrilling and uplifting as the Ninth Symphony can be. The broadcast sound is as good as it can be. Highly recommended, whether you already own the EMI or not. --Robert Levine

Product Description


カスタマーレビュー

星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 苦悩を越えて歓喜へ 2004/12/15
ベートーヴェンが交響曲などで追い求めた「苦悩を越えて歓喜」へというテーゼを、オペラにまで持ち込んだ問題作が「フィデリオ」だとすれば、この録音ほど曲にふさわしい演奏は、ないのではないかと思えてくる。
 クレンペラーの指揮は、しっかりとした足取りで音を積み上げていくいつものスタイルではあるが、スタジオ録音のように「冷たすぎるほどインテンポ」というわけではない。音楽の流れに合わせてテンポは伸び縮みするし、高揚感のある加速もある。ただし、だからといって音楽の形姿が崩れるようなことはなく、大地にしっかりと根を張った音楽が展開される。
 最終盤で序曲レオノーレ第3番が、この音楽劇の中で動かしがたい一つのピースであることを主張して、堂々と鳴り響く。聴き手がほとんど忘我の状態にあるなかで、音楽は大きなクライマックスを形成するため、さらに高揚を続けて大団円を迎える。
 この、オペラというにはあまりにも「華」のない真面目すぎる作品を、長大な交響作品として、おおきなうねりを作り上げていくクレンペラーの手腕には脱帽だ。歌手についてまったく触れていないことに気付いたが、とりあえず無視します。
 録音はモノラルだが、音楽の内容を聞き取るのには十分な音質だ。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xa8ee97c8)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック