数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

Fantasy / Etudes Symphoniques / Piano Sonata No 2 CD, Import


価格: ¥ 1,983 通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:16¥ 1,746より 中古品の出品:3¥ 1,595より

【最大55%OFF】ミュージック 冬のセール (2015/1/5まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大55%OFF!国内盤バーゲン【輸入盤】どれでも3点で10%OFF【NOT NOW MUSIC 輸入盤セール】【ALL991円】売れ筋輸入盤ミュージックブルーレイ&DVDセール 最大70%OFF (2015/1/29まで)| ※マーケットプレイスの商品はセール対象外となります。


Amazon の Marc-André Hamelin ストア

ミュージック

Marc-André Hamelinのアルバムの画像

写真

Marc-André Hamelin点の画像
Marc-André HamelinのAmazonアーティストストア
for 54 点のアルバム、写真、その他の情報をチェック。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

Fantasy / Etudes Symphoniques / Piano Sonata No 2 + リスト:ノルマの回想、3つの演奏会用練習曲から「軽やかさ」、「ため息」、ポロネーズ第2番、詩的で宗教的な調べから「孤独の中の神の祝福」、ドン・ジョヴァンニの回想
合計価格: ¥ 4,069

選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 作曲: Robert Schumann
  • CD (2001/3/13)
  • SPARSコード: DDD
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Hyperion UK
  • ASIN: B000058UUV
  • EAN: 0034571171661
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 音楽 - 361,361位 (音楽のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


1. Fantasie in C major Op.17
2. Piano Sonata No.2 in G minor Op.22
3. Etudes symphoniques

商品の説明

商品の説明

Fantaisie en ut majeur, op.17 - Sonate pour piano n°2, op.22 - Études Symphoniques, op.13 / Marc-André Hamelin, piano

Amazonレビュー

Marc-Andr� Hamelin already has some notable Hyperion discs under his belt and now adds three works by Schumann to his catalogue. The op.17 Fantasie shows Schumann the master of large-scale composition--at almost 33 minutes it is the longest piece on the disc. This is good, rich, meaty stuff, and Hamelin really gives it some welly, but he is equally at home in the quieter, more lyrical passages which are never far away in Schumann. Try the opening of the Langsam getragen. This is archetypal Schumann: intimate, assured and with more than a hint of vulnerability. There's more of this in the slow movement of the Piano Sonata op.22. After the headlong scurrying of the first movement, the Andantino lets us into the quiet place again, the old head-and-heart mix which is Schumann's trademark. The Etudes symphoniques op.13 is one of those grand sweeping pieces that just carries you along. Having set out its stall in leisurely fashion, it cascades through an endlessly inventive set of variations to the Allegro brillante finale, which Hamelin tackles with take-no-prisoners verve. The playing throughout is rich and opulent, tempering Schumann's essentially personal outpouring with the bravura public face. --Keith Clarke

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 野火止林太郎 投稿日 2010/9/23
形式: CD
1961年カナダ生まれのアムランによるシューマン。「ピアノの鉄人」「サイボーグ」(吉澤ヴィルヘルム『ピアニストガイド』青弓社)と評される超絶技巧派ピアニストのようだが、このディスクに聴く印象はそれとは異なる。

先行レビュアーの指摘通り、ソナタ第2番の出来が出色のようにも思えるが、よく聴いている『幻想曲』のみの評価。これはすばらしい演奏だ。

この演奏を有り余る技巧に拠る“余裕の演奏”とするか、最近久しぶりに購入して目にした『レコード芸術』誌上の畑中良輔センセイの文章に倣って「一フレーズ一フレーズに“意味”を追求しようとする」(追究ではないか?)演奏と捉えるか。
評者は一聴、後者の演奏であると感得した。これだけ一音一音、その連なり、全体の構成を考え抜き、心を込めた演奏は稀有であって、超絶技巧に拠りながらもそれを感じさせない見事な音楽になっていると思われた。
高音が耳にきつく響くことは皆無だが、決め所のスケールの大きさはこれまた珍しいほど。しかも楽想に応じたタメが効いており、こういうのを聴かせ上手な演奏と言うのだろうか。

同じ、“超絶技巧派”のポリーニとはまるで異なった、「似て非なる」とさえ言えない、むしろ対極にある抒情的、ロマン的とさえ言いたい演奏である。勿論、情に溺れるようなところはないが、一フレー
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/1/24
形式: CD
1999年8月25日(作品17)及び12月20・21日(作品13・22)、ロンドン、ヘンリー・ウッド・ホールにて録音。ピアノはスタインウェイ・アンド・サンズ。待望のシューマン作品のアルバムである。アムランがシューマンをどう料理するか、興味津々で聴いた。

いずれの曲もシューマンの代表的作品で様々なピアニストの演奏を聴いてきた曲だ。つまり今までのアムランのアルバムと違って、他のピアニストがどうアプローチしてきたかが、耳に残っている作品ばかりで、アムランがそのイメージをどう変えてくるかが最も興味深いところだ。一言で言えばアムランのアプローチは非常に素直で、特にピアノという楽器がペダルを踏むことなく自然に響く状態でこれらの曲をどう表現するかに集中している感じがした。まさに『素』の状態のピアノにこだわった演奏と言えるだろう。

特にピアノ・ソナタ第2番が気に入った。ぼくにとってこの曲の最も優れた印象は若き日のマルタ・アルゲリッチのものだが、ここでの演奏はその対極にあるような知的でクールなものだ。これから他のシューマン作品をどう料理していくのか、興味はますます深まった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kiss_me_50 投稿日 2004/12/31
形式: CD
アムランのピアノの音色は必ずしも魅力的ではないが、ここではその点を逆に利用しているよう。よく、シューマンはオーケストレーションが下手と言われるけど、少しくすんだ感じの独特の音色こそがシューマンらしい。アムランは、ピアノの音色を押さえて、水墨画のようにくすんだシューマンを展開する。例えば、ポリーニのような輝かしいシューマンとは違う世界が広がる。ただ、ピアノソナタは、リズム、打ち込みで、アムランらしさが楽しめる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック