Amazon Kindleでは、 Fall of Giants (The Century Trilogy) (English Edition) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Fall of Giants
 
 
1分以内にKindleで Fall of Giants (The Century Trilogy) (English Edition) をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

Fall of Giants [ペーパーバック]

Ken Follet
5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)
参考価格: ¥ 1,242
価格: ¥ 1,229 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 13 (1%)
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

Fall of Giants + Century 2. Winter of the World + Best Kept Secret: Book Three of the Clifton Chronicles
合計価格: ¥ 3,743

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容紹介

This is an epic of love, hatred, war and revolution. This is a huge novel that follows five families through the world-shaking dramas of the First World War, the Russian Revolution, and the struggle for votes for women. It is 1911. The Coronation Day of King George V. The Williams, a Welsh coal-mining family, is linked by romance and enmity to the Fitzherberts, aristocratic coal-mine owners. Lady Maud Fitzherbert falls in love with Walter von Ulrich, a spy at the German Embassy in London. Their destiny is entangled with that of an ambitious young aide to U.S. President Woodrow Wilson and to two orphaned Russian brothers, whose plans to emigrate to America fall foul of war, conscription and revolution. In a plot of unfolding drama and intriguing complexity, "Fall Of Giants" moves seamlessly from Washington to St Petersburg, from the dirt and danger of a coal mine to the glittering chandeliers of a palace, from the corridors of power to the bedrooms of the mighty.

レビュー

"Fall of Giants is a book for you to savor, one in which you can lose yourself for hours on end. It is a big book that tells a big story, but it is one you will not want to end."
-The Huffington Post

"Follett's latest work is epic in scale, meticulously researched and deftly weaves together historical fact, fictional characters and engrossing storytelling."
-The Associated Press

"Fall of Giants stands with Ken Follett's best... Fall of Giants is classic Follett. It's long - almost 1,000 pages; it's populated with hundreds of characters whose lives are intertwined; it's set on a tumultuous world stage; it's a good read....Everything in this novel is oversized, from the scope of history it covers to the characters he creates. It's a book that will suck you in, consume you for days or weeks, depending upon how quick a reader you are, then let you out the other side both entertained and educated. That's quite the feat."
-USA Today

"A big Book, Follett's hugely ambitious saga is a sweeping success. Ken Follett has hit another one out of the park with the initial installment of the hugely ambitious Century Trilogy. His fans will rejoice at the richness, complexity, historical sweep and simmering lust in a saga spanning the years 1911 to 1923."
-Newark Star Ledger

"A dark novel, motivated by an unsparing view of human nature and a clear-eyed scrutiny of an ideal peace. It is not the least of Follett's feats that the reader finishes this near 1000-page book intrigued and wanting more."
-Chicago Sun-Times

"Follett's greatest virtue as a novelist that he has been able to bring forward a writing style he perfected in his earlier thrillers....Essentially, he's writing several interrelated books at once, without ever losing the inevitable forward impulse. And while it sounds bizarre to consider a book this huge a 'page-turner,' that's exactly what Fall of Giants is."
-The Seattle Times

Follett is particularly adept at balancing multiple storylines, patiently building a portrait of interconnected lives. And he consistently gets the physical details right... Perhaps the major reasons for the novel's ultimate success are Follett's comprehensive grasp of the historical record and his ability to integrate research into a colorful, engaging narrative."
-The Washington Post

"[Follett] meticulously reconstructs an era and leads us through the follies and occasional heroics of its protagonists real and imaginary. He is masterly in conveyers so much drama and historical information so vividly...Grippingly told, and readable to the end."
-New York Times Book Review

--このテキストは、 ハードカバー 版に関連付けられています。

登録情報

  • ペーパーバック: 941ページ
  • 出版社: Pan MacMillan Paperback Omes; Open market ed版 (2011/6/1)
  • 言語: 英語, 英語, 英語
  • ISBN-10: 0330535447
  • ISBN-13: 978-0330535441
  • 発売日: 2011/6/1
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11 x 6.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 洋書 - 14,941位 (洋書のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本の別エディションの内容をブラウズ・検索
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 抜粋
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
24 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:ペーパーバック
本書の面白さについて重ねて申し上げることはありませんが、FOLLETT氏の前作までの難点は、壮大な作品であるだけに、とても分厚くて、持ち運びが不便であることに尽きると思います。しかしながら、本書のペーパーバックの中には、紙質がよく、文字が小さくなった訳でもないのに、とても持ちやすい厚さとなっているものがあります(表紙の上部分が黒色のものです)。本書を購入されるときは、そのようなこともご参考にしていただければ。
このレビューは参考になりましたか?
27 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 Fion
形式:ハードカバー
Ken Folletの前作「World Without End」がかなりがっかりする内容だったので、どんなもんかと思っていたが、「The Pillars of the Earth」のクオリティーを取り戻した大作に仕上がっている。

登場人物は例によってやたら多い。一人称で語られるキャラクターだけで7〜8人いる。それぞれの物語が、同時進行で語られていくので、最初のうちは「こいつ、誰だっけ?」みたいな混乱は多少あったが、それぞれの個性が際立っているので、読み進むうちにちゃんと区別がつくようになっている。巻末に登場人物一覧があるので、親切だ。

さくっと簡単に紹介すると、ウェールズの炭鉱労働者で市民運動家の娘エーテルと、その弟ビリー、エーテルが女中として奉公する屋敷の若き当主フィッツと、その妹マウド、マウドと恋に落ちる在ロンドンドイツ大使館員のワルター、フィッツの友人でアメリカ上院議員の息子ガス、革命前のロシアの首都サンクトペテルブルクの貧しい工場労働者グレゴリーとその弟レフあたりが、主要な人物だ。

さて、タイトルの「Fall of Giants」だが、日本語にすると「巨人たちの衰亡」ってなくらいか。この「巨人たち」が何かというのが、物語を読み進めていくうちにだんだんと明らかになる。イギリスでは、それが貴族たちが生まれながらの
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 歴史の確認としては秀作か 2013/1/14
投稿者 原田耕二
形式:ペーパーバック|Amazonで購入
 はっきり言うと、歴史に沿って物語が進行する分だけワクワク感に欠けると思いました。モードとウォルターの恋にしてもとってつけたような感じだし、生身の躍動感はありません。駄作だと言うつもりはありませんが、ほかの人の評価が高かったので、少し批判的に書きます。
 Pillarsは、本当に夢中にさせる価値ある小説だと思います。Worldも、それなりに面白く、第一級の作品と思います。第一次大戦の前後、戦争の進行、そしてそれのもたらしたもの、これらは歴史的事実であり、再確認の意味では良かったと思いますが、それ以上のものではありません。それを取り囲む人間関係は、オムニバスで散漫で深くひきつけるものはないと思いました。 以上です。
このレビューは参考になりましたか?
21 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 M,A
形式:ハードカバー
世界が第一次大戦に突入する情勢のなか、英国のフイッ伯爵家を中心に、独のウオルターの一家、ロシアのグレゴリーとレブ
兄弟の一家、米国のガスの一家が、かかわりあう人生模様が華やかに繰り広げられる一大ロマン小説である。
この第一巻は、1911年6月から1924年1月のまたがる42章からなる。英文自体は平易で読みやすい。
世界史に登場する歴史上の人物、たとえば チャーチルやレーニンなどが、フォレットが生み出す登場人物と交錯する場面が随所にあるのが、特徴である。それで、世界史に対する興味をかきたてる。
フイツ伯爵が、家政婦エセルと不倫をして子供を生ませるが、彼女はあとで英国議会にでる。フイッ伯爵の妹マウドが、ドイツ人のウオルターと恋に落ちて、戦時中に密かに結婚し、終戦後独国で生活するのであるが、貧乏な生活を支えるためナイトクラブで働く。
 再来年に刊行される予定の第二巻が待たれる。
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 Kindle版を愛用しています 2013/4/1
投稿者 William 6
形式:Kindle版|Amazonで購入
最初にハードカバーを購入したのですが、重くてかさばるのでKindle版を追加で購入しました。
手軽に持ち運べ、わかりやすい英語なので 楽しんで読んでいます。
このレビューは参考になりましたか?
この商品のレビューをもっとご覧になりますか?
これらのレビューは参考になりましたか?   ご意見はクチコミでお聞かせください。

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック