Amazon Kindleでは、 Fall of Giants (The Century Trilogy Book 1) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Fall of Giants (英語) ペーパーバック – 2011/6/1


すべての 22 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
図書館
"もう一度試してください。"
¥ 2,252 ¥ 749
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 1,299 ¥ 764
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 1,032
CD, Abridged, Audiobook
"もう一度試してください。"
¥ 1,755



商品の説明

内容紹介

This is an epic of love, hatred, war and revolution. This is a huge novel that follows five families through the world-shaking dramas of the First World War, the Russian Revolution, and the struggle for votes for women. It is 1911. The Coronation Day of King George V. The Williams, a Welsh coal-mining family, is linked by romance and enmity to the Fitzherberts, aristocratic coal-mine owners. Lady Maud Fitzherbert falls in love with Walter von Ulrich, a spy at the German Embassy in London. Their destiny is entangled with that of an ambitious young aide to U.S. President Woodrow Wilson and to two orphaned Russian brothers, whose plans to emigrate to America fall foul of war, conscription and revolution. In a plot of unfolding drama and intriguing complexity, "Fall Of Giants" moves seamlessly from Washington to St Petersburg, from the dirt and danger of a coal mine to the glittering chandeliers of a palace, from the corridors of power to the bedrooms of the mighty.

レビュー

“Follett is masterly in conveying so much drama and historical information so vividly…grippingly told.”—The New York Times Book Review

Fall of Giants is classic Follett.”—USA Today

“Follett conjures the winds of war.”—The Washington Post

“Grand in scope, scale, and story.”—The Associated Press

“A suspenseful epic.”—The Seattle Times

“Tantalizing.”—Newsday

“Fascinating, in a big way.”—St. Louis Post-Dispatch --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

登録情報

  • ペーパーバック: 941ページ
  • 出版社: Pan MacMillan Paperback Omes; Open market ed版 (2011/6/1)
  • 言語: 英語, 英語, 英語
  • ISBN-10: 0330535447
  • ISBN-13: 978-0330535441
  • 発売日: 2011/6/1
  • 商品パッケージの寸法: 11.1 x 6 x 17.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 洋書 - 34,385位 (洋書のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本の別エディションの内容をブラウズ・検索
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 抜粋
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

24 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 manchester_united0720 投稿日 2011/7/10
形式: ペーパーバック
本書の面白さについて重ねて申し上げることはありませんが、FOLLETT氏の前作までの難点は、壮大な作品であるだけに、とても分厚くて、持ち運びが不便であることに尽きると思います。しかしながら、本書のペーパーバックの中には、紙質がよく、文字が小さくなった訳でもないのに、とても持ちやすい厚さとなっているものがあります(表紙の上部分が黒色のものです)。本書を購入されるときは、そのようなこともご参考にしていただければ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
28 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Fion 投稿日 2010/10/23
形式: ハードカバー
Ken Folletの前作「World Without End」がかなりがっかりする内容だったので、どんなもんかと思っていたが、「The Pillars of the Earth」のクオリティーを取り戻した大作に仕上がっている。

登場人物は例によってやたら多い。一人称で語られるキャラクターだけで7〜8人いる。それぞれの物語が、同時進行で語られていくので、最初のうちは「こいつ、誰だっけ?」みたいな混乱は多少あったが、それぞれの個性が際立っているので、読み進むうちにちゃんと区別がつくようになっている。巻末に登場人物一覧があるので、親切だ。

さくっと簡単に紹介すると、ウェールズの炭鉱労働者で市民運動家の娘エーテルと、その弟ビリー、エーテルが女中として奉公する屋敷の若き当主フィッツと、その妹マウド、マウドと恋に落ちる在ロンドンドイツ大使館員のワルター、フィッツの友人でアメリカ上院議員の息子ガス、革命前のロシアの首都サンクトペテルブルクの貧しい工場労働者グレゴリーとその弟レフあたりが、主要な人物だ。

さて、タイトルの「Fall of Giants」だが、日本語にすると「巨人たちの衰亡」ってなくらいか。この「巨人たち」が何かというのが、物語を読み進めていくうちにだんだんと明らかになる。イギリスでは、それが貴族たちが生まれながらの
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 原田耕二 投稿日 2013/1/14
形式: ペーパーバック Amazonで購入
 はっきり言うと、歴史に沿って物語が進行する分だけワクワク感に欠けると思いました。モードとウォルターの恋にしてもとってつけたような感じだし、生身の躍動感はありません。駄作だと言うつもりはありませんが、ほかの人の評価が高かったので、少し批判的に書きます。
 Pillarsは、本当に夢中にさせる価値ある小説だと思います。Worldも、それなりに面白く、第一級の作品と思います。第一次大戦の前後、戦争の進行、そしてそれのもたらしたもの、これらは歴史的事実であり、再確認の意味では良かったと思いますが、それ以上のものではありません。それを取り囲む人間関係は、オムニバスで散漫で深くひきつけるものはないと思いました。 以上です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
21 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 M,A 投稿日 2010/11/26
形式: ハードカバー
世界が第一次大戦に突入する情勢のなか、英国のフイッ伯爵家を中心に、独のウオルターの一家、ロシアのグレゴリーとレブ
兄弟の一家、米国のガスの一家が、かかわりあう人生模様が華やかに繰り広げられる一大ロマン小説である。
この第一巻は、1911年6月から1924年1月のまたがる42章からなる。英文自体は平易で読みやすい。
世界史に登場する歴史上の人物、たとえば チャーチルやレーニンなどが、フォレットが生み出す登場人物と交錯する場面が随所にあるのが、特徴である。それで、世界史に対する興味をかきたてる。
フイツ伯爵が、家政婦エセルと不倫をして子供を生ませるが、彼女はあとで英国議会にでる。フイッ伯爵の妹マウドが、ドイツ人のウオルターと恋に落ちて、戦時中に密かに結婚し、終戦後独国で生活するのであるが、貧乏な生活を支えるためナイトクラブで働く。
 再来年に刊行される予定の第二巻が待たれる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 生田 雅一 投稿日 2012/1/26
形式: ペーパーバック Amazonで購入
とにかく登場人物が多い。しかし、はじめにcast of charactersがあって、誰がどんな肩書きで、どんな社会的背景をもっているのかの一覧表があるので、それを見て確認しながら読み進めて行けるので楽だ。イギリス、ドイツ、フランス、ロシア、アメリカのそれぞれの国の登場人物が迫り来る第一次大戦、混迷する社会情勢の中で時代の大きな流れに翻弄されざるを得ない状況が、男女の愛憎をからめて描かれている。Fitz伯爵と彼の邸宅の若き女使用人Ethel Williams,ロンドンのドイツ大使館のWalter von Ulrich と Lady Maud Fitzherbert,ロシア革命前の労働者GrigoriとLev兄弟の数奇な運命、アメリカ大統領Woodrow Wilson,彼の秘書Gus Dewar青年と隻眼の美人ジャ−ナリストRosa Hellmanなど。印象に残っているのは、Leninがドイツから列車でロシアに帰郷するとき、列車にトイレが一つしかなくて順番待ちの長蛇の列を見かねて、彼が乗客一人一人に番号札を配布して、それを解消した、というような些細なシ−ン。まあ、とにかく900ペ−ジ以上もある超長編小説で、最初読めるかどうか不安だったけれど,おもしろいので読破できました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック