¥ 23,041
通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

The Fabrication of the Late Victorian Femme Fatale: The Kiss of Death (Women's Studies at York/Macmillan) (英語) ハードカバー – 1992/11/20


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 23,041
¥ 23,041 ¥ 21,520


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報

  • 本とまとめ買いで割引 対象商品最大5000円OFF「PCソフト」

  • 掲載画像とお届けする商品の表紙が異なる場合があります。ご了承ください。



商品の説明

内容紹介

'This is an impressively intelligent work of investigation, which makes good use of late Victorian imperial history and criminology' - Chris Baldick, TLS This book examines the rise of the femme fatale as a prominant fictional type in late 19th-century British culture. As a stereotype she has been 'fabricated', that is to say constructed as a 'figure in the carpet' of the fin-de-siecle. The book argues that Rider Haggard's She-Who-Must-Be-Obeyed, Bram Stoker's female vampires and Conrad's destructive Malayan or African women, even Hardy's Tess, are all caught up in a series of late 19th-century contexts: biological determinism, imperialism, race, theories about female sexuality, degeneration and evolutionary theory.

レビュー

'This is an impressively intelligent work of investigation, which makes good use of late Victorian imperial history and criminology.' - Chris Baldick, Times Literary Supplement

登録情報

  • ハードカバー: 280ページ
  • 出版社: Palgrave Macmillan (1992/11/20)
  • 言語: 英語, 英語, 英語
  • ISBN-10: 0333556127
  • ISBN-13: 978-0333556122
  • 発売日: 1992/11/20
  • 商品パッケージの寸法: 14 x 1.9 x 21.6 cm
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ


フィードバック