この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Espana (Hybr) (Ms) Import, Hybrid SACD, SACD

5つ星のうち 4 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:4¥ 10,766より 中古品の出品:5¥ 6,649より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。


登録情報

  • オーケストラ: Detroit Symphony Orchestra
  • 指揮: Paul Paray
  • 作曲: Emmanuel Chabrier
  • CD (2004/11/9)
  • 注意: SACDの互換機が必要です
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Hybrid SACD, SACD, Import
  • レーベル: Philips
  • 収録時間: 202 分
  • ASIN: B0002O390C
  • EAN: 0028947561835
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 807,582位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. España, rhapsody for orchestra, also arranged for 2 pianos
  2. Suite pastorale, for orchestra: 1. Idylle
  3. Suite pastorale, for orchestra: 2. Danse villageoise
  4. Suite pastorale, for orchestra: 3. Sous bois
  5. Suite pastorale, for orchestra: 4. Scherzo - Valse
  6. Le roi malgré lui, opéra-comique in 3 acts: Fête Polonaise
  7. Gwendoline, opera in 2 acts: Overture
  8. Le roi malgré lui, opéra-comique in 3 acts: Danse Slave
  9. Joyeuse marche (Marche française), for orchestra or piano, 4 hands
  10. Bourrée fantasque, for piano (also for orchestra)
  11. Suite for orchestra in F major, Op. 33: 1. Prelude
  12. Suite for orchestra in F major, Op. 33: 2. Sarabande
  13. Suite for orchestra in F major, Op. 33: 3. Gigue

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ゆうたま VINE メンバー 投稿日 2007/7/15
シャブリエは他の高名な作曲家と比較するとマイナーではありますが、曲自体は楽しい雰囲気の曲が多く、とても親しみやすく聴きやすいです。デトロイト交響楽団の録音はクリアで質が高いと思います。お勧めします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 recluse VINE メンバー 投稿日 2006/12/24
忘れ去られた指揮者による忘れられた作曲家の演奏です。おまけにオーケストラは中部のデトロイト交響楽団です。自動車産業全盛の50年代から60年代にかけては、企業からの寄付もたくさんあったんでしょう。お金でフランスから指揮者をよんできて、ヨーロッパのクラシックを聞く。このディスクにはある時代のアメリカの大いなる田舎の理想が再現されているのかもしれません。香水の臭いをぷんぷんさせて髪をアップにさせた体の大きなアメリカのおばさんが、intermissionに、黙っていっればいいのに、大声でどうでもいい知ったかぶりの議論をしている姿が目に浮かびます。もっとも大声でしゃべりすぎて、お腹が空いちゃって、これまた大きなケーキを幕間にペロッと食べていたりして。演奏の最後には、まだ余韻が残っているのに、それを無視して、自分も参加しなきゃという意気込みで、大きな拍手を競って始めてしまい、ヨーロッパ出身の指揮者が苦笑している姿も。ちょっと悪意が強すぎたかもしれません。chabrierは、debussyやravelなどとは違い、気楽に音楽にそのまま浸ることができます。espanaやsuite pastorale、fete polonaiseは休日の朝食前にはぴったりの音楽です。ところで、私が持っているディスクは、sacd盤ではない、10年以上前のものです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック