Entish がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,080
通常配送無料 詳細
発売元: ケンズスマイル合資会社
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,530MP3アルバムを購入

Entish

5つ星のうち 5 5件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,571
価格: ¥ 2,080 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 491 (19%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Music商品とスピーカーがセットでお得
CD・音楽DVDなどとBluetoothスピーカーがセットでお得
CDや音楽DVDなど音楽商品とセットで買うとUEの防水・耐衝撃・高音質Bluetoothスピーカーが10%OFF。6/2まで。 セール会場はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の ent ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン:【まとめ買いで10%OFF】 Ultimate Earsスピーカーとミュージック関連商品をまとめて買うと、Ultimate Earsスピーカーがお得に。6/2まで。詳細はこちら


よく一緒に購入されている商品

  • Entish
  • +
  • Welcome Stranger
  • +
  • ソラニン サウンドトラック feat.ent
総額: ¥5,645
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2012/1/25)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: EMIミュージックジャパン
  • 収録時間: 51 分
  • ASIN: B0067MWV1G
  • EAN: 4988006229587
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 106,927位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
7:15
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
2
30
Zoe
Zoe
2:49
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
3
30
6:25
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
4
30
6:53
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
5
30
4:26
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
6
30
5:35
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
7
30
5:09
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
8
30
3:09
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
9
30
5:25
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
10
30
4:10
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 

商品の説明

内容紹介

ホリエアツシ(ストレイテナー)のソロプロジェクト、ent。
いよいよ待望のニューアルバムが、EMIミュージック・ジャパンよりリリース決定!

日本屈指のライブバンド、ストレイテナーのボーカル&ギターにして、ほぼ全曲のソングライティングも担うバンドの要、
ホリエアツシのソロ・プロジェクト‘ent’。2009年にインディーレーベルPrecoよりリリースした
1st.アルバム『Welcome Stranger』に続く2nd.アルバムがいよいよ完成!
ストレイテナーのバンドサウンドとは一線を画し、打ち込み主体のリズムにホリエの紡ぎ出すメロディが美しい、
パーソナルかつアコースティックな作品。耳心地の良いサウンドは、エレクトロニカやポストロック好きのコアな音楽ファンのみならず、
映画やテレビ等の映像クリエイターからも多く支持され、映画「ソラニン」の劇中音楽や
劇団OOPARTS(鈴井貴之主宰)の舞台「CUT」のテーマソングも手掛けている。

また、海外での評価も高く、1stアルバムはアメリカのエレクトロニカ・レーベルn5MDよりUS盤をリリース。
今作も引き続き、US盤をリリース予定。 バンド活動とは違う、幅広いフィールドでの活躍が期待される、ent。これからの動きに要注目!
☆リリースツアー 2012年2月29日(水)名古屋アポロシアター、3月1日(木)大阪シャングリラ、3月3日(土)代官山UNIT
☆初回封入特典 ツアー先行予約券(シリアルNo.入り

メディア掲載レビューほか

日本屈指のライヴ・バンド、ストレイテナーのヴォーカル&ギターのホリエアツシのソロ・プロジェクト、entのセカンド・アルバム。打ち込み主体のリズムにホリエの紡ぎ出すメロディが美しい、パーソナルかつアコースティックな作品。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
5
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(5)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
ホリエアツシ、凄いです。

ストレイテナーの裏で、ここまで完成度の高い作品を作るとは、本当に脱帽です。
3年前にリリースされた前作「Welcome Stranger」は全体的にポップで、メロディーに重きが置かれた曲が多かったですが、今作はどちらかといえばサウンド重視な作品です。そのため、よりミニマルになった印象を私は受けました。
Radioheadにたとえるならば、「OK Computer」→「Kid A」のときのような感じとでもいいましょうか、音像にグーッと引き込まれていく感覚です。

とはいえ、M-10「at the end of the blue sky」など、持ち前の美メロ全開の曲もあり、一枚のアルバムとして落とすべきところに落としてきています。このあたりはさすがの一言。
また、前作では歌詞カードが付いていなかったですが、今作は付いています!英詞、日本語詞ともに"泣ける"歌詞です。

ホリエアツシはセンスが抜群だと思います。
彼の好きな音楽を、うまく自分のものにして昇華させている。そしてその幅が広く、懐が深い。
現在のロックシーンを見渡しても稀有な存在だと思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 chi 投稿日 2012/1/29
形式: CD
一貫して心地良いメロディーです。
それに加えホリエ氏の耳元で囁くかのようなボーカル。
全てが染み込んでくる感覚に陥りました。

何気なく流して聴くのも、
ノリやすいビートの曲が多いので飽きる暇なく聴けると思います。
インストも2曲入り。こちらも素晴らしいです。

もっと色んな人に聴いてもらいたいです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
1st同様 眠る前に心地よ〜く聞いてよし、ウォークマンに入れて外で聞いてよし、
まあ、entさんに外れなしだろう、と軽くみてました

同じように浮遊感のある心地良い音ですが、何かが違う
哀しくないのに涙が出そうになる。心が融けていく感じ
近くはないけど、そこにずっと居てくれる
そんな音を感じます。ホリエアツシ、すごいです
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
スピーカーではなく、イヤホンやヘッドホンで聞いて欲しい。

深海にゆっくりゆっくり潜っていくような感覚。
冷たい海の中にいたと思ったら、自分の中で何かが物凄く熱を持っていく感覚。

彼を語るのにストレイテナーは外せないと思う。
でも、entはストレイテナーのホリエではなかった。

entはentとしてそこに存在して、彼の中の音を確かに響かせていた。

ホリエアツシとしての情熱と冷静。entとしての冷静と情熱。
心地のいい対極。

彼は何人いるの?可能性をもっともっと響かせていって欲しい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ストレイテナー、ホリエアツシのソロワークスの2nd。
思わずグラスゴーのオルタナバンド、mogwai(モグワイ)を思い出しました。
J-rockというよりは環境音楽みたいな(サティとかブライアン・イーノ)感じを受けました。
あまり激しくもないし、邪魔をしない音楽なので、徹夜明けの朝とか聴いてもいいと思います。
J-rockはどこに行こうとしているのかなあ?
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック