この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

EZ-USB電子工作入門 Visual BasicでラクラクUSBコントロール 単行本 – 2006/7/29


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,200


キャンペーンおよび追加情報




商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

こ赤外線学習リモコンからオリジナル携帯ゲーム機まで。電子光策のコツがわかる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

松原/拓也
有限会社ニコ取締役社長。1972年東京都生まれ。1992年に光学機器メーカーでファームウェアの開発に従事。その後、1997年に独立。2000年からライター業を開始(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本: 215ページ
  • 出版社: ソフトバンククリエイティブ (2006/7/29)
  • ISBN-10: 4797336315
  • ISBN-13: 978-4797336313
  • 発売日: 2006/7/29
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 18.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4  レビューをすべて見る (7件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 550,049位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

36 人中、34人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2008/7/10
形式: 単行本
“Visual Basicでラクラク”といううたい文句に惹かれて買ってみました。ところがその内容は、オームの法則を解説し、半田付けの講義があり、その後、一挙にUSBとは?、EZ−USBというボードとは?といった本来はたいそう高度な内容の事柄にほんのちょっとだけ触れ、さらにVB2005を使ったアプリケーションソフトの例を示したというもの。アプリケーションの例に関する説明があるわけでもありません。いったいこの本の著者はどんな能力を持った人を念頭において書かれたのでしょうか。なんのためにオームの法則を述べたのでしょうか。自分がわかっていることをそのまま書けば教科書になるという気楽な動機で書かれた、よくある解説書の一例というべきですが、それにしてもひどい、こんな本でなにが学べるというのでしょうか。出版社の意図もわかりません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
19 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 リトルたぬき VINE メンバー 投稿日 2007/9/26
形式: 単行本
最初に見た時に本文がスカスカ?だなと思いましたが。
プログラムが読みやすく結果的には、これでOKかな?
但し、イラスト、写真はかなり、大きく。
この部分を工夫するか記事を増やすか
ページ数を下げて価格に反映させた方が
良いかも、なんて、思いました。

取り上げている記事の内容は
他の本より少なく

1.まずはこれだけ知っておこう! 〜電子工作の基礎知識
2.はんだごてを握ってみよう! 〜電子工作のコツを教えます
3.これがUSB用マイコン「EZ‐USB」だ!
4.電光掲示板を作ろう!
5.赤外線学習リモコンを作ろう!
6.温度計・湿度計を作ろう!
7.ゲームパッド型マウスを作ろう!
8.携帯ゲーム機を作ろう!
  Appendix

CD付きです。
赤外線学習リモコンを作ろう!が
個人的には参考に成りましたが
15ページ程度です。

見やすい、分かりやすいと言う事で初心者、入門書です。
2冊目を考えたり、中級者の方には、物足りない?
消化不良に成るかも知れません。
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 わっほ 投稿日 2009/8/31
形式: 単行本
実験測定に活用することが目的でEZ-USBの仕様が知りたくてこの本を購入したのですが、期待通りの内容ではありませんでした。工作の話題が中心ですが、Windowsからファームウエアを通じてEZ-USB搭載マイコンにどうやってコントロールがされているのかという説明が非常に乏しく、結局は付属のCD-ROMにあるVisualBasicやファームウエア用のC言語のプログラムを自分で解読して習得せざる得ない状況です。書いてある通りに工作をしたい人には向いていますが、その先の応用を考えている人には向いていません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 harusanda 投稿日 2008/10/30
形式: 単行本
本書を評価するには、まず我々がUSBを学ぶためにおかれている学習環境・および「USBラーニングキット」の状況を考えなければならない。
USBは「PC→(USBインターフェース回路+ワンチップマイコン)→任意の回路」で接続される。その(USBインターフェース回路+ワンチップマイコン)が、通常2万円ぐらいするのが普通だが、本書に出てくる EZ-USBは¥3,980 で買えるので初心者にも手が出しやすい。
しかしながら、その初心者向け解説書といえば、本書が出るまで、事実上「皆無」だったのである。その点で 本書の意義は大きいと思う。

 次に、他のUSBハードウェア解説書といえば、いきなり「デジタル回路」と「タイミングチャート」が出てきて、製作にオシロやプロトコルモニターを要する書籍が多い。とてもじゃないが単純なホビー目的の初心者には読めたものではなかった。
その点で本書は、部品点数3〜5点の「アナログ」パーツだけで動かせることを目指しており、ホビー向け初心者の要求に一致している。安心して初心者にすすめられる。
安く・気軽にUSBハードウェアの製作を目指す人には、非常によくできた構成である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック