中古品:
¥ 45,000
+ ¥ 800 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 Makes メイクス
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古ですが、概ね良い状態の品です。 箱・説明書・付属品全て揃っております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

DYSON DC62motorhead DC62MH

5つ星のうち 4.3 137件のカスタマーレビュー
| 7人が質問に回答しました

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:9¥ 63,492より 中古品の出品:1¥ 45,000より
  • サイズ:H208×D315×W127mm(バッテリー含む)
  • 本体重量:1.22kg
  • 生産国:マレーシア
  • 保障期間:2年
  • 付属品:カーボンファイバーブラシ搭載モーターヘッド/ミニモーターヘッド/コンビネーションノズル/隙間ノズル
  • 仕様 1:最も高い吸引力が続くコードレスクリーナー
  • 仕様2:ダイソンデジタルモーターV6搭載
  • 仕様3:2TierRadial(ティアーラジアル)サイクロン
個装箱で発送:
Amazon.co.jpが発送する場合、通常この商品は梱包ダンボールに入れず、発送ラベルを直接商品の外装パッケージに貼った状態でのお届けになります。


この商品には新しいモデルがあります:

Dyson V6 Motorhead SV07MH SV07MH
¥ 41,528
(29)
在庫あり。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more
お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら) マーケットプレイスからの新品/中古品購入は簡単&安全!


キャンペーンおよび追加情報

  • 発明と改善がダイソンのすべてです。ダイソン製品の違いを是非ご体感ください。人気のサイクロン掃除機、羽根のない扇風機&ファンヒーターをDysonストアでチェック。

  • 保証範囲:各商品のメーカー規定に準じる(国外使用の場合、保証対象外となる可能性があります) / Manufacturer’s warranty policy will be applied. Overseas usage are mostly not covered by manufacturer’s warranty.


製品概要・仕様


登録情報

  • 発送重量: 4 Kg
  • メーカー型番: DC62MH
  • ASIN: B00EY8ZCNO
  • Amazon.co.jp での取り扱い開始日: 2013/9/3
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 137件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ホーム&キッチン - 23,498位 (ホーム&キッチンの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

商品の説明

DC62コードレスクリーナーは350Wのダイソン デジタルモーターV6を搭載。2 Tier Radial(ティアーラジアル)サイクロンと再設計されたニッケルマンガンコバルトバッテリーにより、高い吸引力が変わりません。またカーボンファイバーブラシ搭載の最新のモーターヘッドは微細なゴミまで取り除きます。

Amazonより

コード付き掃除機よりも多くのゴミを吸い取る

DYSON DC62 motorhead

DC62コードレスクリーナーは、以下により変わらない高い吸引力を持続
・350Wのダイソン デジタルモーターV6
・2 Tier Radial(ティアーラジアル)サイクロン
・再設計されたニッケルマンガンコバルトバッテリー

さらに
・高い集じん性能を実現するカーボンファイバーブラシ搭載のモーターヘッド

これらの4つのテクノロジーにより、DC62はコードレスクリーナーでありながら、
コード付き掃除機よりも多くのゴミを吸い取る。

※IEC60312-1に準拠したIBR(英国)の試験結果。
4種類の床面から取り除かれたゴミの平均値。実際の使用状況により異なる場合がある。


ダイソン デジタルモーターV6で3倍の吸引力を実現

DYSON DC62 motorhead

毎分最大110,000回転し、従来のモーターよりも最大で3倍の速度で高速回転。
他のコードレスクリーナーの3倍の吸引力を実現。


運転時間を無駄にしないトリガー式を採用

DYSON DC62 motorhead

電源のオンオフはトリガー式により、運転時間を無駄にしない。
運転時にのみバッテリーが使用されることで、お掃除時間に換算すると約26分間相当のお掃除が可能。
必要がない間は簡単にオフにできる。
前モデルから改善されたトリガーは握りやすいように角度も再設計、わずかな力でトリガーを操作可能。


床、天井など、さまざまな場所に使いやすい設計

DYSON DC62 motorhead

人間工学に基づいた手に馴染むデザイン。
重心をグリップ近くに置いた、扱いやすい構造。
取り外し可能なロングパイプと付属ツールで、
高い場所も、低い場所も、そして狭い隙間のお掃除も自在。


ダニのフンや死がい、エサとなるヒトの皮膚を取り除く

DYSON DC62 motorhead

2001年、ダイソン本社のRDD(Research, Design and Development)センター内に、
病院施設と同様の設備を持つ微生物研究所が設置された。

ダイソンは、微生物研究所を有している掃除機メーカーであり、
ダイソンの科学者たちは、アレルギーの誘発原因の1つである家庭内のゴミやホコリを
研究し、その成果は次のテクノロジーの開発に活かされている。

※画像の「フトンツール」は、「DC62MC コンプリート」に付属。
※「DC62MH」は、「フトンツール」別売り。

  • DC62MC コンプリート
  • DC62MH



  • カスタマー Q&A

    カスタマーレビュー

    トップカスタマーレビュー

    従来機であるDC45からパワーアップした機種です。発売は2013年8〜9月。

    従来機は自宅用で利用しつつ、今回は実家の母にプレゼントするために購入しました。理由は運転ボタンが従来機種よりも押しやすくなっていたためです。良くなっています。

    従来機からの主な変更点は次のとおりです。
    ・サイクロン機構である三角すい状の部品が6個から15個へと増加し、ホコリの分解力が増したこと
    ・吸い込み用のモーターがパワーアップしたことで吸い込み力が増したこと
    ・運転ボタンが押しやすいように改良されていること
    ・充電に要する時間が最大5.5時間から3.5時間へと大幅に減少したこと(日本製バッテリ搭載の噂あり)
    ・本体重量が2キログラムとなり300グラムほど軽くなったこと(従来機は2.3キログラム)
    ・強い吸い込みが可能な「強モード」が8分→6分へと減少したこと(モーター強化による弊害)

    実際に使ってみると、吸い込み力は従来機の2倍とまではいかないものの、体感的には1.5倍に迫る力強さがあります。かといって動作音は従来とそこまで変わらず、以前と同様の感覚で使えています。従来機種と本機種を並べて使えば動作音の差異に気付くかもしれませんが、逆に言えばそこまでしなければ差には気づきにくい
    ...続きを読む ›
    コメント 427人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
    フィードバックありがとうございました。
    申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
    違反を報告
    投稿者 ららぴょん VINE メンバー 投稿日 2015/2/1
    初期型のハンディ DC16 からの買い替えです。
    初期型はバッテリーを外すのがとても難しく、充電が困難だったため
    使いたくてもなかなか使う機会のない状態でした。

    本機は、バッテリー充電が容易(壁等に設置したドックに収納するか
    コードを本体に直挿しで充電)になったため、とても使いやすくなりました。

    コード式の掃除機はダイソンDC08から買い替えたサンヨーのairsis(エアシス) を使用
    していますが、これをかけた後にさらにDC62をかけたところ、取れる取れる。。。
    今更ながらダイソンの吸引力のすごさを改めて感じました。

    コードレスは、やはり気がついた時にささっと掃除ができるので
    機動力が断然上がります。何かをこぼしてもあっというまに片付けられるのは
    やはりいいですね。

    コード式を出すよりもDC62で毎日こまめに少しずつ掃除した方が
    綺麗な状態を保てるように思えるので、購入してから、ほぼ毎日、どこかしらの
    掃除をしています。

    ずっと買替を悩んでいましたが、買って良かったです。
    コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
    フィードバックありがとうございました。
    申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
    違反を報告
    評判通り、なかなかの吸引力。普通の国産掃除機ではまず吸い込めなさそうな
    細かい粒子のようなゴミを吸いまくります。
    ただ!このDC62に関しては大問題が有ります。
    掃除中足の裏に当たるような、なんてことない小さなゴミ、これが吸い込めないんです。
    吸わないというと語弊が有りますが、はじき飛ばしてヘッドの後ろにすっ飛んで行きます。
    また、シュレッダーにかけた紙くずをこぼしてしまった時も、吸い込めませんでした。
    うそでしょう?ってくらい吸いません。半分も吸わない!
    国産の一万円もしないようなチープな掃除機が難なく吸い取るゴミが吸えないのです!びっくりです。
    ヨ○バシの店員さんが、購入前に言っていた言葉を思い出しました。
    曰く「日本は靴を脱ぐ生活文化だから、そもそもこんな吸引力はいらないかもしれない。
    日本製掃除機は日本の住宅事情に合わせて作ったヘッドで結局使いやすいんですよ」
    この事か!と購入後にようやく分かりました。(もっとはっきり言ってよー)
    ダイソン掃除機が売れまくっているのに、国産メーカーが本気で後を追わないなーと思っていたら
    こういう事なのか?とも思えました。納得です。
    ダイソンのこのヘッドと同じものをお買いになられる方、
    粒子ゴミは吸います。けれど普通の大きめゴミは吸いません。
    過剰な期待はなさらない事です。
    コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
    フィードバックありがとうございました。
    申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
    違反を報告
    Amazonで購入
    元々当方ではDC44(DC45の海外モデル)を利用していましたが、実家用としてDC62を追加購入しました。
    実際に1週間程度DC62を使用したところ、DC44と比べると変更点が多数ありましたので
    皆さんの参考になればと思い、まとめてみます。

    旧機種(DC44/45)より、改善されたと感じた点
    1. トリガー部にある、電源スイッチが軽くなりました。
      (これがもっとも大きな改善点です)
    2. 吸引パワーが増えた。
      (旧機種にも不満はありませんでしたが、更にパワーアップしています)
    3. モーターヘッドの床面に当たる部分に、スイッチが搭載され
      ヘッドを床面から上げると、ヘッドがグルグル回らないようになりました。
      →ここまでやるなら、ブラシの回転も止めてくれればよかったのに。実に惜しい。
    4. フィルタの取り外しが簡単になりました。
    5. ゴミの分離性能がさらに向上。フィルタの汚れが減りました。
    6. フル充電時間が3.5時間になった。(およそ2時間ほど短縮)

    旧機種(DC44/45)のほうが、良かった点
    1. 旧機種では、強/弱の切り替えはいつでもできましたが
      DC62では、吸い込んでい
    ...続きを読む ›
    コメント 182人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
    フィードバックありがとうございました。
    申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
    違反を報告

    最近のカスタマーレビュー