Drama
 
イメージを拡大
 

Drama

YES
1980/8/22 | フォーマット: MP3

¥ 1,000
曲名
収録時間
人気度  
1
10:27
2
1:21
3
6:35
4
8:32
5
4:42
6
5:21

この商品を買った人はこんな商品も買っています


登録情報

  • オリジナル盤発売日: 1980/8/22
  • 発売日: 1980/8/22
  • レーベル: Rhino/Elektra
  • 著作権: 1980 Elektra Entertainment Company.
  • レーベル指定のメタデータ: 音楽ファイルは個々の購入を識別する固有の識別子がついています。詳しくはこちら
  • 収録時間: 36:58
  • ジャンル:
  • ASIN: B009X4QYWW
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (34件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: アルバム - 17,248位 (アルバムのベストセラーを見る)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5

最も参考になったカスタマーレビュー

27 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 By 993改 #1殿堂トップ1000レビュアー on 2002/11/23
形式: CD
ジョンアンダーソン、リックウエークマンというイエスの顔ともいうべき2人
が抜け、バグルスのメンバーを加入させて作ったアルバムです。そういうわけで、誰もが失敗作に終わるのを期待していたのですが、イエスのドラマチック性を残しつつ、当時流行したエレクトロニックポップの要素を入れた新しいイエスサウンドともいうべきものを造っています。
前作、前々作で、ポップの要素を入れようとして結局中途半端に終わったのに比べるとずっと良い仕上がりなだけでなく、1などはイエスの名曲ともいえると思います。また、LIVEでは絶対やらない曲ですので、このアルバムでしか聴けない名曲群が揃っているという意味でも貴重なアルバムです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 By lake on 2010/3/6
形式: CD
ジョン・アンダーソンとリック・ウェイクマンの脱退という危機的な状態で制作された本作、
意外にも、どこから切ってもYesの音としか言い様のないものが出来上がっています。
新加入のBuggles組が実はYesの大ファンだったというのも影響しているのでしょう。
発表当時酷評されたのが不思議な傑作アルバム。
新しいメンバーに触発されて、クリス、スティーヴ、アランの残留組がやたらと元気なのが印象的。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 By Amazon Customer on 2004/7/15
形式: CD
YESアルバム史上“天使の声”の持ち主John Andersonが唯一不参加であることから、ファンの間では評価が特に低いアルバム。しかし、一つのロック・アルバムとして評価した場合には決してその質は低くない。
これまでになくメタリックな音色で引きまくるSteve Howeのギターが特に印象に残る。また、Chris Squireのゴリゴリとしたベースも非常に気持ちよい。Trevor Hornのボーカルはリリース当時はJohn Andersonそっくりと言われたそうだが、ハッキリ言って別物だと思う。しかし内容は悪くはない。
このアルバムの後、Steve Howe、Jeff DownesはJohn Wetton、Carl Palmerと合流しASIAへとつながっていく。その意味でも歴史的な意味が大きい一枚。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 By さくらっこ on 2003/5/10
形式: CD
音楽的な衝突から、ジョンアンダーソン、リックウエイクマンという中心人物が脱退し、「ラジオスターの悲劇」で有名なバグルズのトレヴァーホーン、ジェフリーダウンズが加入して作られた1枚限りのアルバムです。
メンバーの顔ともいうべきアンダーソンが抜けてしまい、どうなることかと思われたイエスですが、70年代前半を思わせるドラマチックな楽曲に80年代当時のエレクトリックなフレーバーを効かせ、逆に「究極」「トーマト」の迷いがふっきれたような聴き応えのあるニューイエスサンドに仕上がっています。
中でも14はイエス史の中でも名曲に上げられる大作ではと思います。
ジョンアンダーソンの熱烈なファンにはお奨めできませんが、プログレファン
には十分楽しめるアルバムだと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
17 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 By wabisabician on 2009/1/31
形式: CD
 Bugglesファンであり、Yesファンであった私でも、BugglesメンバーがYesに入ってアルバムを作るという現実が理解できず、歓喜と言うより、ポカンとした気分であったことを覚えている。

 当然といえば、当然なのだが、私にとってYesの最高作品は本作である。
 キャッチーさ、ポップさは控えめで全体として玄人好みの作りではないかと思う。その点で90125とは随分違うと思う。
 曲作りでは、ベースの存在感が目立ち、勢いよく音圧で押してくる側面があると思う。
 なお、4曲目の「Into the lens」に興味を持った人は、Bugglesの2nd(モダンレコーディングの冒険)の「I am a camera」を聴いてみるとよいだろう。こちらは、もう少ししっとりとした作りの美しい曲である。

 Yesの来日は毎回行っているが、本作の曲が演奏されたことがないのは、至極残念である。
 英語ができるのなら、ホント手紙を書きたいところなのだが・・・。

 なお、こういう私であるので、ASIAファンであるのは言うまでもない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
21 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 By TOSHI-QOO 殿堂入りレビュアーVINE メンバー on 2002/2/6
形式: CD
1980年リリースのYESにとってもファンにとっても不思議なアルバム・・・なんせバグルズの中心人物2人が参加したのですから、まさにセンセーショナルでした。トレヴァーホーン(Vo)・ジェフダウンズ(Key)の参加は十分脱退したメンバーをフォローしてます・・・トレヴァーのジョンアンダーソンクリソツボーカルは本当驚き!!この2人はイエスがどうあるべきか、よく判っていたミュージシャンだったと感じます・・・改めて聴きなおすと結構いい出来なので、先入観を捨てて聴くべきアルバムです。5曲目では、トレヴァーがクリススクワイアを差し置いてベースの腕前を披露(フレットレスかな?)。その後ジェフはASIA、トレヴァーはプロデューサーとしてブレイクするのは周知の通りです。!!3曲目のクリスのINTROでのゴリバリベースは本当かっこいいですよ!!ジャケットはロジャーディーンです!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

カスタマーからの商品画像

最近のカスタマーレビュー

検索