Dolls [ドー&#... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 aoEMOD
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: クリスタルパックに梱包して発送いたします。代金引換ご利用可能です。Amazon倉庫より年中無休にて安全・安心に発送いたします。 Amazonからの発送のため送料無料で保証付ですので安心してお取り寄せください。
買取サービス
最高買取価格

¥ 231
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,900
通常配送無料 詳細
発売元: あさイチショップ
カートに入れる
¥ 5,848
通常配送無料 詳細
発売元: 三風堂 本店      【コンディション説明を必ずご確認ください】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • Dolls [ドールズ] [DVD]
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

Dolls [ドールズ] [DVD]

103件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,400
価格: ¥ 4,980 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 420 (8%)
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、高木商店【送料無料】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

北野武監督最新作
北野武が贈る、世代を超えて楽しめるエンタテインメント『龍三と七人の子分たち』DVD・ブルーレイが10月9日発売。Amazon.co.jp限定版にはオリジナルTシャツ付き。 商品一覧は こちら


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ夏のセール 9/30まで  バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

Dolls [ドールズ] [DVD] + TAKESHIS' [DVD] + 座頭市 <北野武監督作品> [DVD]
合計価格: ¥ 11,547

選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 菅野美穂, 西島秀俊, 三橋達也, 松原智恵子, 深田恭子
  • 監督: 北野武
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 英語, 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2003/03/28
  • 時間: 113 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (103件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B00006K0HG
  • EAN: 4934569613202
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 47,718位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

Amazonレビュー

   1本の赤い紐に結ばれ、あてもなくさまよう男(西島秀俊)と女(管野美穂)、迫り来る死期を悟った老境のヤクザ(三橋達也)と彼をひたすら待ち続ける女(松原智恵子)、事故で人気の絶頂から転落したアイドル(深田恭子)と、そんな彼女を慕い続ける孤独な青年(松重勉)…。
   北野武監督が、3つの物語を交錯させながら繰り広げていく愛の映画。その語り部として文楽「冥土の飛脚」の人形が用いられており、さらには美しい日本の四季を背景に織り混ぜていくという、実に幻想的で色鮮やかに美しい作品に仕上がっており、そこから男と女のあてどもない愛の悲しみが如実に浮かびあがってくる。ファッション世界のカリスマ山本耀司による斬新な衣裳デザインもすこぶる効果的。北野映画の新機軸とも言える秀作である。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

一本の赤い紐につながれ、あてもなくさまよう男女。忍び寄る死を予感した老境のヤクザと、彼をひたすら待ち続ける一人の女。事故により人気の絶頂から転落したアイドルと、それでも彼女を慕い続ける青年。映画監督・北野武が贈る三つの愛の物語。出演は菅野美穂、西島秀俊、三橋達也ほか。

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

175 人中、161人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 akai_kitsune 投稿日 2009/4/16
形式: DVD
色んな方のレビューを見てて思うのですが、
それぞれの物語がベタすぎるとか、映像美だけとかって書かれてますが・・
下手すると外国に媚売ってるとか書いてらっしゃる方もいるみたいですが

あの、、基本的にこの物語はハリウッドみたいに純粋に映像とセリフに代表される「表に出てるストーリー」を楽しむものじゃないと思うんですね。 

「何十年も土曜日に弁当を持って彼氏を待ち続ける女」なんて現実にいる訳ないじゃないですか

それを、「そんな女現実にいるわけないじゃん」ってツッコんでもしょうがないですよ。
映像で見たまんま、セリフで言ったまんま解釈してどうするんですか

それぞれ3つの物語は、色んな愛の形を3つに大別して、単純化しているだけ。

誤差はあってもそれ相応の恋愛経験のある人は、自分がしてきた愛の形に「近い」ものがあったのでは?  自分ではなくても周りの人でいたのでは?  

愛する人を意図的でなくても傷つけてしまった人、 その罪悪感を拭うのに苦労、または払拭出来ない人
きっと永遠に戻らない(であろう)彼氏(彼女)を待ち続ける男(女)
自分の愛する人が堕ちてしまい、それを追う様に自分も堕ちていく人

...続きを読む ›
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
61 人中、56人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 "nick_utt" 投稿日 2004/1/16
形式: DVD
切ないというには荒寥としすぎている。
むなしいとは言えない確かな足跡がある。
悲しいで片付けるには足りないほど、愛しすぎている。
よくわからない、感情とさえいえないものが心に残ってはなれない。
愛。
この映画を語るのに一番ふさわしい言葉だと思う。
穢れのない、純粋でもない。
愛というものの正体。
すべての脚色を取り払った、ただ愛だけの映画。
-----------
賛否両論があるのがうなずけすぎる作品。
受け入れられない人には何もかもだめに見えるんだろうなあと思う。
自分は最初から最後まで一瞬も飽きずに食い入るように見られた。
豪華キャストだけれど、特にまずいわけでも良いわけでもない。
映像美はものすごいけど自分はストーリーにのめりこんでいたので
あとからよみがえる鮮烈な映像美、という感じ。
否定派の言っているようなこともよく分かるが、
趣味と映画に求めるものの違いだと思う。
ただ、駄作ではないことははっきりと言いたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
28 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 view 投稿日 2006/2/4
形式: DVD
北野映画には面食らうことが多いのですが、この映画のように芸術性も加味されていれば、自分的にはOKです。三橋達也と松原智恵子の話や悲劇のアイドルを演じた深田恭子もよかったですが、大自然をバックにして歩き続ける菅野美穂が透明感溢れていて美しい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
19 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 mbookdiary VINE メンバー 投稿日 2008/9/24
形式: DVD
登場する三つのカップルには共通項がある。片方がもう一方を愛しすぎるがゆえにその愛は対象となる相手の現実の肉体を超えて遠くまで行ってしまう。そもそも愛していたのは目の前の現実の人間であったのであったが、愛のみが独立して対象を必要としなくなってしまう。従って目の前にその相手がいる必要がない。

魂を失った人間は精神的に問題を抱えている人間として描かれている。もう一方の人間は魂の抜け殻となった人間を愛し続けることになる。しかし、一般的に考えられているような笑ったり、冗談を言ったり、意思確認をするといったようなコミュニケーションは両者の間ではまったく存在しない。愛は永遠にすれ違ったままなのである。

最終的には1つのカップルは二人の死を、残りのカップルは片方の死を迎えるという結論なる。監督によって意図された構造があるのかもしれないし、ないのかもしれない。私はこの映画の意図するところがわからなかったが、その不思議な関係性を見ているとなぜだか安堵の気持ちを得ることができた。美しい映像とともに描かれる決して交わらない過去に失われた愛の話。とても切ないが、この言葉にできない感情は明らかに我々が生きている間に経験するある感情を描いたものである。
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 投稿日 2010/12/18
形式: DVD
中盤あたりまで、こういう境遇に立たされたらじぶんはどう動くんだろう、というようなことしか頭に浮かばなかったのですが
ふたりの歩みを進めていく過程が、自殺を図ったその後のふたりの道程を表現しているのかと気づいたときには、かんぜんにこの映画に惹きこまれていました
ひき摺られたひもがなにかに引っかかったり、寒い中互いに寄り添っていたり、転んだり、崖っぷちで真下の海面を見つめたり、そんな苦悩や痛みが垣間見えながらも、終盤の笑顔に象徴されるように、ふたりにとって小さいけれどとても大きな幸福が側にあったからこそ、歩くのをやめず前を見つめていたのだと思った。
愛なんて軽いもんじゃないんだ。どろどろしてるもので、でもそれが美しいんだって思える人間からすると、これほど心を動かされる映画も少ないんじゃないだろうか、と思う
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック