数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

Doctor Atomic [DVD] [Import]


参考価格: ¥ 3,841
価格: ¥ 3,238 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 603 (16%)
通常7~10日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 2,102より 中古品の出品:1¥ 16,618より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • 出演: Various
  • 形式: Classical, DVD-Video, NTSC, Import
  • 言語: 英語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通) (DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.77:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
  • DVD発売日: 2011/01/25
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B004EU7W5S
  • EAN: 0886978066596
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 206,285位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

Product Description

Gerald Finley, Sasha Cooke, and Eric Owens star in this Metropolitan Opera production of the Adams opera conducted by Alan Gilbert.

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

形式: DVD
 「原爆の父」ロバート・オッペンハイマーを主人公に、トリニティ実験直前のロスアラモスの様子を描いた作品。今日では「苦悩する科学者」の代名詞的存在たるオッピーのことをドラマにするなら、個人的には寧ろ戦後の方が色々葛藤が有って面白いのではないかと思うのだが、脚本を担当したピーター・セラーズは実在する様々なテクストを基に、人類史上最初の原爆が爆発するまでの現場の人間模様を抽象的に描く方を選んだらしい。テクニカルなタームが頻出したり、モノローグでジョン・ダンの詩の引用が始まったりと、正直英語字幕だけだと台詞を追うのが辛かった。まぁ話の筋は分かり易かったが。

 ジョン・アダムズの音楽は耳に刺激的だが、如何にも「前衛してます」と云う感じがして印象が刹那的。舞台上を様々な脇役が駆け抜けたり(解説によれば)核分裂を表現しているらしいバレエが所狭しと繰り広げられたり舞台装置があちこち入れ替わったりと、問題作たることを全面に押し出して気負っている様な演出がそれに輪を掛ける。原爆問題や科学者の倫理の問題を取り上げた劇として本作の存在意義がどれだけ有るかは正直疑問なのだが、まぁ与えられている情報量の少ないアメリカの一般人が観たら新鮮に映るのかも知れない。原爆が爆発した後にいきなり「水を下さい」と云う日本語の台詞が入るのも何だか取って付けた様な唐突さを感じてしまう。全体としては、現代の
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 otolary 投稿日 2010/12/1
形式: DVD Amazonで購入
 第二次大戦後のオペラが定着したレパートリーに成り得るのかは、まだまだ議論のあるところであろう。ブリテンのものは定着しつつあるかもしれない。メシアンの『アッシジの聖フランチェスコ』は記念碑的傑作ではあると思うが、すでに現在ではその演奏形態はオペラとしててではなくオラトリオ的な機会が多くなりつつあるように思う。
 このオペラもまた、定着したものになるかは分からない。しかし、シリアスではあるが晦渋過ぎはしない音楽、内容的には非常にシビアではあるものの決して分かりにくくはないシナリオ。ダナミックなバレエのシーンもあり、例えは悪いかもしれないが極めてシリアスなミュージカルと言ったら、言い過ぎだろうか?
 ただ、我々日本人はこのオペラの幕切れに戦慄を覚えずには居られないだろう。淡々と読み上げられる日本語のナレーション。NHK特集『映像の世紀』第5集『世界は地獄を見た』の終結部と同様の、静かに毛が逆立つような戦慄といえばお分かりいただけるかもしれない。
 このオペラを実際に劇場で体験する聴衆の大部分が、日本語を理解できない欧米人なのだろう。しかし、彼らにはこの日本語のナレーションも単なるエキゾチックな効果音にしか過ぎないのかもしれない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック