Amazon Kindleでは、 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 3,843
通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Dissent from the Majority Report of the Financial Crisis Inquiry Commision (英語) ペーパーバック – 2011/5/16


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 3,843
¥ 2,616 ¥ 3,294


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報

  • 本とまとめ買いで割引 対象商品最大5000円OFF「PCソフト」

  • 掲載画像とお届けする商品の表紙が異なる場合があります。ご了承ください。



商品の説明

内容説明

Peter J. Wallison is the only member of the Financial Crisis Inquiry Commission (FCIC) to release a formal dissent to the FCIC's official report on the causes of the financial crisis. Wallison, codirector of financial policy studies at the American Enterprise Institute, argues that the FCIC's report fails to address the cause of the deterioration in mortgage underwriting standards that led to the housing bubble widely accepted as the key factor in destabilizing the American economy. Wallison's Dissent to the Majority Report of the Financial Crisis Inquiry Commission reveals that government-mandated subprime loans, not greedy investors, were the force behind the deterioration in underwriting standards. This dissent is a must-read for anyone seeking to understand the causes of the financial crisis-and to prevent future economic collapse.

著者について

Peter J. Wallison is a member of the Financial Crisis Inquiry Commission (FCIC) and a codirector of financial policy studies at the American Enterprise Institute.

登録情報

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ


フィードバック