Amazon Kindleでは、 Dear.こげんた この子猫を知っていますか? をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーや本体に日焼けやスレ等の使用感があります。万が一品質に不備があった場合は返金対応いたします。帯・チラシ等の封入物は原則として付属しておりません。他サイトでも販売しているため、時間差で在庫切れになった場合はキャンセルとさせていただきます。 1980328
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Dear,こげんた―この子猫を知っていますか? 単行本(ソフトカバー) – 2004/7/15


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

著者からのコメント

2002年5月ネット上で公開虐待された一匹の猫がいた。
怒涛のような感情の波、あるはずのない尻尾が痛む。
その一枚の写真に体中の血液がフツフツと音を立てた。
PCの前でとり憑かれたかのように詩を打ち込む私がいた。

そうして出来上がったサイト「Dear、こげんた」には一日数十件に渡る書き込みが掲示板に書き込まれた。最大アクセス数一日一万。
集められた署名は三万を超えた。

猫一匹の事件に?と考えるかも知れない、しかしこの事件は腐敗しつつある日本に投げられた警鐘である。彼らの声はやがて貴方の叫びと変わる。
今からでも遅くはない、この子猫が命と共に放ったメッセージを受け止めて欲しい。

「命」とは?「生きる意味」とは?
全てが「無意味」になりつつある現代の中で、人間本来の優しさを取り戻そうと歩きはじめた人達がいた。親にこの本を買ってプレゼントした小学生、リストカットをやめた中学生、引きこもりから立ち直ろうと決意した子、主婦、学校の先生、会社員、自営業、全く違った環境の人々のそれぞれのこげんたストーリーが始まった。

この本は皆の熱い想いがぎっしりと詰まった本です。
衝撃、慟哭がやがて感動となり、そして希望の蕾になりました。

出版後、たくさんの方からのお手紙が寄せられています。
出版社に泣きながら「署名用紙を送ってください」と電話が入りました。
Amazonへ書かれたレビューが私に力をくれて、そして又サイトの力となり新しい勇気の輪が広がっていきます。思いやりは優しさを呼び、勇気は生きるエネルギーへと変わります。

今日、海を越えて拘置所の独房から一通の手紙が私の元へ届きました。

「以前は自殺も考えました。しかし、Dear、こげんたを読み終え、出所後は迷惑をかけた母と祖母に親孝行をしたい、そして動物救済活動がしたいという生きがいが出来、人生を前向きに考えはじめることが出来ました」
 
本を出すことの意味の深さを再度確認しました。

出版社からのコメント

小さな命のSOSに耳をふさげないあなたへ
あの子猫の事件を覚えていますか?

泣いているだけでは変わらない。
黙っていても変わらない。

小学生、大学生、主婦、会社員……立場を超えて思いがひとつになった。
悲しい出来事――でも、そこから希望の虹を見つけた。
猫虐待ネット掲示板事件を契機に、社会を動かした人々の記録。


【はじめに】

こげんた事件とは……。
子猫がある日、インターネット上で虐殺公開されます。
それを知った多くの人々が、立ち上がり、犯人の異例逮捕、
有罪判決へとつながりました。
この事件の判決は、その後宇都宮での動物虐待事件、
川崎での猫連続虐殺事件などの判決にも多大な影響を与えました。
さらに、警察や裁判所を始め、マスコミ、環境省にも
国民の動物への関心を示す結果となりました。
この事件をきっかけに、活動や関心は広がり続け、
今も大きな波となって日本をおおいつくそうとしています。

たかが、猫。
一匹の野良猫。
その猫のために涙した3万を超える人がいた。
なぜ、一匹の猫にこれほどまで人が動いたのか?

それぞれの「こげんた物語」を通して見えてきた日本の社会を、
一緒に考えてみませんか。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 216ページ
  • 出版社: ハート出版 (2004/7/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4892954594
  • ISBN-13: 978-4892954597
  • 発売日: 2004/7/15
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (89件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 293,380位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8

最も参考になったカスタマーレビュー

113 人中、110人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 しんのじ 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2007/11/16
形式: 単行本(ソフトカバー)
天使の羽根をつけたこねこ。
この表紙イラストは実に美しく、心がこもっています。
内容的にも、本書と同名のサイトを読んだだけではうまくつかめない、こげんたをめぐる物事の動きや流れが把握しやすいように構成してあり、この事件、およびこういった問題に関心をもった方にはおすすめできる本になっています。
誤字・脱字もいくつかありますが、読みながら脳内で補正できる範囲のものです。
もちろん、こういう話はつらすぎて受けつけない、犯人に対する嫌悪感が消せずにいてとても読めない、という方もいるでしょう。
だから、そういう方は、読まなくてもいいです。
だけど、この子のこと、こういう子がいたということは、覚えていてほしい。

この子には、小さくても幸せが、明るい未来があったかもしれなかった。
誰か、あるいは家族や仲間といっしょの楽しい日々。
そこら中ブイブイいわせて、ボス猫になっていたかもしれない。
そんな未来を奪う権利は、誰にもなかったのに。
犯人、その犯行を煽った連中、そしてこの子を棄てた人。
みんなその罪を、背負って行くしかないのです。
これから先も、ずっと。

最後に。
こげんた、どうしてる?
淋しくないか?
...続きを読む ›
2 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
344 人中、327人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 アスカ46 投稿日 2004/8/6
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
たかが猫、されど猫。一寸の虫にも五分の魂。
ある日、某大手掲示板に『猫祭りを始めよう』等というスレッドが立った。
最強、最悪の事件の幕開けだ。
それはネット上において、子猫の虐殺がライブ中継された事だ。今ではもうない『犬猫大嫌い板』(現在では、苦手板に変更されている)と呼ばれる場所で、陰惨な事件は起こった。犯人は、ゴミ捨て場で餌を漁っていたと思しき子猫を捕獲し、ネコ缶を与え、その後、無惨にも生きたまま子猫を虐殺した。
それを見ていた通称『虐待愛好者』なる愚かしい人間達が知恵を出し合い、「ああしたらいい」「こうしたら面白い」などと犯人を煽って、生きたまま、子猫は辛く、苦しい、儚くも短い生涯に幕を下ろす事になった。
死に至るまで、約四時間だったそうだ。
これは二年ほど前の事件ではあったが、風化されてはいない。いや、風化するどころか、『こげんたの輪』は広がり続けている。
だが、その影で、『動物愛護センター』と呼ばれる場所では、殺処分が行われているのだ。不要犬・不要猫として、飼い主が手ずから連れてくる。
「いらなくなったから」
「今度引っ越しするに辺り、動物が飼えないので」
人間とはなんだろう? 何様のつもりなんだろうか? 命を軽んじすぎている。尊厳はどこへ行った? 命の意味とは?
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
114 人中、109人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2004/7/30
形式: 単行本(ソフトカバー)
これは美談の本ではない。そこには善意ややさしさにあふれた行動があるにせよ、たんに美しい魂を謳いあげるような酔狂な世界があるわけではないのだ。ましや動物愛護の本でもない。これはけして忘れないための本である。ではいったい何を忘れまいとするのか。
恐ろしい事件だった。電源を切って見ないこともできた。自分の生活にかえれば、そんなことは忘れることができるはずだった。しかし公開された命を玩具にする写真は子猫が虐待されているという事実を超えていた。そこにあるものは、世間で起きていることへの私自身の無関心さをえぐった。戦争も猟奇事件も、適度に怒り、適度に忘れることで日常生活にもどることができた。それがなぜ同じようにこの事件ではできなかったのだろう。それはたぶん、子猫があまりにも無力で、この世界にひとりぼっちで、一切の法律にも国家にも守られはしなかったからだろう。人間なら犯罪者でさえ守られるのだ。
ネット掲示板では「たかが猫の虐待になにをヒステリックになっているのだ」という意見もあったように記憶している。しかし「たかが猫」さえ救えないで、どうして多くの命が守られようか。立場や年齢の違う人々が守ろうとしたものは、あまりにも小さく無力であるがゆえに快楽で引き裂かれた命である。世界が命を弄びはじめた時代に、命を取引に使う時代に、その時代の悪意に我々がすこしでも正気でいるためには、どんな
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
46 人中、44人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 たいらん 投稿日 2005/9/6
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
最近まで犬しか飼ったことがなく、そのせいで猫よりは犬派でしたが、
ひょんなことから一年前に捨て猫(雌)を拾い、飼い始めた。
案外、猫もかわいいものだな~簡単にはまってしまい、いつしか、猫がいる生活が当たり前になっている。
そんな折、この本と出会った。
正直、心が痛かった。
純真無垢な子猫をいたぶった犯人はたしかに憎い、だがそれ以上に同じ人間、同じ日本人がやったという事実の方がどうにもやるせなかった。
この本をきっかけで、こげんたのホームページを観てみたが、私は問題の画像を観る事ができなかった。
この本の中で冒頭からその有様を表現した文章が何回か出てくるので、それを読むだけで、その虐待の凄惨な様子が痛いほど伝わり、涙がとめどなく溢れてきて、それ以上文章が読めなくなった。
声にならない、悲しさ、悔しさ、ただ心の内より湧き上がる切なさ。
映画でもドラマでもなく、現実に起こったことだからこそ、心にダイレクトに届く。
今回のような荒んだ事件が起こる世の中だが、こげんたの為に色々な人が立ち上がり、見事、奇跡を起こした。まだまだ世の中捨てたものじゃないと思わされた。
また、収録されている多くの人々のこげんたに対しての愛(詩やメッセージ)がとても純粋で、心打つ。特に表紙の絵は素晴らしいと思う。
子供、大人も問わず、多くの人間に読んで欲しい一冊。
最後に、こげんた、どうか安らかに。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック