Androidアプリストア Amazonファミリー AmazonPrimeポイント Cloud Drive Photos 2016_schedulebook  Amazon MasterCard nav_flyout_biss ギターエフェクター AmazonBasics_campaign 靴&バッグの秋冬アイテム新着入荷 Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 ヤスイイね ドラッグストア大感謝祭 暑さ・節電対策ストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート
通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
Daylight | Blue がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 東京より発送 箱に剥がし跡あり 若干のヤケ・汚れ・キズ等あります。
買取サービス
最高買取価格

¥ 160
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
7点すべてのイメージを見る

Daylight | Blue ペーパーバック – 2013/8/23

2件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
ペーパーバック, 2013/8/23
"もう一度試してください。"
¥ 6,300
¥ 6,300 ¥ 4,700

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

Daylight | Blue + 今日の空 + 写真がもっと好きになる。 写真を観る編。 菅原一剛の写真ワークショップ。
合計価格: ¥ 9,972
ポイントの合計:  111pt (1%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

著者について

1960 年札幌生まれ。
大阪芸術大学芸術学部写真学科卒業後、早崎治氏に師事。
フランスにて写真家として活動を開始して以来、数多くの個展を開催。
1996 年に撮影監督を務めた映画「青い魚」は、 ベルリン国際映画祭に正式招待作品として上映される。
2004 年、フランス国立図書館にパーマネントコレクションとして収蔵される。
2005 年、ニューヨークのPace MacGill Gallery にて開催された 「Made In The Shade」展にロバート・フランク氏と共に参加。
また同年、アニメ」「蟲師」のオープニングディレクターを務めるなど、 従来の写真表現を越え、多岐にわたり活動の領域を広げている。
近年は、光の眩しさを写真にとらえる方法として、湿板写真などを探求し、 写真の古典技法と最新のデジタル技法を組み合わせることで、 今までにない新しい写真を作り出している。
2010 年、サンディエゴ写真美術館に作品が収蔵される。
2011 年、個展「The Bright Forest」 Trunk Gallery,Seoul
2012 年、個展「Tsugaru」Leica Ginza Photo Salon,Tokyo


登録情報

  • ペーパーバック: 68ページ
  • 出版社: ビー・エヌ・エヌ新社 (2013/8/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4861008948
  • ISBN-13: 978-4861008948
  • 発売日: 2013/8/23
  • 商品パッケージの寸法: 33.2 x 26.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 794,779位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

投稿者 泥居 VINE メンバー 投稿日 2015/6/4
Amazonで購入
菅原一剛の写真集は大体持っていますが、作者の初めてのレトロスペクティブでしょう。
過去の作品を見たいと思っても、写真展は常に新作なのでこの本が出たのはうれしいです。

何度か通読(?)して感じたのは「ぶれねえなあ」という事でしょう。
写真がもっと好きになるでも同じ事を色々な方法で繰り返し伝えようとしていますが、写真からも彼の哲学というか写真に向かう姿は時代を問わず不器用なほど変わっていません。
スマホ、デジカメによって気軽に綺麗な写真が撮れ、SNSでシェアして「いいでしょ」的なユルさのある写真がプロの写真集にも結構みられるようになってるように感じますが、この本はちょっと違いますよ。馬鹿みたいにものすごく真面目な写真達です。ド直球の嵐。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
Amazonで購入
何回も見て、もう何が写っているか解った
つもりでも、また暫くずっと見てしまいます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック