Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Commodities and Capabilities
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

Commodities and Capabilities [Perfect]

Amartya Kumar Sen
5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
参考価格: ¥ 2,111
価格: ¥ 2,041 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 70 (3%)
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
単行本 ¥ 2,592  
Perfect ¥ 2,041  

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

Commodities and Capabilities + The Idea of Justice
合計価格: ¥ 4,340

選択された商品をまとめて購入
  • The Idea of Justice ¥ 2,299

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容紹介

Commodities and Capabilities presents a set of inter-related theses concerning the foundations of welfare economics, and in particular about the assessment of personal well-being and advantage. The argument presented focuses on the capability to function, i.e. what a person can do or can be, questioning in the process the more standard emphasis on opulence or on utility. In fact, a person's motivation behind choice is treated here as a parametric variable which may or may not coincide with the pursuit of self-interest. Given the large number of practical problems arising from the roles and limitations of different concepts of interest and the judgement of advantage and well-being, this scholarly investigation is both of theoretical interest and practical import.

内容(「BOOK」データベースより)

本書の主な目的は、厚生経済学の基礎、とりわけ個人の福祉と好機の評価に関して、相互に関連した一郡の命題を提出することにある。本書の焦点は、主に福祉一般の評価、とりわけ生活水準の評価に合わせられている。 --このテキストは、 単行本 版に関連付けられています。

登録情報

  • Perfect: 89ページ
  • 出版社: Oxford Univ Pr (Txt); New Ed版 (1999/9/9)
  • 言語: 英語, 英語, 英語
  • ISBN-10: 0195650387
  • ISBN-13: 978-0195650389
  • 発売日: 1999/9/9
  • 商品パッケージの寸法: 21.4 x 13.9 x 0.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 洋書 - 58,983位 (洋書のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
書き出し
Much of economics is concerned with the relation between commodities and people. 最初のページを読む
その他の機能
頻出単語一覧
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
16 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 さっしー
形式:単行本
アマルティア=センはノーベル経済学賞の受賞で知られていますが、彼の厚生経済学は哲学や歴史学、ジェンダー論を
はじめとする社会学など、広域で深遠なバックグラウンドのもとにできあがった理論です。
そのため、例えば「自由と経済開発(Development as Freedom)」などの著書では、あまり経済数学などを使わずに
議論を進めています。それらに比して、この本では多少の数式と、ミクロ的な用語が頻発するため、最低限の
ミクロ経済学の知識は必要だと思います。理念的なものから学びたい人は「自由と経済開発」「貧困と飢餓」
「不平等の再検討」などから読むことをお勧めします。
この本については、あまり翻訳が上手でないことも手伝って、書いてある内容以上に理解がしにくい気がします。
よくあるミクロ経済学のわかりにくいテキスト的な雰囲気も持ち合わせています。なので、ある程度の知識を
持った上で精読することが、十分な理解をする上で必要でしょう。
内容的には従来の経済学への批判が中心です。従来の開発経済学の「効用」「市場的アプローチ」などに対する論理的矛盾を
含んだままそれでも狭い範囲の中で分析を行なう「合理的な愚か者」を抽象度の極めて高い論理で批判します。
そこから先、それではどうするのか、と
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
7 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 基本文献 2007/5/15
投稿者 gene152
形式:Perfect
人々の幸福を考えるには従来の経済学で用いられてきた財空間ではなく,機能空間で考えるべきであるとするケイパビリティア・プローチを説いた小冊子.基本的には大学の講義に基づいているために,内容は専門的である。しかし具体的にデータを使ってケイパビリティの考え方や応用を示しているので,そこから読むのもよいと思われます。本格的に読む際には,ミクロ経済学の消費者理論の選好関係について知識があると,理解が早いと思います.だだし論理的に厳密なものも含まれているので,根気が必要です.でも門外漢がさっと読んで理解できるような書物ではないことも明らかです.
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 潜在能力で見る福祉 2008/4/29
投稿者 θ トップ1000レビュアー
形式:単行本
ノーベル経済学賞をとったアマルティア・センによる厚生経済学の小著。
本論は100pもないものだが、経済学の知識はある程度必要である。

センの厚生経済学のキーポイントは「潜在能力」である。
各人のなしうること、すなわち「機能」と、その機能を作り上げるもの、すなわち「潜在能力」とで、厚生経済学は支えられるべきである。

従来の厚生経済学は、以下の二通りの考え方が多かった。

一つは、各人の財の量でもって、福祉を考えるものである。
しかしこの方法では、手段に過ぎない財を目的と取り違えてしまっている。
財自体は重要なファクターだが、それはファクターに過ぎない。

もう一つは、各人の快楽・効用でもって福祉を考える、功利主義に近いものである。
しかしこの発想では、欲望と価値の転倒が起きている。
価値があるが故に欲望が起こるというのはまったくもって正しいが、欲望を抱くが故に価値があるというのは誤りである。

福祉において重要なのは「評価」である。
主観的で内省的な評価こそが重要であり、こうした評価によって機能は測られる。

また、潜在能力に着目する考えからは必然的に、各人の自由、選択の幅の広さ、が最大限要求
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
Amazon.com で最も参考になったカスタマーレビュー (beta)
Amazon.com: 5つ星のうち 5.0  2 件のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 A classic text on economic utility theory, and a great introduction to Sen 2013/11/11
投稿者 Stephen Weinberg - (Amazon.com)
形式:Perfect|Amazonで購入
Amartya Sen won the Nobel Prize in Economics for his work on the philosophy of economics. My own intellectual life was greatly influenced by the good fortune of attending a lecture Sen gave to my undergraduate department my sophomore year, and I spent the next few years working my way through as much of his writing as I could. Much of it was way over my head, but a few books really helped me understand his concepts. Of these, I personally considered Commodities and Capabilities to be the one that did the most to make Senist philosophy comprehensible to me, and it would be the starting point that I would point a student to if I were trying to introduce someone to Sen (this is not a hypothetical; I just ordered a replacement copy specifically for this purpose).

If you cannot get Commodities and Capabilities, then you could also go with The Standard of Living as a decent introduction, especially if you want to approach his ideas from the standpoint of utility theory. Sen pulls everything together in his masterwork, Ideas of Justice, but I wouldn't want to read that without an introductory book like Commodities and Capabilities.

So I strongly recommend this book as a good point to start reading Sen. But what if you don't know yet whether you want to read Sen?

I have tried many times throughout the years to give a short summary of Senist thought, and it is not easy. I am going to offer four basic points:

1) Sen is heavily influenced by Rawls, and much of his writing can be seen as a reaction to Rawls. (In his comments on a collection of essays on the capabilities approach, Measuring Justice, Sen noted that he felt as though he were being lowered into a pit to fight Rawls, and that if he had to do so, he insisted on wearing a Rawls t-shirt into the fight.)

2) One of Sen's main points of departure from Rawls is in looking for a theory of justice that allows you to compare different states of the world and evaluate incremental change, instead of focusing on a world of ideal justice.

3) Sen deeply respects differences across individuals, especially regarding their preferences and needs. This leads him to react strongly against measuring well-being in terms of the actual goods you have. For example, he often discusses the very different justice implications of somebody starving because he owns no food v. somebody starving because he is choosing to undergo a religious fast. (This is hardly a new idea, of course. In the middle of the lecture I saw, Sen decided he wanted to quote Adam Smith on this point, and asked someone to find the relevant passage by looking up the term "linen shirt" in the index to the Wealth of Nations. Do it.)

4) This leads Sen to perhaps his most famous point, and the point that his book focuses on: that we should evaluate human well-being not in terms of what people have but in terms of their capabilities, of "what they can be and do." Capabilities might include things like "walking down the street without shame."

Sen aggressively avoids suggesting a definitive list of key capabilities, which is probably wise of him; I think that he wants to focus on the bigger picture of what a theory of justice should look like, without getting into endless fights over specifics of implementation. Nonetheless, I think it helps a great deal to understand Sen if you look at Martha Nussbaum's more concrete application of his work, either Women and Human Development (which is quite relevant to men as well!) or Creating Capabilities.

If you're only going to read one book of Sen's, it should be The Idea of Justice. But you could probably read both Commodities and Capabilities and The Idea of Justice more quickly than you could read just The Idea of Justice by itself.
4 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 Amartya Sen's Commodities and Capabilities 2012/1/11
投稿者 LucyKate - (Amazon.com)
形式:Perfect
The book arrived promptly and in great condition.

"Commodities and Capabilities" by Amartya Sen is a book expanding upon a lecture explaining his Capabilities Approach.
これらのレビューは参考になりましたか?   ご意見はクチコミでお聞かせください。
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック