数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

Close to the Edge Hybrid SACD, SACD, Import


価格: ¥ 3,197 通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 3,197より 中古品の出品:7¥ 2,300より

~おすすめ情報~【ALL991円】売れ筋輸入盤セール
各ジャンルの売れ筋輸入盤がALL991円!今すぐチェック。 ポップス | ロック | ハードロック | ソウル・R&B | ヒップホップ | ダンス・エレクトロニカ | ジャズ・フュージョン  ※マーケットプレイスの商品はセール対象外となります。


Amazon の イエス ストア

ミュージック

イエスのアルバムの画像

写真

イエス点の画像

動画

Artist Video
イエスのAmazonアーティストストア
224 点のアルバム、3点の写真、動画や1点のストリーミング用楽曲をチェック。

キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【限定版/初回版・特典について】Amazonマーケットプレイスの出品者が販売、発送する商品の場合は、出品者のコメントをご確認いただくか、出品者にお問い合わせの上でご注文ください。

  • まとめ買いでお得 対象商品:「最大5,000円OFF PCソフト」 ※割引の適用、対象商品については必ずキャンペーンページをお読みください。

  • クーポンキャンペーン 対象商品:「CDを買うとMP3クーポン200円プレゼント」 ※割引の適用、対象商品については必ずキャンペーンページをお読みください。

  • 【Amazon CD買取サービス】 11/25まで、5本買取成立で500円のAmazonギフト券プレゼント。買取価格は事前に検索可能。 今すぐチェック

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


よく一緒に購入されている商品

Close to the Edge + こわれもの + In the Court of the Crimson King
合計価格: ¥ 6,734

これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています


登録情報

  • CD (2013/3/5)
  • 注意: SACDの互換機が必要です
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Hybrid SACD, SACD, Import
  • レーベル: Audio Fidelity
  • ASIN: B00A93ENI8
  • EAN: 0780014214722
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  Blu-ray Audio
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (151件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 音楽 - 72,982位 (音楽のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

Product Description

Limited 24KT SACD audiophile edition of this 1972 album from the iconic British Prog Rock band. Close To The Edge, their 5th studio album, nd was released on Atlantic Records and reached #4 on the UK Albums Chart and #3 on the US Billboard 200.

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

131 人中、115人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 shig-sak 投稿日 2003/9/21
形式: CD
アナログ版から数えて、本作を買い換えるのは4回目。
1994年度のリマスター版もかなりいい音だったので、これ以上の改善は無理かと思いつつも、今回(2003年度)リマスターを聴いて驚き。
音のクリアー感と広がり感が増し、イエスの演奏のすごさがさらに強烈になった。
Close to the edgeのイントロの水の音、Siberianの出だしのギターの音を聞けば、いかにこのリマスター版の音がいいかが実感できます。
イエス・ファンで長年聞き込んでいる方も、今回のは買い替え必須です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
47 人中、40人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 紙ジャケマニア 投稿日 2013/11/10
形式: Blu-ray Audio Amazonで購入
もう何枚このアルバムを持っているだろう。初盤、リマスター、SHM,SACDなど音がよくなった、ということで、多くの人が買い替えを余儀なくさせられたことだと思う。小生もその一人。ライノ盤が出たときは確かによくなったと感じたが、それ以外SACDも含めて、あまり何も感じなかった。が、このブルーレイ(DVD)は鳥肌モノ。全編“危機”のてんこ盛りで、それだけでもファンにはたまらないのだが、特に5.1surround Mixiesは最高の出来である。音の分離、バックボーカルの明瞭性、低音の伸びなど今までのリマスターとは一線を引く。中でもキーボードのリミックスが非常に目立つ。ハウのギターとジョンのボーカルに隠れていた音が極めて鮮明な音になって蘇った。GET UP GET DOWNからSEASONS OF MENに変わる箇所などは思わず“オー!”と声が出てしまった。ボーカルのエコーも効果的で、最後はいよいよ曲が終わる、クライマックスといわんばかりの音となっている。言葉では上手表現出来ない(あまり詳しくない小生が悪いのだが)が、全3曲、今までのリマスターとは違う。もともと最高傑作の名高いアルバムであるが、40年近く経って最高の音になり蘇った、もうさすがにこれ以上はないだろう、本当の意味で最高のアルバムとなった。買い替えを躊躇われている方、在庫のあるうち(もう結構どこも完売しているようだが)、適正価格...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 LED LEPPARD トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/2/23
形式: CD
 1972年、YESの5thアルバムです。(原題「Close to the Edge」、邦題「危機」)

 この作品は、「YESの代表作」「YESの名盤」「プログレ名盤」として、よく挙げられる作品です。

 本編・全3曲。(1) 19分弱、(2) 10分チョット、(3) 9分弱という、このアルバム。
 どの楽曲も、長尺でありながら、長さを全く感じさせない、名曲ぞろいです。
 精聴しても・雰囲気に浸るような聴き方でも楽しめますし、全体を聴いても・1パートを追っても楽しめます。
 プログレというと難解なイメージがありますが、曲もサウンドも聴きやすく、リピート再生したくなるくらいです。(むしろ、癒されます。)

 特に、素晴らしいのが、やはり(1) "Close to the Edge"。
 鳥の鳴き声、川のせせらぎ、エッジの効いたギター、幻想的なコーラスと、精神世界へと誘います。
 エレクトリック・シタールの不思議な響き、オルガンの宗教的な響きが交錯する、東洋も西洋もない果てしない音の世界へ。
 幻想的、アンビエントなパートには癒され、ラストでは、わけの分からない感動や幸福感が湧き起こる。
 聴き終えても、"Seasons will Pass You By,
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
20 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 k_k 投稿日 2010/3/15
形式: CD
 そもそもビートルズやバーズ、CSNYをお手本としていたように、このバンドの核になっているのは、ジョン(vo)とクリス(bass)のハーモニーであるわけで、楽曲自体は非常にポップで時には温もりのあるフォーキーなものである。
 初期はその楽曲をgtrとkbd がジャズ寄りのアプローチで包んでいたのだが、若干、不完全燃焼気味な部分が残されていた。
 その後その2名がクリスのスカウトにより、高度な技術を持ったクラシック寄りのアプローチのメンバーに交代、
大ヒットにも恵まれた直後の本作で歴史上稀にみる化学反応を起こすことになる。
 この作品こそが金字塔と呼ばれるに相応しいほどの、恐ろしい完成度となった。

 しかし、最も注意しなければならないのはプログレッシブバンドBig5のうちの2つのバンドで(そしてその後のUKなどでも)、名盤かつ最高傑作に関与した、ブラフォード(dr)の存在だ。
スネアをピッコロに近い音程にまでチューニングを上げ、変拍子で執拗に貫き通し、楽曲の解釈を捻じ曲げ、サウンドをリードしてゆく姿勢は、
ロック史に新たな局面を生んだに等しい。バンドの1プレイヤーがこれほどにも全体のサウンドを変質させることなどそうあるものではないのだ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック