この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Christian Pacifism Confronts German Nationalism: The Ecumenical Movement and the Cause of Peace in Germany, 1914-1933 (Studies in Religion and Society (New York, N.Y.),; V. 55,) (英語) ハードカバー – 2002/4


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 123,686 ¥ 23,580



商品の説明

内容説明

This study illuminates efforts to promote the cause of peace within the early modern ecumenical movement, with particular emphasis on the difficult task of promoting Christian pacifism in Germany in the period 1914-1933. It focuses especially on the work of a largely forgotten ecumenical organization, the World Alliance for Promoting International Friendship through the Churches, and its leading German protagonist, Friedrich Siegmund-Schultze.

登録情報

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ


フィードバック