中古品
¥ 128
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ★BOOKRIVER★
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 若干使用感程度です。迅速・丁寧心がけます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2010年 12月号 [雑誌] 雑誌 – 2010/11/12

7件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
雑誌, 2010/11/12
"もう一度試してください。"
¥ 122


キャンペーンおよび追加情報

  • 【ご注意ください】雑誌はお客様都合による返品は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。ヘルプページへ

  • 【Amazon 本買取サービス】 お手持ちの本・雑誌・コミック・洋書を、Amazonが買い取ります。1点から無料集荷、買取価格は事前に検索可能。




商品の説明

この雑誌について

独自の視線の「セレクトショップ」的な月刊誌

登録情報

  • 杂志
  • 出版社: マガジンハウス; 月刊版 (2010/11/12)
  • ASIN: B0047E7B7U
  • 発売日: 2010/11/12
  • 商品パッケージの寸法: 28.2 x 23 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (7件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 leon VINE メンバー 投稿日 2010/11/18
パンの特集がよくあります。
珈琲の特集もよくあります。
今回は、そのどちらも!が特集なので、書店でパラパラと見た後、どうしても欲しくなり買いました。
珈琲の器具やベーカリーカフェの話題もあります。
家でぼんやりとくつろぐときに読むのに、ちょうどよいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kei33 投稿日 2010/11/22
私は大のコーヒー好き・・
旅行先でも自家焙煎の看板を見つければ即、御入店!
本誌に掲載された「アアルトコーヒー」(徳島の店舗)直ちに行ってみます。
本誌は肩の力を抜いて、マグカップ片手に愛読できる雑誌。
自分の保存版にしようかな・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 あゆた 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/11/18
少し前の猫特集やスタジオジブリ特集も
非常に愛情がつまった内容でしたが、
こちらのスヌーピーとコーヒーという
不思議なミスマッチが芳醇な香りを
例えて、素晴らしいです。

ここまで毎月のテーマが様変わりしつつ、
変にマニアックにならず気軽に読める
おしゃれな雑誌ですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 cozy 投稿日 2011/1/20
コーヒーが好きで購入した
誌面紹介の大阪淀屋橋のカフェMole Hosoi Coffeeへ行ってきた
ブルータスが記事にするくらいだから 
さぞかし美味いコーヒーと期待して行ったが
最低最悪のまずいコーヒーがでてきた。
ここの店主はドリップの技術がまったくわかっていない
雑味だらけの濃い苦いだけのどろっとしたぬるい茶色の液体であった。
コーヒー専門店の看板を出すあつかましさにあきれてしまった。
コーノ式ペーパードリップだがやたらと抽出時間が長すぎてドリップになっていない。
おまけにこの若い店主は抽出の間にフィルターペーパーの端をたたんだり
レジの入金処理したりと無神経きわまりない、そのくせカッコだけつけ無愛想。

こんな店を さも貴重そうに紹介する雑誌と記者の舌と感覚がわからない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック