通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
Amazon買取
最高買取価格

¥ 666
こちらもどうぞ
カートに入れる
¥ 3,480
通常配送無料 詳細
発売元: Big Arrows
カートに入れる
¥ 3,749
通常配送無料 詳細
発売元: global_goty
カートに入れる
¥ 5,600
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

Capitol Album 1 Box set, Limited Edition, Import


価格: ¥ 3,479 通常配送無料 詳細
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、オンリーワンBOOKSが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:18¥ 3,300より 中古品の出品:14¥ 1,928より


Amazon の ザ・ビートルズ ストア

ミュージック

ザ・ビートルズのアルバムの画像

写真

ザ・ビートルズ点の画像

バイオグラフィー

イギリスの港町リバプールで誕生したビートルズは、1962... Amazonのザ・ビートルズストアで詳しく見る

ザ・ビートルズのAmazonアーティストストア
287 点のアルバム、59点の写真や1点のストリーミング用楽曲をチェック。

キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【限定版/初回版・特典について】Amazonマーケットプレイスの出品者が販売、発送する商品の場合は、出品者のコメントをご確認いただくか、出品者にお問い合わせの上でご注文ください。

  • 【Amazon CD買取サービス】 お手持ちのミュージックCDを、Amazonが買い取ります。買取価格は事前に検索可能。 CD買取サービスを 今すぐチェック

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


よく一緒に購入されている商品

Capitol Album 1 + Yesterday & Today (the U.S. Album)
合計価格: ¥ 5,354

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています


登録情報

  • CD (2004/10/19)
  • ディスク枚数: 4
  • フォーマット: Box set, Limited Edition, Import
  • レーベル: Capitol
  • ASIN: B00065XJ48
  • EAN: 0724386687821
  • 他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9  レビューをすべて見る (75件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 音楽 - 139,145位 (音楽のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


ディスク:1
1. I Want To Hold Your Hand (Stereo)
2. I Saw Her Standing There (Stereo)
3. This Boy (Stereo)
4. It Won't Be Long (Stereo)
5. All I've Got To Do (Stereo)
全24曲を見る
ディスク:2
1. Roll Over Beethoven (Stereo)
2. Thank You Girl (Stereo)
3. You Really Got a Hold On Me (Stereo)
4. Devil In Her Heart (Stereo)
5. Money (alt version to UK release)(Stereo)
全22曲を見る
ディスク:3
1. I'll Cry Instead (Stereo)
2. Things We Said Today (Stereo)
3. Any Time At All (Stereo)
4. When I Get Home (Stereo)
5. Slow Down (Stereo)
全22曲を見る
ディスク:4
1. No Reply (Stereo)
2. I'm A Loser (Stereo)
3. Baby's in Black (Stereo)
4. Rock and Roll Music (Stereo)
5. I'll Follow The Sun (Stereo)
全22曲を見る

商品の説明

内容紹介

アメリカのキャピトル・レーベルが1964年に発売した4枚の編集盤『MEET THE BEATLES』 『THE BEATLES SECOND ALBUM』 『SOMETHING NEW』 『BEATLES '65』が、ボックス収納で登場!87年(この年イギリス・オリジナル盤が正規盤としてCD化。これに伴い各国編集盤はすべて廃盤)以来、17年ぶりにアメリカ編集盤がCDで蘇る。
各アルバム、ステレオ・ヴァージョン&モノ・ヴァージョン両方を収録。全45曲中12曲がイギリス・オリジナル・アルバム未収録曲。48ページ英文ブックレット付き(予定)。

Amazonレビュー

   1964年という、ビートルズ旋風がアメリカ初上陸した記念すべき年に全米でリリースされた4枚のアルバムは、イギリスでのオリジナル・アルバムとはタイトルも曲目もジャケットも異なる独自編集盤で、本作品はそのを復刻したものだ。それぞれ、ステレオとモノの両ヴァージョンをリマスタリングした音源が収められているのだが、なかでも初CD化となるステレオ・ヴァージョンの音質はなかなか感激モノ。というのも、64年当時に出たアナログ盤独特の質感を見事に再現しているからだ。

   全米中をまたたく間に席捲したその凄まじい勢いとは、一体どんな感じだったのか……ビートルズ・ファンなら誰でも、64年のアメリカにタイム・スリップして実際に体験したいと一度は思ったことがあるだろう。これは、そんな願いを少しばかり叶えてくれるアイテムといえる。荒削りなビートの中に、万人を惹きつけた魅惑のメロディと溌剌としたハーモニー・ヴォーカルとを溶け込ませたこの音楽が“世界を震撼させた”のであり、その求心力は21世紀になった現在もまったく衰えていないという事実を、本BOXで改めて実感することができよう。(木村ユタカ)


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

58 人中、55人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2004/11/21
形式: CD
基本的に日本盤はすき(日本語解説と訳があるので)なのですが何せ音が悪すぎます。はっきり言ってUS盤(輸入盤CD)の方が音がクリアーだと思います。ピックアップ装置(CDプレーヤー)の問題もあるかも知れませんが私は30年前からアナログ(レコード)で曲を聴いてきましたから装置もこだわりをもって決して妥協した装置では聴いていないつもりですので、本当は音で言うなら星1つです。星2つなのはUS盤にもついているカラーブックレットとCDケース(紙ケース)がコーティングされている点で星を増やしました。第2弾もあると思いますが私のようにマニアックに日本盤とUS盤の両方(音と付属の両方を満足させる為)を購入する方は多いのでは。初心者の方にはお勧めできませんから~ッ!東芝斬りッ!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
23 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 taks 投稿日 2009/9/29
形式: CD
2009年リマスター、そしてモノがリリースされた今こそ、このUSエディションの魅力が増したような気がします。

ビートルズの意向を酌まない独善的な編集はアーティスト側にしてみれば噴飯ものかもしれませんが、このエディションこそが、64年当時のアメリカの若者たちを熱狂させたものだったわけで、それを思えばいくつかのミックス違いなどが「なるほどなぁ」と思えるのです。

2009年のEMIチームは「世界標準」を造りましたが、キャピトル・チームとスターリング・サウンドのテッド・ジェンセンは「アメリカでの熱狂」を再現させたかった、そんな気がします。

この(と65BOX)セットでなければ聴けないテイクなどもあり、「モノ・ボックス」を購入された方には、ぜひとも聴いていただきたいです。

評判の悪いペーパー・スリーブですが、私はむしろカジュアルに楽しむには、こんな程度のもので十分な気がします。

表・裏、ともに雰囲気を伝えるためには必要十分なビジュアルだと思います。

悪い言い方かもしれませんが、アメリカ盤ならではのイージーさで、当時の熱狂に想いをはせてみるのはいかがでしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
80 人中、74人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 hiro720 殿堂入りレビュアー 投稿日 2004/10/17
形式: CD
 このCDボックスそのものは、今まで発売されることのなかったアメリカ盤でステレオバージョン・MONOバージョンの両方が楽しめる逸品。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
104 人中、92人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 クーちゃん 投稿日 2004/10/14
形式: CD
 87年の英国オリジナルを唯一の正規盤とするAPPLEの決定は妥当であるし、当然そうあるべきだと自分自身納得していた。 そもそもCAPITOLが選曲・曲順・曲数・タイトル・ジャケットの全てにおいて勝手に編集した米国LPが THE BEATLES側の意向を十分反映していたとは到底思えなかったのだ。
 
 一方で素材がイイだけにどのように編集されようと、それなりの作品に仕上がってしまうのがTHE BEATLESのスゴイところであり、実際に米国の若者達を狂喜させ、バカ売れした。 このことは過程と内容はどうあれ、誰にも否定できない歴史的事実であり、封印すること自体が逆に不自然ではないかと…(確かに11週連続No1の米国1stLPがCD化されていないのは奇妙だ。)
 このようにアーティストとしてのTHE BEATLESに対するリスペクトとファンとしてのエゴの間で葛藤してきた。 客観的には米国盤が英国盤と全くの別物であるとか、ましてや米国盤が勝っていると言うつもりはないが、まるで間違いであったかのように歴史に埋もれさせるには惜しいとは思う。 だからBOXという企画モノの体裁ではあるが、CD化が実現することを歓迎したい。(それもMONOとSTEREOの2イン1! リアルSTEREOは何曲含まれるの? 当初のミックス違いに変更はあるの? 興味は尽きない。)
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
46 人中、41人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2005/1/6
形式: CD Amazonで購入
レコード世代の僕にとっては嬉しい再発です。
80年代後期の音源統一の崇高な理想も不況には敵いませんでした。
こうして毎年ビートルズの亡霊にお金を払い続けて行くようです。
不評のCCCDにも係わらず東芝は今後も新しい技術を導入していくようです。消費者はいつまで連帯責任を取らされるのでしょうか...
他の方同様アメリカ盤がお薦めです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
34 人中、30人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 yg510 投稿日 2004/10/19
形式: CD
CDはUKオリジナル盤に音源が統一されてアナログの米キャピトル盤は姿を消しました。このリリースで重要なポイントが幾つかあります。一つはステレオバージョンが聴ける事。UKオリジナル盤は「プリーズ・プリーズ・ミー」から「フォー・セール」までは基本的にモノラル音源のみのリリースでした。ところがこのBOXは米盤はモノとステレオの2in1らしいのです。という事はCD化の際に切り捨てられた??「プリーズ・プリーズ・ミー」から「フォー・セール」までのステレオバージョンが聴けると言う事と、二つ目は、その音源が昔のままのMIXならUK盤とは違っていると言う事です。特にモノラルの音源は「ニセモノ(偽モノラル)」と言われステレオバージョンを単純にモノラル化したもののはずです。この辺も聴き所の一つでしょう。ただ昔を懐かしんで聴くも良し。耳を澄ましてこの音源を英オリジナルと聴き比べは楽しいでしょう。とは言うものの、昔のままのMIXでリリースされないと意味がないのですが・・・  「ミート・ザ・ビートルズ」から「ビートルズ’65」までがVol.1らしいので、この後はVol.2や3があるのでしょう。あのレア盤?迷盤?「イエスタディ・アンド・トゥディ」のジャケはブッチャー・カバーなんだろうか?「レアリティーズ2」は?など等キャピトル盤に対して興味は尽きません。今後のリリースが楽しみです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック