この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

CNCネットワーク革命―ITの向こうに何があるか 単行本 – 2002/5


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報

  • オールタイムベストビジネス書100: これだけは読んでおきたい「オールタイムベストブック」の第4弾「ビジネス書100」を発表。

  • 著者ページ: 著者の作品一覧や、著者写真・略歴など、著者に関する情報を満載した「著者ページ」。著者の方は、「著者セントラル」へ。



商品の説明

メディア掲載レビューほか

CNCネットワーク革命 ITの向こうに何があるか
 10年ほど昔,東京大学教授の月尾嘉男氏が「ギガの時代」というコンセプトを唱えたことがあった。「パソコンのプロセサの動作周波数,メモリー容量,通信速度がギガヘルツ,ギガバイト,ギガビット/秒をそれぞれ超えると,インターネット経由で高品位な動画像を自由に扱う環境が整う。だからコミュニケーションに質的な変化が生じて,生活やビジネスが決定的に変わるだろう」という主張だった。ただし,10年前の時点では月尾氏にも「どう変わるのか」という具体的なイメージはなかった。

 現在,プロセサとメモリーはこの条件を満たしつつある。通信速度も1ケタ低いが100Mビット/秒の光ファイバが家庭に入りつつある。本書は,こうした条件がそろったことでやってくる社会を「サイバー・ネット・コンピューティング(CNC)」と命名して,その具体像を展望している。そうした意味では,10年前の「ギガの時代」コンセプトの続きを考察した本と言ってよいだろう。

 CNCとは,筆者らの言葉を借りると「情報通信インフラの整備が進展するとともに,ネットワークを介したコンテンツおよびサービスの提供がビジネスとして成立し,普及する社会」である。これだけでは「何を今さら」ということになってしまうが,その特徴を「所有と使用の分離」だとする指摘は面白い。プログラムもコンテンツも,さらにはコンピューティング・パワーですら手元に置くことなく,必要に応じてネットから引き出すようになるというのである。

 DVDを買ってもそれを何回見るのか。パソコン用のソフトウエアを購入してもそれを実際に何回利用するのか。そう考えていくと,プログラムやコンテンツをネット経由で本当に必要とするときだけ利用するという考え方には,確かに一理ある。インターネットを利用した分散コンピューティングも,いくつかのプロジェクトがすでに動いている。あと一押しすれば,確かにネット全体に対価を払って計算能力を購入する仕組みに到達できそうだ。

 本書は,さらに進んでCNC実現のために必要な要素を抽出している。「オープン・スタンダード」である。今後はワープロ独自の文書ファイル・フォーマットではなく,XMLに代表されるオープンな文書規格やMPEGに代表されるオープンなデータ・フォーマットが重要になるという。

 この考え方はBtoB(企業間電子商取引)のビジネス情報交換のフォーマットにまで及ぶ。ビジネスにおける情報はそれまでの仕事の手順と密接に結びついている,筆者らはオープン・スタンダードを使ってビジネス情報を交換するには,仕事の内容に対する理解と高度なプログラミング技術を併せ持ったプログラマが必要になると主張する。

 1990年代末のITバブルの時代には,「ネットワークで社会が一変する」と言われていた。ところがバブル崩壊とともに威勢の良い予言をする者はどこかへ行ってしまい,最近はとんと見ない。しかし,本当の意味での社会の変化は,インフラが整いつつあるこれからなのかもしれない。

 自分の仕事の未来像を思い浮かべるために,ビジネスパーソンなら読んでおいて損はない。


(日経コンピュータ 2002/06/17 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容(「BOOK」データベースより)

IT「株価」バブルは崩壊したが、ITの進化と投資は止まらない。すべてのコンピュータがインターネット(IP)につながり、情報資源が共有されるCNC社会が実現するとき、ビジネスと個人の生活は大きく変貌する。

登録情報

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ


フィードバック