Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Burn.‐バーン‐ (単行本)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

Burn.‐バーン‐ (単行本) [単行本]

加藤 シゲアキ
5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,404 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
村上春樹の新刊
『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』から1年、9年ぶりの短編小説集 『女のいない男たち』。表題作は書下ろし作品。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

Burn.‐バーン‐ (単行本) + ピンクとグレー (角川文庫) + 閃光スクランブル
合計価格: ¥ 3,346

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

心を失くした天才子役、魔法使いのようなホームレス、愛に満ちた気さくなドラッグクイーン。渋谷・宮下公園で巡り逢った3人は、やがて家族のように互いを慈しみ大切な存在になっていく。家族と愛を問う、感動物語!

内容(「BOOK」データベースより)

機械のようにさめきった天才子役・レイジが出会ったのは、魔法使いのようなホームレスと愛に満ちた気さくなドラッグクイーン。人生を謳歌する彼らに触れ、レイジは人間らしい心を取り戻し、いつしか家族のようにお互いを慈しむようになる。だが幸せな時は無慈悲で冷酷な力によって破られ、レイジはただひとつの居場所であった宮下公園から引き離されてしまう―家族、愛の意味を問う、熱情溢れる青春小説!

登録情報

  • 単行本: 258ページ
  • 出版社: KADOKAWA/角川書店 (2014/3/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041107296
  • ISBN-13: 978-4041107294
  • 発売日: 2014/3/21
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 4,393位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
34 人中、33人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 一番好きかもv 2014/3/25
形式:単行本
「ピンクとグレー」「閃光スクランブル」に続いての3作目。
「渋谷サーガ」の最終章ということで楽しみに読ませていただきました。
3作中この作品が一番好きです。
ちょっと小難しかった1作目、読みやすいけど物足りなさを感じた2作目、今回は読みやすいのに物足りない感じも無く、作者の成長を感じました。
本人は「ジャニーズだから賞もとらずに本が出せてる」ようなことをおっしゃっているようですが、すでにジャニーズと関係なく楽しみにしている作家さんになっています。
アイドル仕事をしながら1年に1作品発表するのは本当に大変だとは思いますが、早くも来年の作品を楽しみにしております。
このレビューは参考になりましたか?
8 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 驚きました。 2014/4/2
形式:単行本
もうすぐ60になる母がNEWSと加藤シゲアキさんのファンで、わたしもNEWSを好きになりました。
ピンクとグレーは漫画では読んでいましたが、彼の小説は読んだことがありませんでした。

先日東京に行くことがあり、母に加藤さんのサイン見て来てと言われていたので本屋さん巡りをし、帰りの新幹線で読もうと思い購入しました。
面白かったです。本当に驚きました。
面白くて帰りの3時間で三分の二以上を読んでしまいました。
シンプルな作品で作者が最も近しい芸能界と言う場所が舞台ということもありわざとらしさが無くてよかったです。
読んでいる間は加藤さんの作品ということを忘れて読みふけりました。
休憩の度に加藤さんが書いたのかとハッとしました。会見でゴーストライターネタを振られるのもわかります(笑)

全作品通じて収束させる部分が少し似ているのど、比喩の仕方にまだあどけなさを感じる部分もありましたが、それをうまく自分のものにして加藤節に変えることが出来たら今以上に素晴らしい作品が出来ると思います。

本当に買ってよかったです。
次回作も本当に楽しみです。
今後の期待も込めてあえて星5ではなく星4にさせていただきました。
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 素直に面白かった 2014/4/6
形式:単行本
三作とも読みましたが、今作が一番面白かったです。帯にも書かれている通り、描写や設定がとてもリアルで無理がない感じがしました。一番身近な世界を描いているからでしょうか・・登場人物も必要以上に癖がなく、それが読みやすさにつながっていると感じました。前よりもっと次が読みたい!と思わせてくれた作品です。次回作、期待したいと思います。
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 一番「渋谷」を感じた作品 2014/4/16
形式:単行本
お、帰りたくない子供の避難所が近寄りがたかったあの頃の宮下公園のテントか。ああ、そういえばそれより10年ほど前の夏、渋谷と青山の間のボロアパートに住んでいた兄貴のところに泊まったことがあった。そのとき渋谷を歩いていたオシャレな高校生たちは青学の生徒だった。銭湯の帰り、夜の10時に団地の小学生たちが外で遊んでいた。地方育ちの私にとって渋谷は身を隠したくなるほど最先端の流行と庶民の生活とまがまがしくて立ち入りできない領域が乱立している不思議な場所だった。
マチはイキモノのようだ。人の流れは血流のようだ。何をしても寂れる場所もあればつまらない店の前の人通りが絶えなかったりする。渋谷はこれからどう変わるのか。『ブレードランナー』の雨降るマチのようになるのか。
以前から、この本のタイトルのような行動を取る人の心は私にはわからない。作者が、その気持ちをわかりたいことがこの小説を書く動機にもなったと言っていたが、この小説を読んでもわかった気にならなかった。徳さんのサイドストーリーが削られたからか。それって読者としてどうなの?とも思うが...。四分の三ほどぐいぐいと読まされて、これは好きになれないかもしれないと一旦本を置いた。私自身がある時期まで思い出さないようにしていた幼い私の憤怒を思い出させたからか。
前2作同様、ラストへのスピードには引き込まれる。読み終わって家
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xa7d90678)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック