再入荷見込みが立っていないため、現在ご注文を承っておりません。

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Broken Sunset/夏色片想い Single

5つ星のうち 5 1 件のカスタマーレビュー

再入荷見込みが立っていないため、現在ご注文を承っておりません。 在庫状況について

メールマガジン購読:J-POP関連商品
注目のニュータイトルから割引情報、お買い得セールほか、J-POP関連アーティストに関する情報をお届け。 購読はこちら


Amazon の 菊池桃子 ストア


登録情報

  • CD (1994/6/1)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Single
  • レーベル: バップ
  • ASIN: B00005H0VA
  • EAN: 4988021210119
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 1,005,631位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. ブロークン・サンセット
  2. 夏色片想い
  3. ブロークン・サンセット(オリジナル・カラオケ)
  4. 夏色片想い(同)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
既述レビューで何度も書いている様に、菊池桃子のサウンドプロデューサーを務めていたのは林哲司氏だったのは有名な話だ。殊に、この時代のアイドルは南野陽子×萩田 斉藤由貴×武部 おニャン子系×後藤 という全面バックアップ体制で製作陣と手を組むのが主流であり、個々のアイドルの楽曲に独特の世界観を生じさせた一つの要因はこのためでもあるだろう。
菊池桃子もアルバムを含め楽曲に実に統一性を持たせているのは周知の通りである。そして個人的に最もfavoriteな曲は「夏色片想い」だ(僅差で「雪に書いた」と迷ったが)。say yesのような明るい曲調も良いがやはり、哀愁的メロ作りに才を発揮した林サウンドは、本曲のようなメランコリックな曲がしっくり行く。これから夏に向かう開放的な季節に敢えて、このようなテイストを感じる矛盾性が更に感傷感を増すのが、私的に「雪に書いた」に軍配を挙げなかった要因かもしれない。彼ならではの嫌味の無い流れるようなデジタルサウンドと程よいストリング系のアナログサウンドの混成に乗せ、彼女の起伏の無いウィスパーボイスがこのアンニュイさに輪をかけている。
シングルに関しては彼女の場合、徹底的に短調系(哀しいメロディーを含むコード)サウンドで攻めていたが、以降からはラ・ムーを含め調性がメジャー調へ傾いた印象があり、本曲によって事実上桃子の哀愁サウンド時代の締めくくりとなるだろう。
86.5.14リリース オリコン1位 24.7万枚売上
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック