Box Emotions がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,800
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: コマース
カートに入れる
¥ 2,288
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 2,300
69pt  (3%)
通常配送無料 詳細
発売元: CDSBOOK
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Box Emotions

5つ星のうち 4.4 117件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,240
価格: ¥ 1,800 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,440 (44%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、media pandaが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

メールマガジン購読:J-POP関連商品
注目のニュータイトルから割引情報、お買い得セールほか、J-POP関連アーティストに関する情報をお届け。 購読はこちら


Amazon の Superfly ストア


よく一緒に購入されている商品

  • Box Emotions
  • +
  • Superfly
  • +
  • Mind Travel(初回限定盤)(DVD付)
総額: ¥5,926
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2009/9/2)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 55 分
  • ASIN: B002F04U2C
  • EAN: 4943674093939
  • 他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 117件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 13,658位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. Alright!!
  2. How Do I Survive?
  3. Searching 4. My Best Of My Life 5. 恋する瞳は美しい 6. やさしい気持ちで 7. Bad Girl 8. アイデンティティの行方
  4. 誕生
  5. See You
  6. 春のまぼろし
  7. Hanky Panky
  8. 愛に抱かれて

商品の説明

内容紹介

待望の2ndアルバムは名曲揃い!
☆アルバム収録曲をPVでチェック!
■WMP
昨年5月に1stアルバム「Superfly」をリリースし、1stにしてオリコンチャート2週連続1位を獲得し55万枚超を記録したSuperfly。
その後シングル「How Do I Survive?」がヒット、今年に入ってもドラマ「BOSS」の主題歌「My Best Of My Life」、オープニングテーマ「Alright!!」(※配信限定シングル)が現在連続ヒット中とその勢いは日々加速し続けている。
志帆のスター性と突出した楽曲クオリティでJ-POPシーンでの唯一無二ともいえる存在感を示している。
数ある楽曲の中から拘り抜いた全13曲は、全曲シングル!と言えるほどのハイクオリティ。1stを超える超強力な2ndアルバムが完成した。

『How Do I Survive?』・・・「モード学園」CMソング
『My Best Of My Life』・・・フジテレビ木曜ドラマ「BOSS」主題歌
『Alrigt!!』・・・フジテレビ木曜ドラマ「BOSS」オープニングテーマ
『恋する瞳は美しい』・・・Canon「IXY DIGITAL 510IS/210IS」CMソング
『やさしい気持ちで』・・・フジテレビ「めざましテレビ」テーマソング
『Hanky Panky』・・・映画「山形スクリーム」主題歌

メディア掲載レビューほか

『モード学園』CMソング「How Do I Survive?」、CX系ドラマ『BOSS』主題歌「My Best Of My Life」、同オープニング・テーマ「Alright!!」、映画『山形スクリーム』(2009年8月1日公開)主題歌「Hanky Panky」他を収録した、Superflyのセカンド・アルバム。 (C)RS


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
今の若い人に受けていて、昔の若者の私が聴いても心地良い。
永遠不変のものがあるんでしょうね。
サウンドには、私にはどこか懐かしさを感じるフレーズが刺激的で、
歌詞もエモーショナルで瑞々しい感性が光る。

そして地声でたぶん F までスコーンと抜けてる志帆のヴォーカルは爽快。
あえて欲を言えば、やや一本調子になるところがあるが、
それも若さゆえ。かえって潔く感じられるからOK!

ファーストのような荒削りで強烈なインパクトはないが、
すでにヒットしてるシングル・ナンバー以外も、捨て曲なしで高いクオリティでまとまってると思います。
韻を踏んでノリのいい『Bad Girl』や演歌のような歌詞の『春のまぼろし』なども印象的です。

聴いてると、自分が若くいちばん元気だった時代が浮かんでくる。
もちろん、もう戻れないが、気持ちだけでも浄化されて、清々しさが残ります。
世代を越えて共感できる Emotions ですね。
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
やっぱり、ストーンズっぽいギターリフに魅せられちゃう2曲目「How Do I Survive」が、’70年代が中学から高校という多感な時期と重なっていた自分にとっては、体に深ぁく染み込んでいる”時代のエッセンス”を40年ぶりに掘り起こしてくれるようなインパクトに満ちています・・・ 

天海祐希が主演してたドラマの主題歌だった4曲目のバラード「My Best Of My Life」も中々良かったです・・・

今回の特典DVDのPV映像は、わざと’70年代っぽい粗い画素の感じを狙っているのでしょうか? どうせだったらLIVE映像並みにHi-Visionのカメラで撮ったくっきりとした画像で観たかったなぁ・・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 shinyaosawa VINE メンバー 投稿日 2009/9/26
形式: CD
 8月、ウッドストックでJanisを歌ってから、年甲斐もなくお父さんのアイドルになった。私にとって彼女は、吉田美和以来のソウルフルな歌い手である。
 アルバムはパンチの効いたオープニングから、まるでストーンズのようなギターリフに歌声がマッチする2曲目、清々しく切ない3曲目などなど、シングル曲以外に好みの曲が多いのがうれしかったりする。最近カーステレオではリマスターのThe Beatlesを押しのけ、ヘビーローテーションでかかっている。
 現在のところ、彼女ほど疲れたオジサンを元気にさせてくれるヴォーカリストは日本にはいない。これで年を重ねるごとにセクシーさが加わればいうことなし。
 下手にファンを意識した歌謡曲っぽいのをやらせずに、どんどん突っ走っちゃってくれ!
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
洋楽中心にバブルガムロックからプログレまで35年聞き続けてきたおじさんです。
そんな私の琴線にばっちり触れまくりのSuperfly。
歌詞がどうの、Janisがどうの、70’sがどうのって関係ないよ。たぶん。
音の(録音の)出来不出来だって趣味で好き嫌い分かれるもんね。
そういう意味でストレートに心に響きました。私は。
邦楽慣れしてないせいかも知れないけど、他愛の無い歌詞だって結構ぐっときますよ。
ラストの「愛に抱かれて」なんて、だめだね。ipodなんかで外で聞いてたら恥ずかしいよ。泣いちゃって。
「ありがちだ」とか「よくある方向性」なんて意見があるようだけど、こういうアーティストって
国内にたくさんいるの?本当だとしたらすごいね!

Superfly、、、恥ずかしながら泣けました。、、
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
偶然聴きました。予想外に良かったです。ロックを感じましたねえ。

私はいまだに60〜70年代ロックを中心に聴いている古いタイプの人間(要するにオヤジ)です。聴く前は、時代も一巡して、またアナクロみたいなのが出てきたのかと思っていたのですが、じっくり聴くとかなり違う。

古い例え話ですいませんが、サウンド的には、ジャニス・ジョプリンというよりは、あの五輪真弓とボニー・レイット(声質が近い)がはるかに若返って、昔のエアロスミスのような、往年のアメリカン・ハードロックをやっているような感じかな。

彼女の歌は伸びやかでスリリング、しかもスケールがでかい。だから私のようなオールド・ロック・ファンも安心して聴ける本格派のロックです。

彼女は、熱唱型の「押し」の歌だけでなく、自在に引けるし、実に器用で、本当の意味で実力派歌手だと思いますね。

シングルで、フリー、リック・デリンジャーやジャクソン・ブラウン、フリート・ウッドマック(スティーヴィー・ニックス)等の70年代ロックの名曲のカバーをやってるのも、全くおじさん、おばさん泣かせですな。彼らの、カバー曲の選考基準って何なんだろう。プロデュサーの趣味なのか、この際是非知りたい・・・

楽曲もラーガ・ロックがあったり、ストーン
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
トピックをすべて見る...

関連商品を探す


フィードバック