この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

Boheme Original recording remastered, SACD, Import


出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:4¥ 16,931より 中古品の出品:3¥ 9,479より


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【限定版/初回版・特典について】Amazonマーケットプレイスの出品者が販売、発送する商品の場合は、出品者のコメントをご確認いただくか、出品者にお問い合わせの上でご注文ください。

  • 【Amazon CD買取サービス】 11/25まで、5本買取成立で500円のAmazonギフト券プレゼント。買取価格は事前に検索可能。 今すぐチェック

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


この商品を買った人はこんな商品も買っています


登録情報

  • オーケストラ: Rome Opera Orchestra
  • 指揮: Erich Leinsdorf
  • 作曲: Giacomo Puccini
  • CD (2006/8/25)
  • 注意: SACDの互換機が必要です
  • ディスク枚数: 2
  • フォーマット: Original recording remastered, SACD, Import
  • レーベル: RCA
  • ASIN: B000G759KS
  • EAN: 0828768262122
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 音楽 - 50,864位 (音楽のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


ディスク:1
1. Questo Mar Rosso
2. Nei Cieli Bigi
3. Gia Dell'Apocalisse Appariscono I Segni
4. Pensier Profondo!
5. Legna!-Sigari!-Bordo!
6. Si Puo?-Chi E La?-Benoit
7. Timido In Gioventu
8. Chi E La?-Scusi.-Una Donna!
9. Oh! Sventata!
10. Che Gelida Manina
全20曲を見る
ディスク:2
1. Ohe, La, Le Guardi! Aprite!
2. Chi Nel Ber Trovo Il Piacer
3. Sa Dirmi, Scusi, Qual'e L'Osteria
4. O Buon Marcello, Aiuto!
5. Marcello, Finalmente!
6. Mimi E Una Civetta
7. Donde Lieta; Addio, Senza Rancor! (Mimi's Farewell)
8. Che Facevi, Che Dicevi
9. In Un Coupe?
10. O Mimi, Tu Piu Non Torni
全16曲を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 アマゾンNY 投稿日 2010/10/25
SACDとは本来どのような音質のものか解りませんが、このシリーズで他作品も聞きましたがステレオ録音としては申し分のない音の広がり音量を感じます。特にオペラの場合にこの事が明確に現れてくるような気がします。アナログ録音に再発見です。価格的にも2枚で1,600円でお値打ちです。是非聞いてみてください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 オペラ対訳プロジェクト河川局 投稿日 2013/2/10
リブレット日本語対訳は付属していませんが、「ボエーム 対訳」で検索すると、無料の対訳がみつかります。

【配役】
・ミミ:アンナ・モッフォ
・ロドルフォ:リチャード・タッカー
・ムゼッタ:マリー・コスタ
・マルチェッロ:ロバート・メリル
・コルリーネ:ジョルジオ・トッツィ、他

ローマ歌劇場管弦楽団&合唱団
エーリッヒ・ラインスドルフ(指揮)

録音:1961年6月15-30日、ローマ歌劇場
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 乃亜マニアTK 投稿日 2014/4/7
Amazonで購入
  このSACDで甦ったRCAの録音は、かつてはリチャード・タッカーというアメリカ生まれのユダヤ系テノールの雰囲気のない歌唱が欠点と見なされ、さらに、オーストリア系ユダヤ人のエーリッヒ・ラインスドルフの四角四面の指揮がイタリア・オペラのロマンティシズムに欠けるなどという通念に基づく概念付けのような批評によってまったく評価されてこなかった。質の悪い日本プレスのLPではなにかその評価が正しいかのような気にさせられたものである。その後、RCAは、ショルティの指揮のもとドミンゴをロドルフォに迎え新たに録音したので、すっかりこの旧RCA録音は忘れ去られてしまった。今回SACD
で甦った旧録音は、その真の評価を求める機会をえたように思われる。
  LP時代以来のこの旧録音の足を引っ張ってきた見なされるタッカーとラインスドルフについて再検討してみよう。その結果、両者はこの録音の価値を貶めるようなことは一切していない。確かにタッカーの声は、よく通り声量も十分なリリコ・スピントであるが、その粘り気のある声質は、好悪を分けるかもしれない。それにも拘らず彼が昔気質の歌手で、歌手たちのアンサンブルの中で突出することなく、他者を気遣いながら歌っていて好ましいことが分かる。ただし、聞かせどころの「冷たき手」ではなぜか音像が背景に退き、興を殺ぐ結果となっている。それはモッフォの「我が名はミミ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック